選抜高校野球 2018 花巻東のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

ここからは秋季東北大会準優勝の花巻東のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 
【正式名称】 花巻東高等学校

【全校生徒数】663人(女子273人)

【野球部員数】81人

【主な卒業生】
菊池雄星(西武投手)
大谷翔平(エンゼルス投手)
岸里亮佑(日本ハム外野手)
千葉耕太(楽天投手)
高橋樹也(広島投手)
 
 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【佐々木洋】

生年月日 1975年7月27日

岩手県出身

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【田中大樹(3年)】

生年月日2000年10月23日

出身中学・少年野球チーム
盛岡市立城東中

身長176cm 体重73kg

左投左打

 

◆捕手◆

【佐藤千暁(3年)】

生年月日 2000年6月7日

出身中学・少年野球チーム
大船渡市立末崎中

身長180cm 体重75kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【小松平樹(3年)】

生年月日2000年5月31日

出身中学・少年野球チーム
花巻市立花巻北中

身長180㎝ 体重77kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【藤森晃希(3年)】

生年月日2000年5月1日

出身中学・少年野球チーム
野田村立野田中

身長171cm 体重68kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【阿部剛士(3年)】

生年月日2000年5月23日

出身中学・少年野球チーム
一関市立千厩中

身長173cm 体重70kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【谷直哉(3年)】

生年月日2000年9月22日

出身中学・少年野球チーム
平泉町立平泉中
(金ヶ崎シニア)

身長171cm 体重62kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【紺野留斗(3年)】

生年月日2000年6月17日

出身中学・少年野球チーム
住田町立世田米中
(盛岡東シニア)

身長180cm 体重83kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【鳥谷部洋平(3年)】

生年月日2000年5月5日

出身中学・少年野球チーム
紫波町立紫波第一中

身長164cm 体重65kg

左投左打

 

◆右翼手◆

【上戸鎖飛龍(3年)】

生年月日2000年5月25日

出身中学・少年野球チーム
野田村立野田中

身長177cm 体重74kg

右投左打

 

◆投手◆

【伊藤翼(3年)】

生年月日2000年4月27日

出身中学・少年野球チーム
遠野市立遠野中
(北上シニア)

身長174cm 体重71kg

右投右打

 

◆投手◆

【平山涼太(3年)】

生年月日 2000年7月26日

出身中学・少年野球チーム
大船渡市立第一中

身長173cm 体重70kg

左投左打

 

◆投手◆

西舘勇陽(2年)】

生年月日2002年3月11日

出身中学・少年野球チーム
一戸町立一戸中

身長182cm 体重73kg

右投右打

 

◆捕手◆

【菅原颯太(3年・主将)】

生年月日2000年11月3日

出身中学・少年野球チーム
盛岡市立城東中
(盛岡北シニア)

身長171cm 体重73kg

右投右打

 

◆内野手◆

【菊池大成(3年)】

生年月日2000年6月27日

出身中学・少年野球チーム
盛岡市立見前中

身長168cm 体重63kg

右投左打

 

◆内野手◆

【菅野豪琉(3年)】

生年月日2000年6月29日

出身中学・少年野球チーム
二戸市立福岡中
(滝沢いわてシニア)

身長172cm 体重70kg

右投右打

 

◆外野手◆

【瀬戸雄貴(3年)】

生年月日2000年5月8日

出身中学・少年野球チーム
釜石市立釜石東中
(釜石ボーイズ)

身長175cm 体重73kg

右投左打

 

◆外野手◆

【林颯太(3年)】

生年月日2000年5月10日

出身中学・少年野球チーム
盛岡市立厨川中
(盛岡北シニア)

身長163cm 体重68kg

右投右打

 

◆外野手◆

【中森至(2年)】

生年月日 2001年6月28日

出身中学・少年野球チーム
久慈市立久慈中

身長167cm 体重62kg

左投左打



スポンサーリンク


 

 

花巻東 戦力分析

 
6年ぶりにセンバツ出場を決めた花巻東。
過去2度のセンバツは菊池雄星投手や大谷翔平投手という超高校級エースを擁しながら、いずれも東北大会4強での選出でした。

しかし、昨秋の県大会は1点差で競り勝ち、先制されても逆転する力強い試合を重ねて県王者に。
そして東北大会では決勝に進出、準優勝してセンバツ出場を決めました。

【高校野球】秋季岩手県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季東北地区大会 速報・結果

 

花巻東のスポーツ紙の評価は、どこも評価。

≪花巻東 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
 
続いて昨秋の花巻東の公式戦成績です。
 

≪昨秋の公式戦 花巻東の成績≫

【試合数】  10

【勝利・敗戦】9勝1敗

【得点】   5.8

【失点】   3.2

【打率】   .342

【本塁打】  2

【犠打飛】  43

【盗塁】   15

【失策】   11

※ 得点と失点は1試合の平均

 
 
まずは投手陣から戦力分析。

昨秋は左腕 エースの田中大樹投手と、身長182センチの長身右腕 2年生の西舘勇陽投手が先発、抑えにフル回転。
東北大会でエースナンバーをつけた左横手投げの田中投手は粘り強い投球が持ち味で先発、中継ぎ、抑えとどこでも対応できる投手です。
西舘投手は140キロを超える直球と多彩な変化球を投げ分ける本格派。

そして、左腕 平山涼太投手は東北大会決勝など公式戦4試合に先発、右サイドの伊藤翼投手が二番手として中継ぎの役割を果たしました。

東北大会の準々決勝では西舘投手が、準決勝では田中投手が完投しましたが、ほか8試合はタイプの違う投手による継投で戦ってきた花巻東。
絶対的エースはいませんが、マウンド経験が豊富な投手が多く準優勝はチームがひとつとなって手にした成果でした。

攻撃の中心は四番 紺野留斗選手。
東北大会4試合では16打数8安打で毎試合ヒットを打ち打率.500をマークし8本中7本がセンターから右方向への打球。
準決勝では6回に勝ち越しソロを放つなど勝負強さもあり10打点はチームトップ。
三番 阿部剛士選手も高打率を残しています。

また、東北大会での初戦(2回戦)では公式戦初スタメンの六番 中村勇真選手が4安打2打点の活躍を見せました。
 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!

 


スポンサーリンク

 - Sports