【高校野球】2018夏の甲子園!茨城県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/25

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

今年の茨城県代表はどこになるのでしょうか?

 

過去5年の代表校がこちら

2013年 常総学院(ベスト8)
2014年 藤代  (1回戦敗退)
2015年 霞ヶ浦 (1回戦敗退)
2016年 常総学院(ベスト8)
2017年 土浦日大(1回戦敗退)

 

気になる2018年の茨城県代表

ここからは夏の茨城県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。



スポンサーリンク

夏の茨城県大会 日程

 

【抽選会】
2018年6月20日(水)に組み合わせが決まりました。

【高校野球】2018 夏の茨城県大会(予選)組み合わせ

【開幕】 2018年7月7日(土)

 

結果

 

7月7日(土)

 

■1回戦

佐竹 7-0 海洋
(7回コールド)

7月8日(日)

 

■1回戦

総和工 8-1 常陸大宮
(7回コールド)

下館工 8-5 守谷

磯原郷英 5-3 下館一

緑岡 9-2 明野
(8回コールド)

那珂 7-3 古河一

東洋大牛久 7-0 藤代紫水
(8回コールド)

岩瀬日大 8-2 那珂湊

常磐大高 8-5 東風

水戸葵陵 18-0 常北校
(5回コールド)

科技日立 4-3 日立商

鬼怒商 6-4 玉造工

多賀 1-0 麻生

小瀬 12-2 坂東総合
(5回コールド)

 

7月9日(月)

 

■1回戦

土浦一 11-0 神栖
(5回コールド)

江戸川学園 9-0 茨城高専
(7回コールド)

中央 7-4 水戸桜ノ牧

岩瀬・真壁・筑波 3-2 結城一

鉾田二 2-1 伊奈

太田一 8-3 高萩清松

水海道一 5-4 牛久

茨城 13-6 岩下紫峰

岩井 5-4 つくば工科

竜ケ崎一 10-0 日立工
(6回コールド)

波崎 7-0 土浦工

土浦三 7-3 水戸農

7月10日(火)

 

■1回戦

牛久英進 9-2 三和

土浦二 12-1 八千代
(6回コールド)

下妻一 4-1 鹿島

水戸一 7-0 友部

茨城キリスト 8-6 水海道二

佐和 4-2 取手二

水戸啓明 14-0 高萩
(5回コールド)

東海 12-0 石商・潮来・竜南

7月12日(木)

 

■2回戦

常総学院 10-0 佐竹
(5回コールド)

総和工 10-3 江戸崎総合
(8回コールド)

下館工 8-0 大子清流
(7回コールド)

水戸商 11-0 緑岡
(5回コールド)

清真学園 7-3 那珂

東洋大牛久 19-1 古河二
(5回コールド)

明秀日立 18-0 岩瀬日大
(5回コールド)

常磐大高 17-0 笠間
(5回コールド)

水戸葵陵 7-6 下妻二

霞ヶ浦 6-2 鬼怒商

多賀 5-4 水戸工

小瀬 4-2 波崎柳川

 

7月13日(金)

 

■2回戦

つくば秀英 8-6 磯原郷英

土浦一 6-2 日立一

境 9-7 江戸川学園

つくば国際 9-0 岩瀬真壁筑波
(7回コールド)

藤代 10-0 鉾田二
(6回コールド)

太田一 1-0 勝田工

土浦湖北 10-9 科技日立

土浦日大 4-2 牛久

勝田 8-7 茨城

石岡一 3-0 竜ヶ崎一

取手一 10-0 波崎
(6回コールド)

土浦三 7-0 古河三
(7回コールド)

 

7月14日(土)

 

■2回戦

中央 16-8 茨城東
(7回コールド)

牛久栄進 5-2 日立北

下妻一 7-0 土浦二
(7回コールド)

水城 9-2 水戸一
(7回コールド)

鉾田一 12-2 岩井
(6回コールド)

鹿島学園 5-2 茨城キリスト

佐和 5-4 水戸啓明

取手松陽 8-1 東海
 
 

7月16日(月)

 

■3回戦
 
水戸商 17-3 清真学園
(7回コールド)

霞ヶ浦 5-4 多賀

明秀日立 7-2 常磐大

土浦湖北 6-4 水戸葵陵

下館工 9-8 つくば秀英

石岡一 11-3 小瀬

常総学院 10-0 総和工
(5回コールド)

つくば国際大 8-7 東洋大牛久
 
 

7月17日(火)

 

■3回戦
 
下妻一 3-1 水城

鉾田一 7-6 鹿島学園

藤代 8-1 太田一
(8回コールド)

土浦日大 7-0 勝田
(7回コールド)

中央 3-2 牛久栄進

取手松陽 5-0 佐和

境 13-4 土浦一
(7回コールド)

