選抜高校野球 2018 英明のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

今大回は記念大会ということで例年よりも4校多い36校が出場します。

今回は、県大会優勝、四国大会準優勝で3年ぶりのセンバツ出場を決めた英明(香川)のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 

英明について

 
【正式名称】 英明高等学校

【全校生徒数】1380人(女子680人)

【野球部員数】23人
 
【主な卒業生】
田中耀飛(楽天外野手)

 
 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【香川智彦】

生年月日 1957年8月8日

香川県出身

 
 
※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。
 

◆投手◆

【黒河竜司(2年)】

生年月日2001年7月15日

出身中学・少年野球チーム
高松市立屋島中

身長180cm 体重75kg

右投右打

 

◆捕手◆

【中村太陽(3年)】

生年月日 2000年4月23日

出身中学・少年野球チーム
徳島 藍住町立藍住中
(ヤング・徳島ホークス)

身長165cm 体重75kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【千原凌平(3年・主将)】

生年月日2000年4月26日

出身中学・少年野球チーム
京都市立桃山中
(京都木津川シニア)

身長171㎝ 体重82kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【奥野尚弥(3年)】

生年月日2000年5月30日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 神戸市立御影中
(宝塚ボーイズ)

身長171cm 体重66kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【田中陸(3年)】

生年月日2000年4月28日

出身中学・少年野球チーム
徳島 小松島市立立江中
(ヤング・阿南シティホープ)

身長173cm 体重66kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【山上慎太朗(2年)】

生年月日2001年5月19日

出身中学・少年野球チーム
坂出市立城峰中

身長172cm 体重62kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【山下鳴海(3年)】

生年月日2001年3月10日

出身中学・少年野球チーム
高松市立太田中

身長174cm 体重73kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【加藤稜(3年)】

生年月日2000年7月21日

出身中学・少年野球チーム
徳島市立八万中
(ヤング・徳島阿南シティホープ)

身長173cm 体重68kg

左投左打

 

◆右翼手◆

【中川文太(3年)】

生年月日2000年12月27日

出身中学・少年野球チーム
奈良 橿原市立光陽中
(橿原コンドルボーイズ)

身長175cm 体重75kg

右投左打

 

◆投手◆

【杉田壱成(2年)】

生年月日2001年7月14日

出身中学・少年野球チーム
高松市立太田中

身長182cm 体重93kg

右投右打

 

◆捕手◆

【倉石健斗(3年)】

生年月日 2000年6月28日

出身中学・少年野球チーム
高松市立太田中

身長170cm 体重70kg

右投左打

 

◆捕手◆

【横岡伶(2年)】

生年月日2002年2月15日

出身中学・少年野球チーム
高松市立香南中

身長162cm 体重70kg

右投右打

 

◆内野手◆

【仁木大翔(2年)】

生年月日2001年12月7日

出身中学・少年野球チーム
徳島 小松島市立小松島南中
(ヤング・徳島阿南シティーホープ)

身長172cm 体重82kg

右投左打

 

◆内野手◆

【天満龍弥(2年)】

生年月日2001年5月26日

出身中学・少年野球チーム
高松市立山田中
(かがわ中央シニア)

身長170cm 体重57kg

右投右打

 

◆内野手◆

【阿部大樹(2年)】

生年月日2002年3月29日

出身中学・少年野球チーム
高松市立太田中

身長168cm 体重62kg

右投右打

 

◆外野手◆

【堀江昴生(2年)】

生年月日2001年8月2日

出身中学・少年野球チーム
高松市立国分寺中

身長171cm 体重72kg

右投右打

 

◆外野手◆

【大垣康平(2年)】

生年月日 2001年11月4日

出身中学・少年野球チーム
高松市立木太中

身長171cm 体重61kg

右投左打

 

◆外野手◆

【佐藤旺介(2年)】

生年月日2002年3月25日

出身中学・少年野球チーム
三木町立三木中

身長162cm 体重54kg

右投右打



スポンサーリンク


 

 

英明 戦力分析

 
秋季香川県大会を制し、秋季四国地区大会へ駒を進めた英明は、決勝まで勝ち進みましたが、決勝では接戦の末明徳義塾に敗れ準優勝に終わりました。

【高校野球】秋季香川県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季四国地区大会 速報・結果

 

ここからは、英明の戦力分析をしていきますが、まずは英明のスポーツ紙の評価から見ていきます。

≪英明 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
どこも評価ですね。
 
 
続いて昨秋の英明の公式戦成績
 

≪昨秋の公式戦 英明の成績≫

【試合数】  8

【勝利・敗戦】7勝1敗

【得点】   4.6

【失点】   2.3

【打率】   .279

【本塁打】  3

【犠打飛】  22

【盗塁】   1

【失策】   8

※ 得点と失点は1試合の平均

 
英明はパワフルな打撃というイメージがありましたが、今回のチームは投手を中心とした守りのチームのようです。

投手陣の柱は2年生右腕の黒河竜司投手。

ストレートは130キロ台後半で、スライダー、チェンジアップ、フォークなどの変化球もあり、特にフォークに磨きをかけています。

黒河投手は、好きなプロ野球選手にソフトバンクの千賀滉大投手を挙げているだけにフォークには自信があるのではないでしょうか。

また、秋季四国大会決勝では明徳義塾を相手に8回まで無失点に抑えているだけにセンバツでの投球に期待がかかります。

一方、打撃陣の柱になるのは、主将で四番の千原凌平選手、高校通算25本塁打のパワーヒッターです。

打線全体で見てみると、例年に比べ破壊力はありませんが一番から九番まで切れ目のない打線が特徴です。

センバツで上位進出を狙うなら、エース黒河投手のフォークがどれくらい通用するか、そして、打撃陣がどこまで相手投手を攻略できるかがカギになりそうです。

 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク


 

 - Sports