選抜高校野球 2018【優勝候補】智弁和歌山のメンバー・戦力分析

      2018/03/19

 

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間、阪神甲子園球場で開催される第90回記念選抜高校野球大会2018

例年よりも4校多い36校が出場する今大会では、明治神宮大会王者の明徳義塾(高知)や、史上3校目の春連覇に挑戦する大阪桐蔭が注目を集めそうです。

今大会は明徳義塾と大阪桐蔭が優勝候補の筆頭に挙げられるでしょうが、対抗馬に挙がる有力校にも期待がかかります。

今回、優勝を狙える有力校に挙げたのは智弁和歌山。

秋季近畿大会準優勝の智弁和歌山は伝統の強打に加え守りも充実、十分に手ごたえを得た秋季大会となりました。

ここからは智弁和歌山のメンバーや戦力分析についてまとめています。


スポンサーリンク


 

 

智弁和歌山について

 

【正式名称】 智辯学園和歌山高等学校

【全校生徒数】783人(女子342人)

【野球部員数】22人

【主な卒業生】
岡田俊哉(中日投手)
西川遥輝(日本ハム外野手)
 

 

監督・ベンチ入り予想メンバー

 

◆監督◆

【髙嶋仁】

生年月日 1946年5月30日

長崎県出身

髙嶋監督は1980年に
智弁和歌山高校の監督に就任。

春13回、夏23回甲子園に出場し優勝、
準優勝はともに3回。

甲子園で挙げた春夏通算64勝は
歴代1位の名将です。

 

 

※ ベンチ入り予想メンバーは、本大会の選手登録と異なる場合があります。
学年は4月1日以降の新学年を表記。

◆投手◆

【平田龍輝(3年)】

生年月日2000年7月1日

出身中学・少年野球チーム
串本町立串本中

身長185cm 体重84kg

右投右打

 

◆捕手◆

【東妻純平(2年)】

生年月日 2001年7月3日

出身中学・少年野球チーム
和歌山市立紀伊中
(紀州ボーイズ)

身長172cm 体重74kg

右投右打

 

◆一塁手◆

【文元洸成(3年・主将)】

生年月日2000年9月22日

出身中学・少年野球チーム
兵庫 川西市立緑台中
(神戸中央シニア)

身長174㎝ 体重80kg

右投左打

 

◆二塁手◆

【黒川史陽(2年)】

生年月日2001年4月17日

出身中学・少年野球チーム
奈良 河合町立河合第一中
(泉州阪堺ボーイズ)

身長180cm 体重80kg

右投左打

 

◆三塁手◆

【林晃汰(3年)】

生年月日2000年11月16日

出身中学・少年野球チーム
岩出市立岩出中
(紀州ボーイズ)

身長180cm 体重90kg

右投左打

 

◆遊撃手◆

【西川晋太郎(2年)】

生年月日2001年8月10日

出身中学・少年野球チーム
有田市立保田中
(紀州由良シニア)

身長166cm 体重64kg

右投右打

 

◆左翼手◆

【冨田泰生(3年)】

生年月日2000年4月2日

出身中学・少年野球チーム
大阪 堺市立日置荘中
(大阪南海ボーイズ)

身長175cm 体重80kg

右投右打

 

◆中堅手◆

【神先恵都(3年)】

生年月日2000年6月16日

出身中学・少年野球チーム
滋賀 私立比叡山中
(紀州ボーイズ)

身長170cm 体重67kg

右投右打

 

◆右翼手◆

【根来塁(2年)】

生年月日2001年7月27日

出身中学・少年野球チーム
紀の川市立貴志川中
(紀州ボーイズ)

身長168cm 体重64kg

右投左打

 

◆投手◆

【小堀颯(3年)】

生年月日2000年4月16日

出身中学・少年野球チーム
和歌山大教育学部付中
(紀州ボーイズ)

身長175cm 体重86kg

右投右打

 

◆投手◆

【池田陽佑(2年)】

生年月日 2001年11月17日

出身中学・少年野球チーム
京都 宇治市立宇治中
(京都ブラックスヤング)

身長180cm 体重78kg

右投右打

 

◆投手◆

【湯浅公貴(2年)】

生年月日2001年6月20日

出身中学・少年野球チーム
みなべ町立南部中

身長180cm 体重84kg

右投右打

 

◆投手◆

【目代康悟(3年)】

生年月日2000年10月9日

出身中学・少年野球チーム
青森 八戸市立根城中
(八戸東シニア)

身長184cm 体重80kg

右投右打

 

