【高校野球】春季福島県大会 2019 日程・組み合わせ・結果・展望!

      2019/05/18

 

東邦の優勝で幕を閉じた選抜高校野球大会ですが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

 

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とは また違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

ということで、今回は2019年春季福島県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果をまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 
 

日程

【日程】
2019年5月17日(金)~20日(月)
5月24日(金)~26日(日)

抽選会は5月10日(金)
 

福島県大会 結果

 

 
 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補と展望

 

ここからは春季福島県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。

まずは昨秋に行われた秋季福島県大会と秋季東北地区大会の結果を振り返ってみましょう。

 

秋季福島県大会の結果

■決勝

日大東北 2-15 聖光学院

■3位決定戦

学法福島 0-7 福島商(8回コールド)

■準決勝

学法福島 0-6 日大東北

聖光学院 9-5 福島商

■準々決勝

日大東北 1-0 磐城

湯本 4-7 学法福島

東日大昌平 2-10 聖光学院(7回コールド)

学法石川 2-4 福島商

 

秋季東北地区大会の結果

■決勝

盛岡大付(岩手1位)3-5八戸学院光星(青森1位)

■準決勝

盛岡大付(岩手1位)10-0古川(宮城2位)

花巻東(岩手2位)3-7八戸学院光星(青森1位)

■準々決勝

秋田修英(秋田1位)1-3古川(宮城2位)

仙台育英(宮城1位)5-6花巻東(岩手2位)
(延長10回)

盛岡大付(岩手1位)7-0酒田南(山形1位)

羽黒(山形2位)2-3八戸学院光星(青森1位)

■2回戦

秋田修英(秋田1位)9-1大崎中央(宮城3位)
(7回コールド)

仙台育英(宮城1位)10-2福島商(福島3位)
(7回コールド)

古川(宮城2位)4-3弘前東(青森2位)
(延長10回)

花巻東(岩手2位)12-10聖光学院(福島1位)

羽黒(山形2位)14-6横手(秋田2位)

八戸学院光星(青森1位)9-2専大北上(岩手3位)
(8回コールド)

盛岡大付(岩手1位)8-2山形城北(山形3位)

日大東北(福島2位)1-4酒田南(山形1位)
(延長12回)

■1回戦

大崎中央(宮城3位)4-3青森山田(青森3位)

専大北上(岩手3位)6-1秋田商(秋田3位)

 

秋季福島県大会で優勝した聖光学院、準優勝の日大東北、3位の福島商が秋季東北地区大会へ駒を進めました。
3校ともに初戦敗退となりました。
 


スポンサーリンク


 
 

春季福島県大会の優勝候補・展望

やはり全国的にも野球強豪校として知られるが戦力的には抜きん出ている感じがします。
当然、春季福島県大会でも優勝候補の本命となりそうです。

秋季福島県大会で圧倒的な力を見せた聖光学院ですが、秋季東北地区大会の初戦では花巻東に10-12で敗れてしまいました。
ただ、途中までは7点差をつけてリードしていただけに惜しい試合になりました。

今回の聖光学院の戦力は須藤翔投手が投手陣を引っ張ります。
ただ、須藤翔投手に続く投手がいない感じでしょうか。
花巻東でも序盤のリードを守れなかった試合もありましたので、投手陣がやや課題かという印象です。

一方、打撃陣ですが、旧チームからのレギュラーの小室智希選手が残りましたが、レギュラーは総入れ替えになりました。
小室智希選手は打線のキーマンになりますが、4番・岡戸克泰選手も強打者ですし、聖光学院は打撃に力を入れているチームなので打撃陣は強力かと思います。

 

秋季東北地区では初戦敗退となっているので、まず秋季福島県大会で結果を残し春季東北地区大会でリベンジしたいところです。
春季福島県大会の展望としては、王者・聖光学院が予想通りの強さを見せるか、聖光学院を破るチームが現れるか見どころの一つになりそうです。
何が起こるかわからないのが野球なので、最後まで目の離せない大会になりそうです。
  

    
 


スポンサーリンク

 

 

 - Sports