関戸康介(明徳義塾中)の現在は?スポーツ大将に出演!球速・身長・出身は?

      2018/06/04

 

 
2018年5月6日(日)にテレビ朝日系で放送される『ビートたけしのスポーツ大将2時間スペシャル』
 
今回は豪華アスリート VS 次世代アスリート 夢の対決ということで、野球対決ではプロ野球OBから数々の記録を残した9人の伝説のバッター「レジェンド9」が登場。
 
【レジェンド9】

 

切り込み隊長
仁志敏久(元巨人)


平成の三冠王
松中信彦(元ソフトバンク)


WBC優勝捕手
里崎智也(元千葉ロッテ)


代打の神様
桧山進次郎(元阪神)


球界の頭脳
古田敦也(元ヤクルト)


左腕キラー
G.G.佐藤(元西武)


つなぎの四番
サブロー(元千葉ロッテ)


球界一のくせ者
元木大介(元巨人)


最強の助っ人
T・オマリー(元阪神)
 
 
一方、次世代アスリートでは全国から選りすぐりの中学生最強ピッチャー7人が集結、「レジェンド9」と対決します。
 

対決ルールはレジェンド9人を連続で打ち取れば中学生ピッチャーの勝利。
 
ヒットを打たれたらその時点で終了。
(四死球はノーカウント)
 
中学生最強ピッチャーが「レジェンド9」全員をおさえられるか必見です。
 
 

さて、今回「レジェンド9」に挑む中学生ピッチャーですが、注目なのが軟式でMAX143キロという豪速球を誇る高知・明徳義塾中学関戸康介投手

 

 
話題騒然の関戸康介投手とは、いったいどんなピッチャーなのでしょうか。

気になるので調べてみました。


スポンサーリンク


 
 

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●
関戸康介投手 プロフィール
●〇●〇●〇●〇●〇●〇●

 
【名前】 関戸康介(せきど こうすけ)

【出身地】 長崎県

【身長】 175センチ

【体重】 60キロ

【学校】 明徳義塾中

【投球打席】右投右打
 


スポンサーリンク


 
 

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●
ミライ☆モンスターにも出演!
●〇●〇●〇●〇●〇●〇●

 
関戸投手は小学時代、福岡ソフトバンクホークスJrに選出されました。
 


 
小学6年生の時には、すでに129キロのストレートを投げていたそうです。

あの大谷翔平選手(エンゼルス)の小学生の時の球速が115キロなので、その球速を上回っていることから、これからの活躍に期待がかかる投手です。

関戸投手は、まだ中学生ということで現在も身長が伸びていたり、体重も増えているかも知れませんし、球速ももっと早くなっていくと思います。

 

さて、関戸投手といえば昨年5月7日に放送されたフジテレビ『ミライ☆モンスター』に出演していました。
『ミライ☆モンスター』とは将来の可能性を秘めたアスリートの卵を紹介している番組。
この番組では、関戸投手の課題であるコントロールを良くするために体幹トレーニングを取り入れていると明かしていました。

今回の『ビートたけしのスポーツ大将2時間スペシャル』では、関戸投手のピッチングが見どころ。
中学生最強ピッチャー 関戸康介投手は「レジェンド9」を打ち取ることができるでしょうか。
 

 
 

 
 

●〇●〇●〇●〇●
 まとめ
●〇●〇●〇●〇●

 
『ミライ☆モンスター』では、体が柔らかいということも紹介されていた関戸投手。
その体の柔らかさが現在の球速を可能にしているのかもしれませんね。

元メジャーリーガーの石井一久さんも関戸投手のピッチングをみて、腕をムチのように使い投げている言っていました。

 

体の柔らかさでいうと、大谷翔平投手や前田健太投手(ドジャース)、阪神タイガースの藤浪晋太郎投手も体が柔らかいことで有名です。

速球派投手の共通点でもある肩のあたりの筋肉の柔らかさを関戸投手も兼ね備えてるということで、これから球速もどんどん伸びそうですね。
 
 
【追記】
 
『ビートたけしのスポーツ大将2時間スペシャル』
豪華アスリート VS 次世代アスリート夢の対決の結果は、関戸君が見事9人斬り達成。
 
すごいですね。
 

 

 


スポンサーリンク


 

 - TV