なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

萬谷康平 就職先は!? 嫁の美佐さん 結婚で人生激変!?

      2017/02/09

 
【記事投稿日】
2017年2月4日
 
【最終更新日】
2017年2月6日
 
 
2017年2月6日(月)の
TBS
『結婚したら人生激変!〇〇の妻たち』で
元DeNAの萬谷康平投手(29歳)が
紹介されました。

 

萬谷投手といえば、
昨年10月、
DeNAから戦力外通告を受けましたね。

 

この番組では、
萬谷康平さんの嫁 美佐さんも出演。

 

番組の予告映像では、
夫のハローワーク通いに
「この先どうしようかな」と不安を漏らす
美佐さんの姿が…

 

そういえば、
戦力外通告を受けた後、
萬谷夫妻は、
中居正広さんが司会を務める番組に
揃って出演されていましたが、
その時、
萬谷さんを見て思ったことは、
嫁の美佐さんは大変だな…
ということでした。

 

あれから萬谷夫妻がどうなったのか…
気になるところです。
 
スポンサードリンク




 

萬谷康平(まんたに こうへい) プロフィール

 

【生年月日】
1987年8月28日

【出身地】
大阪府大阪市東成区

【身長】
185㎝

【体重】
78㎏

【投球・打席】
右投左打

 

【特徴】

ストレートの球速は最速149km/h
 
スライダー、カーブ、
フォークボールが得意
萬谷康平投手は阪南大学高校から阪南大学を経て
社会人野球のシティライト岡山と
ミキハウスREDSでプレー。

 

2013年、
育成ドラフト2位でDeNAに入団。
(入団時の背番号は112)

 

 
 
26歳でプロ入りした萬谷投手は、
2014年4月27日に
支配下登録されると
中継ぎで26試合に登板し1勝1敗。
防御率 3.58
 
プロ初勝利は、
6月22日の西武戦
 
(背番号 62 に変更)

 

2015年は、
7月に一軍登録され
4試合にリリーフとして登板、
防御率1.50
 
 

2016年は二軍でも
登板することなく、
10月2日、
球団より戦力外通告を受けました。
 
スポンサードリンク




 

萬谷康平の嫁 美佐さんは元小学校教諭!?

 

今回、
『結婚したら人生激変!〇〇の妻たち』では、
萬谷康平さんの嫁 美佐さんも
紹介されます。
 


萬谷美佐さん
 
 

萬谷さんと美佐さんは同い年で、
ともに大阪出身。

 
2009年5月に交際を開始、
美佐さんは、
大阪府内で
小学校教諭を務めていたそうで
遠距離恋愛を実らした2人は、
2014年12月に結婚。
 


 
 
美佐さんは、
結婚後に退職し、
野球選手の妻として
アスリートの食事や指導を行う、
『ジュニア・アスリート
フードマイスター』の資格も
取得していました。

 

萬谷さんは、
「学校の先生をやめて
いばらの道についてきてくれる。
活躍しないと示しがつかない」と
決意を語っていたのですが…

 

萬谷さんは昨年、
まさかの戦力外通告…

 

 

夫婦そろってテレビ出演も…

 

昨年末、
テレビ朝日
『中居正広のスポーツ!
号外スクープ狙います』に
夫婦そろって出演した
萬谷夫妻は、
昨年10月に受けた戦力外通告について
振り返っていました。

 

萬谷さんによれば、
(昨年)12月までは
年俸が支払われるとのことでしたが、
1月からは無職で収入はなく、
(昨年)12月はじめに
住んでいる所の契約が終わるため、
次に住む場所もまだ決まっていない
状況だと明かしていました。

 

この時点で
2人の出身地である大阪に帰る意向を
明かしていましたが、
美佐さんは、
小学校教諭に復職したくても
萬谷さんの仕事先が決まらないと
登録できないと、
悩みを語っていました。

 

昨年12月、
やはり中居正広さん司会の番組で
萬谷さんが大阪の実家で
就職活動をする様子が
紹介されていましたが、
萬谷さんは、
なんだかマイペースでぐうたらな生活を
送っているようで…、
美佐さんを苛立たせていました。

 

ハローワーク通いの夫に、
美佐さんは
これから
子どももほしいし、
お金も必要なのに…と
「この先どうしよう」と
不安を漏らしていました。

 

まさに、
番組のタイトルどおり、
結婚したら人生激変!
戦力外通告を受けた男の妻たち…

 

今回、
『結婚したら人生激変!〇〇の妻たち』では、
萬谷さんの現在が紹介されていました。

 
ここからは、
『結婚したら人生激変!〇〇の妻たち』の
放送内容です。
 
萬谷康平さんの再就職先はどこになったのでしょうか。
 
 

