選抜高校野球 2018【優勝候補!?】中央学院のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

例年よりも4校多い36校が出場する今大会では、明治神宮大会王者の明徳義塾(高知)や、史上3校目の春連覇に挑戦する大阪桐蔭が注目を集めそうです。

今大会は明徳義塾と大阪桐蔭が優勝候補の筆頭に挙げられるでしょうが、対抗馬に挙がる有力校にも期待がかかります。

優勝を狙える有力校では、昨秋の関東大会を制し春夏通じて初の甲子園出場を決めた中央学院(千葉)も力のあるチームだと思います。

ここからは、昨秋の躍進の原動力となった四番・エースの大谷拓海投手を擁す中央学院のメンバーや戦力分析についてまとめました。


スポンサーリンク


 

 

中央学院について

 

【正式名称】 中央学院高等学校

【全校生徒数】1021人(女子460人)

【野球部員数】52人

【主な卒業生】
古城茂幸(元巨人ほか内野手)
押本健彦(元ヤクルトほか投手)
 
 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【相馬幸樹】

生年月日 1979年10月16日

千葉県出身

 

 

※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【大谷拓海(3年)】

生年月日2000年7月13日

出身中学・少年野球チーム
印西市立滝野中
(船橋シニア)

身長180cm 体重78kg

右投左打

 

◆捕手◆

【池田翔(3年・主将)】

生年月日 2000年4月5日

出身中学・少年野球チーム
千葉市立小中台中
(千葉東シニア)

身長180cm 体重76kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【長沼航(2年)】

生年月日2001年10月26日

出身中学・少年野球チーム
茨城 阿見町立竹来中
(取手シニア)

身長170㎝ 体重68kg

右投右打

 

◆二塁手◆

【手塚歩夢(2年)】

生年月日2001年4月21日

出身中学・少年野球チーム
千葉市立花園中
(千葉西シニア)

身長161cm 体重65kg

右投右打

 

◆三塁手◆

【川﨑和希(3年)】

生年月日2000年11月5日

出身中学・少年野球チーム
松戸市立根木内中
(松戸シニア)

身長170cm 体重68kg

右投右打

 

◆遊撃手◆

【平野翔(3年)】

生年月日2000年11月12日

出身中学・少年野球チーム
東京 八王子市立南大沢中
(武蔵府中シニア)

身長168cm 体重65kg

右投左打

 

◆左翼手◆

【田中大暉(3年)】

生年月日2000年6月16日

出身中学・少年野球チーム
茨城 龍ケ崎市立愛宕中
(取手シニア)

身長168cm 体重68kg

右投左打

 

◆中堅手◆

【宇田周平(3年)】

生年月日2000年6月21日

出身中学・少年野球チーム
我孫子市立我孫子中
(取手シニア

身長168cm 体重69kg

右投左打

 

◆右翼手◆

【西村陸(3年)】

生年月日2000年7月6日

出身中学・少年野球チーム
東京 葛飾区立立石中
(江戸川中央シニア)

身長172cm 体重70kg

右投右打

 

◆投手◆

【畔栁舜(2年)】

生年月日2001年7月10日

出身中学・少年野球チーム
松戸市立第五中
(松戸シニア)

身長182cm 体重70kg

右投右打

 

◆投手◆

【髙鹿隼人(2年)】

生年月日 2001年9月3日

出身中学・少年野球チーム
松戸市立古ヶ崎中
(松戸シニア)

身長178cm 体重88kg

右投右打

 

◆投手◆

【森健輔(3年)】

生年月日2001年1月15日

出身中学・少年野球チーム
茨城取手市立永山中
(取手シニア)

身長172cm 体重72kg

右投右打

 

◆捕手◆

【和田将幸(2年)】

生年月日2001年9月17日

出身中学・少年野球チーム
東京 葛飾区立桜道中
(江戸川中央シニア)

身長173cm 体重75kg

右投右打

 

◆内野手◆

【髙丘颯(3年)】

生年月日2001年1月21日

出身中学・少年野球チーム
柏市立豊四季中

身長173cm 体重73kg

右投右打

 

◆内野手◆

【西山空(3年)】

生年月日2000年12月13日

出身中学・少年野球チーム
柏市立第五中

身長175cm 体重74kg

右投右打

 

◆内野手◆

【菊島岳(3年)】

生年月日2000年9月30日

出身中学・少年野球チーム
東京 杉並区立杉森中
(武蔵府中シニア)

身長177cm 体重73kg

右投右打

 

◆外野手◆

【信田虎輝(3年)】

生年月日2000年4月29日

出身中学・少年野球チーム
松戸市立第一中
(東京葛飾ボーイズ)

身長167cm 体重67kg

右投左打

 

◆外野手◆

【長谷川剛士(3年)】

生年月日 2000年6月12日

出身中学・少年野球チーム
旭市立第二中
(匝瑳シニア)

身長165cm 体重77kg

右投両打

 


スポンサーリンク


 

 

中央学院 戦力分析

 
強豪校が集まる関東大会を初めて制し、春夏通じて初めて甲子園の切符を手にした中央学院は優勝を狙える有力校に挙げてみました。

【高校野球】秋季千葉県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季関東地区大会 速報・結果


明治神宮大会 2017 (高校の部) 速報・結果

 

まずは、昨秋の公式戦成績から中央学院の戦力を分析


≪昨秋の公式戦 中央学院の成績≫

【試合数】  14

【勝利・敗戦】12勝2敗

【得点】   5.9

【失点】   2.6

【打率】   .305

【本塁打】  7

【犠打飛】  35

【盗塁】   31

【失策】   14

※ 得点と失点は1試合の平均

 
中央学院の大黒柱はエースで四番の145キロ右腕 大谷拓海投手。

昨夏は銚子商との2回戦で先発しましたが10安打を浴び大量失点、初戦敗退を喫するも秋の県大会では千葉黎明との準々決勝と習志野との準決勝と2試合続けて完投。

また、関東大会では昨夏王者の花咲徳栄戦を相手に完投。エースとして成長を見せました。

サイド右腕の西村陸投手は2年生ながら身長182㎝の大型右腕。
昨秋の関東大会 東海大相模との準決勝では強力打線に10安打を浴びるもスライダーとシンカーをコーナーに投げ分け延長10回2失点の完投勝利、大きな自信をつかみました。

攻撃でも四番 大谷投手がチームの柱となりますが、上位打線を中心にどの打順からでもチャンスをつくることができるチームです。

一番 宇田周平選手、二番 田中大暉選手、三番 長沼航ら取手シニア出身の3人が流れを作り
五番 池田翔主将は長打も期待できる選手。

さらに六番には明徳義塾との一戦で適時打を放った平野翔選手や関東大会全試合でヒットを放った九番 手塚歩夢選手らミート力のあるバッターがそろっています。

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪中央学院 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 

中央学院のスポーツ紙の評価ですが、スポニチと中日はと高評価。
 


スポンサーリンク


 

 

まとめ

 
春夏通じて悲願の甲子園初出場を決めた中央学院を優勝を狙える有力校に挙げてみました。
 

スポーツ紙の評価は分かれていましたが、東海大相模、作新学院、花咲徳栄ら夏の甲子園優勝校がそろった関東大会を制した中央学院は侮れません。
3月23日から開催される第90回記念選抜高校野球。
延長12回まで同点の場合、13回から無死一、二塁の継続打順のタイブレークが導入される今大会ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。

 
 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!

 


スポンサーリンク

 - Sports