なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

プリンセス駅伝 2017 予想 注目のチームと選手は!?

      2017/10/24

 
※ 結果を更新しました
 
2017年10月22日(日)に開催される
プリンセス駅伝
(第3回全日本実業団女子駅伝予選会)。

 

プリンセス駅伝は、
11月26日に開催される女子駅伝日本一決定戦
クイーンズ駅伝の出場をかけた
全国統一予選会予選会で、
上位14チームが
クイーンズ駅伝出場への切符を
手にすることができます。

 

11月26日に開催される
クイーンズ駅伝には22チームが出場。

今回のプリンセス駅伝 上位14チームと
前年のクイーンズ駅伝
上位8チーム(シードチーム)が出場します。
 


プリンセス駅伝 2017 日程・エントリーメンバー ・テレビ放送(中継)

 

 

ここからは、
プリンセス駅伝 2017を予想!
活躍が期待されるチームや
注目選手についてまとめています。

 

スポンサードリンク




 
 

活躍が期待されるチーム

 

今回のプリンセス駅伝で
活躍が期待されるチームは、

・デンソー

・豊田自動織機

・ダイハツ

 

クイーンズ駅伝でも
上位に名を連ねていた3チームです。

 

 

 

デンソー

 

2013年から
クイーンズ駅伝3連覇を成し遂げた
デンソーですが、
4連覇に挑んだ昨年、
まさかの11位で
初のプリンセス駅伝出場となりました。

 

デンソー エントリーメンバー

 

水口侑子

橋本奈海

小泉直子

光延友希

スーサン・ワイリム

岡未友紀

荘司麻衣

池内彩乃

足立千世

倉岡奈々

 

 

デンソーの注目選手は
高校日本一にも輝いた倉岡奈々選手(20歳)。

 

昨年のクイーンズ駅伝では、
倉岡選手の活躍が4連覇の鍵を握ると
期待されていましたが
残念ながら
怪我で出場することができませんでした。

今年はチーム一丸となって
昨年の雪辱を果たすことができるでしょうか。

 

倉岡奈々 選手
 

生年月日:1997年9月13日

出身地:鹿児島県

出身校:鹿児島女子高校

 

【自己記録】

1500m 4分16秒20
3000m 9分08秒02

 

主な戦績

2014年
全国高校総体 1500m
優勝

2015年
全国高校総体 3000m
優勝

2016年
アジアジュニア陸上3000m
優勝

2016年
全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 Jr 3000m
2位

2017年
日本陸上競技選手権大会 1500m
8位

 
 
スポンサードリンク




 
 

豊田自動織機

 

昨年、
クイーンズ駅伝優勝候補の筆頭に挙げられていた
豊田自動織機。

スタートしてから
先頭集団を走っていた豊田自動織機ですが、
第1中継所で1区の福田有似選手が
“オーバーラン”をする痛恨のミス…

中継所から20メートルの間で
タスキの受け渡しをしなければいけないところ、
2区の選手が50㎝はみ出てタスキを受け取り
まさかの失格となってしまいました。

 

昨年の悪夢からのリベンジとなる今年、
チームの戦力は!?というと…

充実しています。

 

 

豊田自動織機 エントリーメンバー

 

沼田未知

アン・カリンジ

万代美幸

薮下明音

菅野七虹

横江里沙

林田みさき

福田有似

前田梨乃

川口桃佳

 

 

豊田自動織機の注目選手は、
新加入した菅野七虹選手(22歳)。

 

菅野選手の今シーズンの目標は、
「駅伝メンバーとして走って
優勝に貢献する」こと。

 

頼もしい大物ルーキーが
プリンセス駅伝 優勝の鍵を握ります。

 

 

菅野七虹(ななこ) 選手

生年月日:1994年12月30日

出身地:京都府

出身校:立命館宇治高校・立命館大学

 

【自己記録】

5000m:15分40秒68

10000m:32分55秒87

ハーフマラソン:1時間11分24秒

 

立命館大学で
2年生からキャプテンとして
チームをけん引してきた菅野選手は、
2013年、2014年には、
区間賞に輝くなど
全日本大学女子駅伝5連覇の立役者です。

 

2015年の
ユニバーシアード(ハーフマラソン)では
銀メダル獲得と、
国際経験を持つ菅野選手の走りに期待です。

 
スポンサードリンク




 

ダイハツ

 

2年連続”クイーンズ8”入りを逃している
ダイハツですが、
選手の実績や経験もあり、
本来の力を発揮することができれば、
プリンセス駅伝優勝を十分狙えるチームです。

 

ダイハツ エントリーメンバー

 

木﨑良子

吉本ひかり

前田彩里

松田瑞生

竹本香奈子

久馬悠

久馬萌

柴田佑希

下田平渚

池本愛

 

注目選手は、
前田彩里選手(25歳)と松田瑞生選手(22歳)の
2大エース。

彼女らの活躍が名門復活の鍵を握ります。

 

前田彩里(さいり) 選手

生年月日:1991年11月7日

出身地:熊本県

出身校:佛教大学

 

【自己記録】

1500m:4分24秒39

3000m:9分15秒58

5000m:15分32秒22

10000m:32分03秒43

ハーフマラソン:1時間10分24秒

マラソン:2時間22分48秒

 

【主な戦績】

全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 10000m
6位

全日本実業団対抗女子駅伝 2位

仙台国際ハーフマラソン 優勝

2015年
名古屋ウィメンズマラソン 3位
(世界陸上北京マラソン代表に)

2015年
世界陸上北京マラソン
13位

前田選手怪我で離脱してから
”クイーンズ8”入りを逃しているダイハツ。
2年ぶりに怪我から復活した
前田選手の走りに期待したいです。

 

松田瑞生(みずき) 選手 

生年月日:1995年5月31日

出身地:大阪府

出身校:大阪薫英女学院高校

【自己記録】

1500m:4分21秒45

3000m:9分087秒23

5000m:15分46秒40

10000m:31分39秒41

ハーフマラソン:1時間10分25秒

 

【主な戦績】

2016年
世界ハーフマラソン 17位

2016年関西実業団選手権 5000m
優勝

2017年
全日本実業団陸上競技選手権大会 10000m
優勝

2017年6月
日本陸上競技選手権 10000m
優勝
(世界陸上ロンドン10000m代表)

 

昨年のプリンセス駅伝で5区を走り
区間賞に輝いた松田選手は、
今、最も活躍が期待されている選手。

驚異的なラストスパートで
プリンセス駅伝 初優勝を目指します。

 
 

結果

 


予選通過チーム

 


プリンセス駅伝で予選通過した14チーム

 

 1 豊田自動織機

 2 パナソニック

 3 ダイハツ

 4 積水化学

 5 デンソー

 6 シスメックス

 7 ホクレン

 8 肥後銀行

 9 しまむら

10 TOTO

11 スターツ

12 ノーリツ

13 京セラ

14 三井住友海上
 

優勝したのは豊田自動織機
見事、昨年のリベンジを果たしました。

 

 

 
来月開催されるクイーンズ駅伝に
出場するチームが決まりました。
 

 

 

 - Sports