なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

岡田有希子の新事実 資料紛失事件とは!?

      2017/10/26

 

2016年12月2日(金)の
TBS『爆報!THEフライデー』で
紹介された岡田有希子さん。

 

岡田有希子さんといえば、
1980年代半ばに活躍した
伝説のアイドル。
しかし、
人気絶頂だった
1986年4月8日に
飛び降り自殺したことが
大々的に報道され、
この年、
”ユッコシンドローム”と言われる
若者の相次ぐ自殺が
大きな社会問題になりました。

 

今回の
『爆報!THEフライデー』では、
岡田有希子さんの新事実が紹介されていましたが、
その内容は、
何者かによって
事務所から
岡田有希子さんの資料が
持ち去られたという
ショッキングなものでした。

 

そして、
番組では、
この”消えた資料”の全貌が
明かされていました。
 
スポンサードリンク




 

岡田有希子さんについて

 

1967年愛知県一宮市で生まれた
岡田有希子さん(本名 佐藤佳代)。

 

アイドルに憧れていた彼女は
1982年、
中学3年生の時に
国民的オーディション番組
『スター誕生!』に
出演しましたが
両親は彼女の芸能界入りを反対。

 

学年で1位、
模擬試験で全国5位以内、
地元の難関校に入学する…など
無理難題を押し付け
アイドルを諦めさせようとしました。

 

しかし、
岡田有希子さんは、
半年間、毎日猛勉強し、
全ての条件をクリア、

憧れの松田聖子さんと同じ
サンミュージックに入り、
高校1年生の2学期、
堀越学園芸能コースに編入します。

 

そして、
事務所の社長の元で下宿し、
1984年 16歳の時に
シングル
『ファースト・デイト』で
デビューしました。

 

愛らしい笑顔と清楚な雰囲気が受け
”ポスト松田聖子”と称された
岡田さんは、
数々の新人賞を総ナメ。

デビューから2年後には
事務所の先輩
松田聖子さんが作詞した歌
『くちびるNetwork』が大ヒットし
初のオリコン1位を獲得、
トップアイドルへ上り詰めたのです。
 

 

しかし、
この曲の発売から
わずか3ヵ月後の
1986年4月8日、
突如、
岡田有希子さんは
自ら命を絶ってしまったのです。

関連記事


岡田有希子 自殺の真相を事務所の元専務が語る!

 
スポンサードリンク




 

岡田有希子 資料紛失事件

 

今回、
『爆報!THEフライデー』で
紹介されたのは、
岡田有希子さんの死後、
いつの間にか
事務所に保管されてあった
岡田さんの資料やグッズが
何者かによって
持ち去られたという
ショッキングな出来事。

 

一体、
誰が何の目的で
資料を持ち去ったのでしょうか…

 

番組では、
この”消えた資料”の全貌が
明かされました。

 

番組が調査していくと、
2013年5月29日に亡くなった
『サンミュージック』会長
相澤秀禎(ひでよし)さんの葬儀に
参列していた
1人の白人男性に辿り着きました。

この男性の名はリチャード。

 

実はリチャードは、
岡田さんの死から3年…
1989年に『サンミュージック』に入社。

 

その後、
2年間務め
1991年に退社していました。

 

そして、
リチャードとともに
岡田有希子さんの資料やグッズも
消えていたのです。

 

番組は、
事務所スタッフから
疑惑の外国人
リチャードの連絡先を入手、
すると、
リチャードが
まだ日本に住んでいることが
判明したのです。

 

そこで番組は
リチャードを直撃。
 
2016年11月12日
都内某所にある
リチャードの自宅マンションを
訪れると、
彼は撮影を了承、
取材に応じた
リチャード(現在50歳)の部屋には
岡田有希子さんの写真パネルが
飾られていました。

 

 

「岡田有希子さんの資料を
持ってきたのは本当 ?」という
番組スタッフの質問に
「本当なんです」と答えた
リチャード…

 

彼は会社から資料を持ち出したことを
認め「申し訳ない」と
謝罪したのです。

 

なぜ外国人のリチャードが
日本のアイドル
岡田有希子さんの資料を
勝手に持ち去ってしまったのか…

 

リチャードが
岡田有希子さんを知ったのは、
故郷オーストラリアにいた頃。

当時20歳だったリチャードは、
日本人留学生の影響で
岡田有希子さんのファンに
なったといいます。

 

その姿は、
日本の雑誌で紹介されるほど
熱狂的だったそうで…

 

若かりし頃のリチャード

 

しかし、
大学在学中に岡田さんが自殺…
リチャードは
大きなショックを受け
学校にも行けなくなったといいます。

 

岡田さんの死から半年後、
リチャードは、
いてもたってもいられず
自分の人生を変えた方がいいと思い
保険を解約し
全財産をはたいて
来日したそうです。

 

上智大学に通いながら
岡田さんの事を
いろいろ調べていたリチャード。

 

その時、
大学のクラスメイトには、
当時、
サンミュージックに所属していた
岡田さんの先輩
早見優さんがいたのです。

 

リチャードは、
早見さんのツテを借りて
サンミュージックに入社。

 

入社後、
リチャードは
松田聖子さんの全米進出に関わる
翻訳などをして頑張っていましたが、
ある日、
目を疑うような
悲しい現状を目撃してしまったのです。

 

それは、
ファンにとって
色あせることのない思い出…

岡田有希子さんの資料が
使わない…という理由から、
倉庫の奥に押し込まれる瞬間でした。

 

いたたまれなくなったリチャードは、
岡田有希子さんを愛するがあまり
無断で彼女の資料を
持ち去り退職したのです。

 

あれから25年…

 

リチャードは、
岡田有希子さんの資料を
コンテナで大切に保管していました。

 

リチャードは、
「資料を30年、100年でも
残すことに意味がある…
大事にしておきたかった」と
岡田有希子さんへの思いを語っていました。

 

リチャードが保管していた
岡田さんの資料の数は、
なんと 194点、
今でも綺麗な状態で
保存されていたのです。
 

 

倉庫の奥にしまわれていたら、
今頃どうなっていたのか…
気になるところですが…

 

そして、
番組が
この事実を
所属事務所に話すと…

 

「岡田有希子を愛するが故の
行動のため」と、
問題にはしないとのことでした。

寛大な事務所ですね。
 
スポンサードリンク




 

さて、
番組では
岡田有希子さんと親交のあった
4人の同級生が集まり
これら懐かしい岡田さんの資料を
見ていましたよ。
 

 
この白いカチューシャは
岡田有希子さんがよく付けていたそうです。

 

4人の同級生は、

堀越学園で岡田有希子と同級生だった
同期アイドルで大親友の
田中久美さん(現在49歳)

岡田さんとともに
高校1年生の2学期に編入した
1983年デビューの女優
南きよみさん(現在48歳)

卒業後の進路に悩んでいた時、
岡田さんに宝塚入学を
後押されたという
宝塚花組トップ娘役
森奈みはるさん(現在48歳)

同期デビューで
最寄駅が同じで
一緒に登校していたという
岡田有希子さんと
一文字違いのアイドル
岡村有希子さん(現在48歳)

 

みなさん、
彼女の自殺を防ぐことは
できなかったのか…と、
後悔したり
生前の岡田有希子さんについて
涙ながらに語り合っていました。

 



 

 

 - TV