◆内野手◆

【本多吏樹(3年)】

生年月日2000年6月12日

出身中学・少年野球チーム
紀の川市立那賀中
(ヤング 和歌山打田タイガース)

身長185cm 体重84kg

右投右打

 

◆内野手◆

【高瀬宗一郎(3年)】

生年月日2000年7月11日

出身中学・少年野球チーム
由良町立由良中
(紀州由良シニア)

身長166cm 体重66kg

右投右打

 

◆内野手◆

【上原佑斗(2年)】

生年月日2001年6月22日

出身中学・少年野球チーム
和歌山市立伏虎中中
(和歌山ボーイズ)

身長170cm 体重68kg

右投左打

 

◆外野手◆

【田中勇也(3年)】

生年月日2000年4月13日

出身中学・少年野球チーム
和歌山市立城東中
(紀州ボーイズ)

身長168cm 体重65kg

右投右打

 

◆外野手◆

【久保亮弥(2年)】

生年月日 2001年9月3日

出身中学・少年野球チーム
三重 紀宝町立矢渕中
(和歌山南紀ボーイズ)

身長175cm 体重72kg

右投右打



スポンサーリンク


 

 

智弁和歌山 戦力分析

 
4年ぶり12回目のセンバツ出場を決めた智弁和歌山ですが、通算5度目となる秋の近畿王者への挑戦は、またしても あと一歩及ばず大阪桐蔭に0-1で惜敗。

しかしチームの底上げに成功しており、今回はセンバツ優勝を狙える力を持っています。


【高校野球】秋季和歌山県大会 2017 速報・結果


【高校野球】2017 秋季近畿地区大会 速報・結果

 
まずは、昨秋の公式戦成績から智弁和歌山の戦力を分析

≪昨秋の公式戦 智弁和歌山の成績≫

【試合数】  11

【勝利・敗戦】9勝2敗

【得点】   8.7

【失点】   2.8

【打率】   .372

【本塁打】  9

【犠打飛】  16

【盗塁】   16

【失策】   4

※ 得点と失点は1試合の平均

 
今大会屈指の強力打線に期待がかかる智弁和歌山。

秋季近畿大会準々決勝で本塁打を放った三番 黒川史陽選手、四番 文元洸生主将に加え夏の甲子園で本塁打を打った五番 冨田泰生選手ら強打者が並ぶ打線は全国レベル。

プロ注目のスラッガー林晃汰選手は右ひじを疲労骨折し手術後のリハビリのため昨秋はベンチから外れていましたがセンバツには間に合う見込みだそうで、高校通算29本塁打の強打者が加われば優勝候補の一角として注目を浴びそうです。

投手陣は旧チームからマウンドに立ってきた最速144キロ右腕のエース 平田龍輝が大黒柱。
背番号1を背負った昨秋の公式戦では11試合中9試合に先発しました。

平田投手は、疲労を考慮して昨秋の近畿大会準決勝以降は登板を回避、代わりに小堀颯投手が台頭しました。

小堀投手は、準決勝の乙訓戦で7回2/3を投げ4安打3失点、決勝でも5回を投げ4安打無失点と好投しました。

2年生の大型右腕池田陽佑投手、湯浅公貴投手らも成長し懸念材料だったという投手陣もメドが立っているようでセンバツに期待がかかります。

また智弁和歌山は守備力もレベルが高く、ショートの西川晋太郎選手は堅実な守備、センター神先恵都選手は広い守備範囲で守備からも攻撃のリズムを作ることができるチームです。

 
 
次にスポーツ紙の評価を見ていきます。

≪智弁和歌山 スポーツ紙の評価≫

日刊  
スポニチ
報知  
サンスポ
デイリー
中日  

 
智弁和歌山のスポーツ紙の評価ですが評価が多いですね。


スポンサーリンク


 

 

まとめ

 
投打で軸となる選手がおり攻守ともにレベルが高い智弁和歌山。

今年のチームは昨夏の甲子園でベンチ入りした選手も多く経験豊富なのも強みです。

秋季近畿大会では準優勝に終わりましたが、主砲の林選手が欠場する中での準優勝と考えるとセンバツでは優勝を狙える力があるのではないでしょうか。

3月23日から開催される第90回記念選抜高校野球ではどんなドラマが生まれるでしょうか。
楽しみです。
 

選抜高校野球 2018 関連記事

『選抜高校野球 2018 優勝候補を予想!
展望・戦力分析』はコチラ!


『選抜高校野球 2018 組み合わせ抽選会日程・
出場校一覧』はコチラ!



スポンサーリンク

 - Sports