萬谷康平さんの再就職先 放送内容

 

結婚から2年後に夫が戦力外通告。
 

「突然だったので この先どうしようという
不安も一気にきました」という
美佐さんの不安どおり、
萬谷夫妻には、
厳しい現実が待っていました。
 
 
まず、直面した問題は生活費。
 
プロ野球選手の年俸は
毎月分割で支払われ、
萬谷さんの昨年の年俸は800万円。
 
戦力外を受けてからも
収入は12月末までは、
ベイスターズとの契約があり、
毎月66万円の収入があったが、
1月からは収入ゼロ。
 
これまで住んでいた
家賃13万円の
横浜のマンションだと、
貯金を切り崩しても
半年ともたない…
 
さらに、
そこに追い討ちをかけるのが
税金。
 
昨年の収入に対してかかるので
100万円くらいが
税金でとられてしまうそうです。
 
追い込まれた美佐さんは、
横浜の家を引き払って
夫 康平さんの仕事が決まるまで
実家に居候させてもらえるようお願いすることに。
 
こうして、
大阪にある夫妻の実家で居候生活が始まりましたが、
やはり、居候生活は肩身が狭く…
一刻も早く脱するべく
美佐さんは教師への復職を考えます。
 
しかし、
そこには、
ある問題が…

 
それは、
教師になるためには、
住む地域の登録が必要だということ。
 
萬谷さんの就職先が決まり
住む所が決まらなければ
美佐さんが教師に戻ることも
できないのだそうです。
 

 
萬谷さんは就職活動を始め、
ハローワークに行きますが、
希望の営業職について担当者に説明されても
今ひとつピンときていない様子…

 


 
 
萬谷さんは、
社会人野球をしてはいましたが、
野球でとってもらったので
ちゃんとした就職活動を
していないのだそうです。
 
美佐さんは、
「ずっと野球をしてきたので、
いきなり社会に目を向けても
何もわからないし…」と、
萬谷さんの年齢も29歳ということで
選べるほどはないという不安を
語っていました。
 
 

そんな時、
野球を諦めた萬谷さんのもとに
かつて所属していた社会人野球チームから
誘いがあったのです。
 
しかし、
決して万全とはいえない体で
野球の道に戻るのか、
それとも、
新たな職を探すのか…
 
 
美佐さんの本音は、
安定した職業に
ついて欲しいということでしたが、
萬谷さんが、
まだ野球に未練があるのではないかと思い、
萬谷さんの実家では、
家族会議が開かれることになりました。

 
 
萬谷さんの母親は、
安定している大工などの職人がいいのではと言い、
美佐さんも
夫に野球を諦めて
安定した職について欲しいと
思っていましたが、
萬谷さんの父親からは、
「野球をもう1年というのが
私の本心」という
反対意見が…
 
実は、
萬谷さんの父親は、
高校野球の監督を務めたこともあり、
息子には、
まだ野球を続けて欲しいというのが
本音でした。
 
家族会議では、
意見が真っ二つにわかれてしまいましたが、
萬谷さんは、
どんな決断をしたのでしょうか…

 
 

家族会議から3日後、
番組が萬谷さんを訪ねたところ、
萬谷さんは、
野球を諦め就職することを決意し、
一般企業の面談を受けていました。

 
その決断に至った経緯を聞かれた
萬谷さんは、
「結局(妻は)仕事をしてたのに、
諦めてきてもらってるんで
それが一番大きい」と語っていました。
 
今度こそ
夢を諦めてまで
支えてくれた妻を幸せにしたい、
プロ野球が終わったので、
美佐さんの両親には、
別の仕事で
養っていけるよう
頑張りますといえるようになる事が、
萬谷さんの理想だそうです。

 
 

そして、
萬谷さんの再就職先が決定。
 

萬谷さんは、
保険関係の営業マンとして、
再出発するそうです。

 
 
スポンサードリンク





 
 


関連記事はコチラ


伊藤義弘(元ロッテ) 引退後は教師を目指す!? 現役時代はバット直撃の被害に!

 


関連記事はコチラ


西川健太郎(元中日) 妻 朱里さんが妊娠中に戦力外通告! 引退後は…

 


関連記事はコチラ


山本和作 戦力外通告 現役引退後は大阪経済大学硬式野球部監督に

 

関連記事はコチラ


矢地健人 2度の戦力外通告後

 


関連記事はコチラ


カープ廣瀬純の嫁は未来日記Ⅲに出演していた青谷桃子

 

関連記事はコチラ


中後悠平投手 戦力外通告から一転 メジャーへ !!

 

 

 

 
 

 - TV