取手一 10-0 土浦三
(5回コールド)
 
 

7月20日(金)

 

■4回戦
 
常総学院 3-2 下館工

明秀日立 9-2 土浦湖北
(7回コールド)

水戸商 11-5 つくば国際大

藤代 3-2 下妻一

中央 4-3 境

土浦日大 8-0 鉾田一
(7回コールド)

霞ヶ浦 10-0 石岡一
(5回コールド)

取手一 7-1 取手松陽
 
 

7月22日(日)

 

■準々決勝
 
常総学院 11-1 中央
(5回コールド)

水戸商 9-5 藤代
 
 

7月24日(火)

 

■準決勝

 
常総学院 5-1 水戸商

土浦日大 8-5 霞ヶ浦
 
 

7月25日(水)

■決勝
 
土浦日大 6-1 常総学院
 
 


スポンサーリンク

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の茨城県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季茨城県大会と今年の春季茨城県大会を振り返りたいと思います。

【秋季茨城県大会の結果】

■決勝

明秀日立 8-5 霞ヶ浦

■準決勝

霞ヶ浦 3-0 日立一

明秀日立 5-4 常総学院

■準々決勝

常総学院 8-0 取手松陽
(7回コールド)

霞ヶ浦 7-6 水城

明秀日立 1-0 取手一

日立一 5-1 水戸商

 

【秋季関東地区大会の結果】

■決勝

中央学院 6-5 明秀日立

■準決勝

明秀日立 7-4 慶應義塾

中央学院 3-2 東海大相模

■準々決勝

慶應義塾(神奈川) 3-2 国学院栃木

中央学院(千葉) 5-1 霞ヶ浦(茨城)

明秀日立(茨城) 7-5 健大高崎(群馬)

東海大相模(神奈川) 12-1 作新学院(栃木)
5回コールド

 

【春季茨城県大会の結果】

■決勝

常総学院 7-4 明秀日立

■準決勝

明秀日立 7-0 水戸商
(7回コールド)

常総学院 7-1 霞ヶ浦

■準々決勝

霞ヶ浦 5-3 土浦日大

明秀日立 3-1 藤代

常総学院 9-2 取手一
(7回コールド)

水戸商 8-3 日立一

 

【春季関東地区大会の結果】

 

■決勝

健大高崎 15-10 日大三
■準決勝

日大三 9-8 常総学院

健大高崎 9-8 木更津総合

■準々決勝
 
常総学院 7-3 東海大相模

木更津総合 13-5 横浜

日大三 9-2 習志野

健大高崎 7-6 浦和学院
■2回戦

東海大相模 8-7 花咲徳栄

常総学院 7-2 関東学園大附

習志野 7-2 作新学院

日大三 8-5 山梨学院

木更津総合 10-2 国士館
(7回コールド)

横浜 6-1 明秀日立

健大高崎 8-2 東海大甲府

浦和学院 5-2 千葉黎明
 

■1回戦

花咲徳栄 14-9 専修大松戸

日大三 5-3 桐光学園

千葉黎明 4-3 青藍泰斗

 



スポンサーリンク

振り返ったところで、ここからは夏の茨城県大会の優勝候補を予想していきます。

結果から見ると明秀学園日立常総学院優勝候補といえます。

 

初出場で今春のセンバツで16強入りし、春夏連続の甲子園出場を目指す明秀学園日立の注目は、DeNA 細川成也選手の弟 細川拓哉投手(3年)。
好調時、コンスタントに140キロ台をマークするエースは100球を超えても球威、制球が落ちないスタミナが持ち味で安定感があります。

勝ち上がるためには、控え投手のレベルアップに期待です。

打線は、積極的な打撃が持ち味の増田陸選手(3年)や、小柄ながらパンチ力のある芳賀大成選手(3年)、俊足巧打の北野凱士選手(2年)と役者揃い。
エース細川投手も長打力があります。

今春の県大会を制し2年ぶりに第1シードとして大会を迎える常総学院も戦力的に抜けた存在。

打撃レベルは全国トップクラスです。

斉藤勇人選手(2年)、藤川寿真選手(3年)、菊田拡和選手(2年)の大型クリーンアップは全員長打力があり、春の関東地区大会では3試合で22点を奪いベスト4進出。

課題は絶対的エースがいないこと。
2年生の岡田幹太投手の成長に期待がかかります。

常総学院は投手のレベルが上がれば、全国でも上位を狙えるチームです。

 

 

茨城の優勝候補を予想してみましたが、明秀学園日立と常総学院の2強が優勝候補といえます。

また、夏の茨城大会連覇を狙う土浦日大や、秋の関東大会ベスト8の霞ヶ浦も侮れません。

 



スポンサーリンク

 

 - Sports