なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

【競泳】水泳日本選手権2017 日程・テレビ放送・注目選手!

   

 

2017年4月13日から
競泳日本選手権2017が行われます。

正式大会名称は
「第93回日本選手権水泳競技大会 競泳競技」

ちなみに今回の大会は
「第17回世界水泳選手権大会」と
「第29回ユニバーシアード大会」の
代表選手選考会も兼ねています。
 
スポンサードリンク




 

競技種目は、
全部で34種目
(男子17種目、女子17種目)と
なっています。

【競技種目】

・自由形 50m
・自由形 100m
・自由形 200m
・自由形 400m
・自由形 800m
・自由形 1500m

・背泳ぎ 50m
・背泳ぎ 100m
・背泳ぎ 200m

・平泳ぎ 50m
・平泳ぎ 100m
・平泳ぎ 200m

・バタフライ 50m
・バタフライ 100m
・バタフライ 200m

・個人メドレー 200m
・個人メドレー 400m

 

日程・会場

 

日程 2017年4月13日~16日

会場 日本ガイシアリーナ
(愛知県名古屋市南区東又兵ヱ町5丁目1番地の5)

 

テレビ放送

 

テレビ放送はNHKで放送されます。

4月13日(木)
18:30-20:15(LIVE)
24:10-25:00(録画)

4月14日(金)
18:30-20:30(LIVE)
24:10-25:00(録画)

4月15日(土)
19:00-20:45(LIVE)
24:05-24:55(録画)

4月16日(日)
18:00-19:55(LIVE)
24:10-25:00(録画)
 
スポンサードリンク





 

注目選手

 

★萩野公介
自由形、個人メドレーの選手。

リオデジャネイロ五輪では、
見事に400m個人メドレーで金メダルを
獲得した日本男子の競泳界を代表する選手。

しかし、
リオデジャネイロ五輪の前にケガをしていた
ため、
「今のままでは、東京五輪で戦うことが
考えられない」と、
五輪後に手術を行いました。

今年の2月末にスペインのマドリードで
行われた大会で復活。

記録は満足できるものでは
ありませんでしたが、
手応えはあったようです。

萩野は200m、400m個人メドレーの2種目で、
ハンガリー・ブダペストで行われる
世界選手権の代表権を有しているため、
優勝する必要はありませんが、
やはりライバルの瀬戸大也選手には
負けられません。

 

★瀬戸大也
個人メドレー、バタフライの選手。

リオデジャネイロ五輪では、
400m個人メドレーで銅メダルを獲得。

ただ、
400m個人メドレーでは萩野公介選手が
金メダルを取ったので、
大舞台で自分の力を発揮しきれなかったと
「悔しさ」がありました。

8月の五輪以降、
毎月世界を相手に戦いを続けてきた瀬戸選手は、
12月のカナダ・ウインザーで行われた
世界選手権(25m)にもエントリー。
この大会の目標でもあった、
400m個人メドレーの3連覇を見事に成し遂げ、
2016年のラストを締めくくりました。

2017年7月に行われる
ハンガリー・ブダペスト世界選手権の
代表権を獲得したいところです。

 

★坂井聖人
バタフライの選手。

水を捉えるセンスも天下一品。
水泳関係者が口を揃えて
「持っている才能はすごいものがある」と
言い続けていた逸材です。

中学時代にインターハイを制し、
大学では日本代表入りするなど、
エリート選手です。

リオデジャネイロ五輪では、
男子バタフライ200mで銀メダルを獲得し、
その名を世界に知らしめました。

 

★渡辺一平
平泳ぎの選手。

平泳ぎと言えば北島康介さんが有名ですが、
2017年1月29日、東京辰巳国際水泳場で、
200m平泳ぎの世界新記録をだしたのが、
渡辺一平選手。

これからの活躍に期待のかかる選手です。

リオデジャネイロ五輪では、
準決勝で五輪新記録で1位通過したものの、
決勝では、
まさかの6位に終わりました。

悔しさをバネに日本選手権でも期待です。
渡辺一平選手も
「日本選手権でも世界記録を狙いますし、
7月の世界水泳選手権でも自分の記録を
更新して、
世界記録で優勝したいと思っています」と
意気込み十分です。

 

★池江璃花子
自由形、バタフライの選手。

中学2年生のころから、
自由形とバタフライで
中学記録を次々と塗り替えてきた
池江璃花子選手。

そのままリオデジャネイロ五輪にも
出場。

五輪では、
100mバタフライでは予選、準決勝、決勝と
連続して日本記録を更新して5位に入賞し、
緊張など感じさせない泳ぎを披露しました。

五輪後も
岩手国体の50m自由形で日本記録(当時)を
更新し、
11月のアジア選手権で100m自由形、
2017年1月のKITAJIMA CUP 2017では
200m自由形でも日本新記録を樹立。

これからの活躍に期待が集まります。
 
スポンサードリンク





 


 

 

 - Sports