【高校野球】夏の甲子園 2017 仙台育英 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

今回は
宮城の代表
2年ぶり26度目の夏の甲子園出場を決めた
仙台育英のメンバーや戦力について
まとめました。

 

仙台育英について

 

【所在地】仙台市宮城野区宮城野 2-4-1

【部員数】119人

【監督】郷古武

 
スポンサードリンク




 

地方大会の時のメンバー

【名前】 長谷川拓帆(3年)

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.385

【身長・体重】178㎝・82㎏

【出身中学】桜(秋田)

【名前】渡部夏史(3年)

【守備】捕手

【投打】右両

【打率】.500

【身長・体重】163㎝・62㎏

【出身中学】秀光中等

【名前】前田颯太 (3年)

【守備】一塁手

【投打】右・右

【打率】.100

【身長・体重】185㎝・84㎏

【出身中学】大沢

【名前】斎藤育輝(3年)

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.125

【身長・体重】165㎝・64㎏

【出身中学】秀光中等

【名前】鈴木佳祐(2年)

【守備】三塁手

【投打】右・左

【打率】.333

【身長・体重】165㎝・63㎏

【出身中学】秀光中等

【名前】西巻賢二(3年) 主将

【守備】遊撃手

【投打】右・右

【打率】.304

【身長・体重】168㎝・73㎏

【出身中学】秀光中等

【名前】山田利輝(3年)

【守備】左翼手

【投打】右・右

【打率】.444

【身長・体重】176㎝・70㎏

【出身中学】南吉成

【名前】佐川光明(3年)

【守備】中堅手

【投打】左・左

【打率】.304

【身長・体重】170㎝・74㎏

【出身中学】いわき・泉(福島)

【名前】 杉山拓海(3年)

【守備】右翼手

【投打】右・右

【打率】.292

【身長・体重】175㎝・77㎏

【出身中学】秀光中等

【名前】加藤雅己(3年)

【守備】投手

【投打】右・右

【身長・体重】176㎝・79㎏

【出身中学】将監東

【名前】佐藤令央 (3年)

【投打】右・右

【打率】.250

【身長・体重】177㎝・78㎏

【出身中学】秀光中等

【名前】尾崎拓海(3年)

【投打】右・右

【打率】.500

【身長・体重】178㎝・75㎏

【出身中学】保谷(東京)

【名前】 高橋愛斗(3年)

【投打】左・左

【打率】.000

【身長・体重】181㎝・84㎏

【出身中学】玉浦

【名前】西村和真(3年)

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】174㎝・75㎏

【出身中学】苦楽園(兵庫)

【名前】若山壮樹(3年)

【投打】右・左

【打率】.273

【身長・体重】172㎝・68㎏

【出身中学】大沢

【名前】馬目郁也(3年)

【投打】右・左

【打率】.250

【身長・体重】168㎝・66㎏

【出身中学】磐崎(福島)

【名前】小川拓馬(3年)

【投打】右・左

【打率】1.000

【身長・体重】165㎝・62㎏

【出身中学】大野(神奈川)

【名前】船木颯真(3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】170㎝・63㎏

【出身中学】郡山

【名前】穂積悠太(3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】175㎝・75㎏

【出身中学】秀光中等

【名前】阿部大夢(2年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】165㎝・65㎏

【出身中学】秀光中等

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

仙台育英 12-3 築館
(7回コールド)

仙台育英 5-1 仙台一

仙台育英 11-0 小牛田農林
(5回コールド)

■準々決勝
仙台育英 8-4 黒川

■準決勝
仙台育英 2-2 東陵
(延長15回 引き分け 再試合)

仙台育英 5-1 東陵

■決勝
仙台育英 7-2 東北

 

【今回の仙台育英のスポーツ紙の評価

※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   B
報知   B
中日   A
サンケイ A

 

 

【戦力分析】

延長15回 引き分け再試合となった
準決勝は、
5-1で東陵を破り
決勝では昨夏代表の東北を
7-2で下し
2年ぶり26度目の夏の甲子園出場を決めた仙台育英。

今春の選抜にも出場しており、
個々の能力なら県ナンバーワンといえます。

宮城大会では
エース左腕
長谷川拓帆投手が、
140キロ超えの直球を武器に
力強い投球を見せましたが
6試合で35回2/3を投げ四死球19と
やや制球に不安を残し
西巻賢二選手を、佐川光明選手への継投で
逃げ切るパターンが多かったです。

 

西巻選手から始まる攻撃陣は、
振りの強さが光る
打率 4割超の三番 山田利輝選手、
四番 佐川選手、
そして、
この冬に打撃が急成長した杉山拓海選手など
好調な選手が並びます。

過去2度の準優勝を誇る仙台育英、
この夏は
どこまで勝ち進むことができるか注目です。
 

スポンサードリンク




 

 - Sports