なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

プリンセス駅伝 2017(クイーンズ駅伝予選会) エディオン 若林選手が棄権!

      2017/11/02

 

2017年11月26日(日)に宮城県で開催される
全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の予選会
プリンセス駅伝が10月22日(日)に行われました。
 
スポンサードリンク




 

福岡県 宗像ユリックスを発着する
6区間 42.195キロを競い
豊田自動織機が2時間20分28秒で優勝
 

 

プリンセス駅伝 上位14チームが
本大会の出場権を獲得しました。

【プリンセス駅伝で予選通過した14チーム】

1 豊田自動織機
2 パナソニック
3 ダイハツ
4 積水化学
5 デンソー
6 シスメックス
7 ホクレン
8 肥後銀行
9 しまむら
10 TOTO
11 スターツ
12 ノーリツ
13 京セラ
14 三井住友海上

 

1区 10位で発進した
豊田自動織機は5区までに2位に浮上、
6区 林田みさき選手が区間新記録の快走で逆転、
クイーンズ駅伝は、
昨年優勝した日本郵政グループや
6位 天満屋などシード8チームを加えた
22チームで競います。
 
スポンサードリンク




 

ところで、
プリンセス駅伝を見ていて気になったのが
エディオン。

3年ぶりのクイーンズ駅伝出場を狙う
エディオンは、
1区から出場圏の14位以内を保ち
5区では西田美咲選手が区間6位の力走を見せ
10位で通過しましたが、
最終区でまさかのアクシデントに見舞われました。

 

アンカーの若林由佳選手が体調不良に陥り
ゴール手前で棄権したのです。

 

若林選手は、
脱水症状に陥り
ゴール 約20メートル手前で意識を失い棄権。

 

見ていて心配された方も多いと思いますが、
若林選手は病院に救急搬送され点滴などを受けて
意識を回復したといいます。

 

沢柳厚志監督は、
「詰めが甘かったということ。
自分の責任です」と無念さをにじませ、
主将の安井絵理奈選手は、
「アンカーの責任ではなく、チームとして
力不足だった」と受け止めていました。

 

残念ながら
3年ぶりのクイーンズ駅伝出場を果たせなかった
エディオン、
1年後の雪辱を誓い頑張ってほしいです。
 
スポンサードリンク




 



 
 

 

 - Sports