なる家のまねき猫

40代の私の気になる話題を紹介

【高校野球】春季奈良大会 2017 日程・結果・展望

      2017/05/08

 

2017年4月15日~5月14日まで
春季高校野球奈良県大会が
行われています。

 

春季大会は夏の高校野球県大会の
シード権を得られるかどうかの
重要な大会となります。

また、
夏の高校野球県大会の前哨戦としても
知られています。

スポンサードリンク




 

日程

 

春季奈良県高校野球大会の日程は
2017年4月15日~5月14日

その後の春季近畿地区大会の日程は
5月下旬~6月下旬

 

結果

 

 

【結果】

【4月15日】

一条   4-5  香芝
大和広陵 5-2  生駒
平城   2-8  御所実業
大宇陀  5-12 畝傍(7回コールド)
西の京  3-4  郡山

【4月16日】

高取国際 7-6 奈良朱雀
大淀   3-7 橿原学院
奈良高専 2-4 王寺工業

【4月22日】

高田    4-3 香芝
西大和学園 4-8 奈良女子大附
磯城野   0-10 智辯学園(5回コールド)

【4月23日】

添上   5-14 大和広陵(8回コールド)
五條   0-10 御所実(7回コールド)
登美ヶ丘 4-1 高円

【4月29日】

畝傍    6-3 奈良北
高田商業 17-2 十津川(5回コールド)
郡山    3-4 橿原

【4月30日】

法隆寺国際 6-5  奈良(延長10回)
帝塚山   0-14 奈良大附(5回コールド)
関西中央  3-7 高取国際

【5月3日】

橿原学院 9-1  桜井
王寺工業 0-10 天理
合同(青翔、榛生昇陽、二階堂) 11-12 山辺
西和清陵 1-11 奈良情報商業

【5月4日】

高田   6-5 奈良女子大附
智辯学園 7-0 大和広陵
登美ケ丘 2-5 御所実業
畝傍   1-4 高田商業

【5月5日】

橿原学院  13-2 山辺(5回コールド)
奈良情報商業 2-8 天理
法隆寺国際  8-3 橿原
高取国際   1-6 奈良大附

【5月6日】

■準々決勝

高田   0-5 智辯学園
御所実業 0-2 高田商業

【5月7日】

■準々決勝

法隆寺国際 0-9 奈良大附
(7回コールド)

天理    9-0 橿原学院
(8回コールド)
 
 
 

スポンサードリンク




 

展望

 

まずは昨年行われた秋季奈良県大会を
振り返りたいと思います。

 

■決勝

智弁学園 5-4 高田商

■準決勝

橿原学院 3-8 智弁学園
高田商  2-1 高取国際

■準々決勝

高田商  7-0 橿原(7回コールド)
奈良朱雀 0-7 高取国際(8回コールド)
郡山   0-2 橿原学院
奈良大付 3-10智弁学園(8回コールド)

 

秋季奈良県大会を制したのは智弁学園でした。
智弁学園高田商は秋季近畿大会でも
ベスト8に入り、
選抜高校野球大会にも出場しました。

 

今年の奈良県は、
智弁学園が少し抜きん出た存在です。
昨年の選抜高校野球大会で優勝した
メンバーの中から
福元悠真選手と太田英毅選手が
残っているのが大きいです。

打線はかなり強力です。

投手陣も松本竜也投手が本来の力を
発揮しつつあるので、
投手陣も安定してきています。

 

対抗としては、
選抜高校野球大会に出場した高田商
秋季大会では結果が出せなかったものの
評価が高い天理でしょうか。

 

高田商は投手陣は充実、
左腕・古川響輝投手と
右腕・杉田晃一投手の二枚看板で
勝負します。

 

天理は、
本来なら優勝候補の本命と言われても
おかしくない存在です。

神野太樹選手や主将の城下力也選手が
打線の軸になります。

投手陣も左腕・板根佑真投手など
期待の出来る投手がいるので
期待出来ます。

 

そのほかは、
台風の目となりそうなのが、
奈良大付でしょうか。

切れ目のない打線とタイプの異なる投手陣で
勝負するチームですが、
昨年の秋季大会では
1回戦で天理を破ったという
実績もあるチームです。

スポンサードリンク





 - Sports