【高校野球】夏の甲子園 2017 広陵 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は
強豪ひしめく広島大会を制し
3年ぶり22回目の出場を決めた
広陵のメンバーや戦力について
まとめました。
 

広陵について

 

【所在地】広島市安佐南区伴東 3-14-1

【部員数】142人

【監督】中井哲之

 

スポンサードリンク




 

地方大会の時のメンバー

【名前】平元銀次郎 (3年)

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.167

【身長・体重】180㎝・73㎏

【出身中学】金田(福岡)

【名前】中村奨成 (3年)

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.176

【身長・体重】181㎝・78㎏

【出身中学】大野東

【名前】大橋昇輝(3年)

【守備】一塁手

【投打】左・左

【打率】.389

【身長・体重】174㎝・68㎏

【出身中学】安西

【名前】吉岡広貴(2年)

【守備】二塁手

【投打】右・左

【打率】.308

【身長・体重】177㎝・67㎏

【出身中学】三入

【名前】松岡直輝(3年)

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.400

【身長・体重】168㎝・68㎏

【出身中学】松永

【名前】 高田桐利(2年)

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.381

【身長・体重】168㎝・65㎏

【出身中学】倉敷・福田(岡山)

【名前】加川大樹(3年)

【守備】左翼手

【投打】右・右

【打率】.591

【身長・体重】178㎝・80㎏

【出身中学】和佐

【名前】谷口秀斗(3年)

【守備】中堅手

【投打】右・左

【打率】.313

【身長・体重】168㎝・65㎏

【出身中学】千里丘(大阪)

【名前】高田誠也(3年)

【守備】右翼手

【投打】右・右

【打率】.500

【身長・体重】175㎝・70㎏

【出身中学】庚午

【名前】山本雅也(3年)

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.500

【身長・体重】178㎝・78㎏

【出身中学】安芸津

【名前】森悠祐(2年)

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】178㎝・70㎏

【出身中学】二葉

【名前】鉤流大遂(1年)

【投打】右・右

【身長・体重】173㎝・70㎏

【出身中学】大塚

【名前】佐藤勇治(3年)

【投打】右・右

【打率】.667

【身長・体重】180㎝・78㎏

【出身中学】口田

【名前】村上嘉一(3年)

【投打】右・左

【打率】.500

【身長・体重】182㎝・75㎏

【出身中学】国泰寺

【名前】丸山壮史(3年)

【投打】右・左

【打率】.222

【身長・体重】177㎝・75㎏

【出身中学】櫨谷(兵庫)

【名前】猪多善貴 (2年)

【投打】右・左

【身長・体重】168㎝・68㎏

【出身中学】菅野(兵庫)

【名前】河端利晶(2年)

【投打】右・右

【身長・体重】177㎝・80㎏

【出身中学】高西

【名前】岩本淳太(3年)

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】182㎝・78㎏

【出身中学】松原四(大阪)

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

【地方大会】

広陵 9-3 崇徳

広陵 10-0 祇園北
(5回コールド)

広陵 11-0 美鈴が丘
(5回コールド)

■準々決勝
広陵 10-0 尾道商
(6回コールド)

■準決勝
広陵 1-0 広島商

■決勝
広陵 9-5 広島新庄

 

 

【今回の広陵のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ A
日刊   B
報知   B
中日   B
サンケイ B

 

 

【戦力分析】

広島大会決勝で宿敵広島新庄を下し
3年ぶり22回目の出場を決めた広陵。

決勝では、
1点差に迫られた七回2死三塁
2ボール1ストライクのピンチに
2番手左腕 山本雅也投手が登板、
四球となりましたが、
次打者を得意のスライダーで三振に仕留め好救援、
頂点を手繰り寄せました。

チームをけん引するのは、
左腕エース 平元銀次郎投手と
プロ注目の中村奨成捕手の
強力バッテリー。
ともに高校日本代表の第1次候補に
選ばれています。

平元投手は、
最速146キロのストレートと
縦に変化するカーブが持ち味。
広島大会では5試合で先発し29回を投げ
防御率1.55。

強肩が持ち味の中村捕手は準決勝、決勝で
2試合連続本塁打を放ち
三番打者の意地を見せました。

攻撃の中心は
四番 加川大樹選手で打率.591。

クリーンアップを任されることが多い
高田誠也選手は
打率.500で
チームトップの打点9。

力のある中軸の前に走者をためることができれば
大量点も期待できます。

 

3年ぶりの優勝を果たした広陵、
夏の甲子園は、
広島商に並ぶ県内最多の22回目の出場となります。

 

広陵が初戦で対戦する中京大中京(愛知)は、
夏の甲子園で全国最多7度の優勝を誇る強豪校で、
愛知大会では、
1試合平均9得点、1.2失点と攻守で安定、
厳しい戦いが予想され、
広陵の平元投手、中村捕手バッテリーの踏ん張りが
鍵となります。

3年ぶりの夢の舞台で全国制覇に挑む広陵に
注目です。

 

スポンサードリンク




 

 - Sports