【高校野球】夏の甲子園 2017 東海大菅生 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 

今回は
西東京代表
17年ぶり3回目の出場となる
東海大菅生のメンバーや戦力について
まとめました。

 

東海大菅生について

 

【所在地】あきる野市菅生 1817

【部員数】136人

【監督】若林弘泰

スポンサードリンク




 

 

地方大会の時のメンバー

【名前】松本健吾(3年)

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】179㎝・74㎏

【出身中学】緑野

【名前】鹿倉凜多朗(3年)

【守備】捕手

【投打】右・左

【打率】.200

【身長・体重】175㎝・68㎏

【出身中学】鴨宮(神奈川)

【名前】片山昴星(2年)

【守備】一塁手

【投打】右・左

【打率】.500

【身長・体重】178㎝・76㎏

【出身中学】生麦(神奈川)

【名前】小玉佳吾(3年)

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.286

【身長・体重】181㎝・81㎏

【出身中学】文命(神奈川)

【名前】奥村治(3年)

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.409

【身長・体重】170㎝・72㎏

【出身中学】一柳(愛知)

【名前】田中幹也(2年)

【守備】遊撃手

【投打】右・右

【打率】.500

【身長・体重】166㎝・61㎏

【出身中学】愛川東(神奈川)

【名前】佐藤弘教(3年)

【守備】左翼手

【投打】右・右

【打率】.417

【身長・体重】178㎝・76㎏

【出身中学】前原(千葉)

【名前】牛山千尋(3年)

【守備】中堅手

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】175㎝・72㎏

【出身中学】幸町二(千葉)

【名前】松原惇(3年)

【守備】右翼手

【投打】右・左

【打率】.435

【身長・体重】178㎝・70㎏

【出身中学】富岡(神奈川)

【名前】山内大輔(3年)

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】178㎝・75㎏

【出身中学】布袋(愛知)

【名前】戸田懐生(2年)

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】171㎝・62㎏

【出身中学】高浜・南(愛知)

【名前】伴野匠(2年)

【投打】右・右

【身長・体重】173㎝・68㎏

【出身中学】猪高(愛知)

【名前】猪股寛太(3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】178㎝・78㎏

【出身中学】岩沼西(宮城)

【名前】小山翔輝(1年)

【投打】右・左

【打率】.286

【身長・体重】175㎝・70㎏

【出身中学】萩原

【名前】西川舜悟(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】177㎝・73㎏

【出身中学】伊藤学園

【名前】深津将志(3年)

【投打】右・左

【身長・体重】167㎝・65㎏

【出身中学】下山(愛知)

【名前】上林昌義(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】175㎝・74㎏

【出身中学】土台(埼玉)

【名前】深沢昴雅(2年)

【投打】右・右

【打率】.273

【身長・体重】175㎝・69㎏

【出身中学】大沢(宮城)

 

スポンサードリンク




 

 

戦力分析

 

【地方大会】

東海大菅生 3-2 桐朋

東海大菅生 12-1 昭和一学園
(6回コールド)

東海大菅生 8-1 世田谷学園
(7回コールド)

■準々決勝
東海大菅生 5-0 日大三

■準決勝
東海大菅生 11-8 日大二

■決勝
東海大菅生 6-2 早稲田実

 

【今回の東海大菅生のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   A
報知   A
中日   A
サンケイ A

 

 

【戦力分析】

日大三、早稲田実などの強豪校を次々と破って
17年ぶりに夏の甲子園出場を決めた
東海大菅生。

投手陣は、
投打二刀流の主将 小玉佳吾選手をはじめ
松本健吾投手、
山内大輔投手、
2年生の戸田懐生投手、中尾剛と
140キロ前後の速球を投げ込む
5人の投手をそろえています。

 

松本投手は、
日大三との準々決勝で先発、
8回を投げて被安打3、
無失点に抑えました。

早稲田実との決勝では、
清宮幸太郎選手擁する強力打線を相手に
7安打完投。

主将の小玉選手と田中幹也選手の二遊間コンビは、
ヒット性の当たりをたびたび好捕してアウトに、
投手陣を救ってきました。

打線は、
田中選手、松井惇選手、奥村治選手、
片山昴星選手、佐藤弘教選手ら
打率4割超の強打者がならびます。

一番 田中選手は打率5割と好調で、
相手投手に多く球数を投げさせる
しぶとさも見せます。

日大三、早稲田実という
全国屈指の2強を下し
甲子園出場を決めた東海大菅生は
全国制覇することができるか注目です。

スポンサードリンク




 

 - Sports