【高校野球】夏の甲子園 2017 明豊 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

今回は
大分の代表
明豊のメンバーや戦力について
まとめました。

 

明豊について

 

【所在地】別府市野口原

【部員数】83人

【監督】川崎絢平

 

スポンサードリンク




 

 

地方大会の時のメンバー

【名前】橋詰開斗(3年)

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】170cm・70㎏

【出身中学】今津(大阪)

【名前】吉村建人(3年)

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.500

【身長・体重】171cm・75㎏

【出身中学】夕陽丘(大阪)

【名前】伊藤匠(3年)

【守備】一塁手

【投打】右・左

【打率】.250

【身長・体重】167cm・70㎏

【出身中学】松戸六(千葉)

【名前】琉尚矢(3年)

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.438

【身長・体重】172cm・73㎏

【出身中学】白鳳(奈良)

【名前】本多真也(3年)

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.267

【身長・体重】172cm・74㎏

【出身中学】宇佐・北部

【名前】三村鷹人(3年) 主将

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.667

【身長・体重】165cm・62㎏

【出身中学】明豊

【名前】杉園大樹(3年)

【守備】左翼手

【投打】右・右

【打率】.353

【身長・体重】176cm・79㎏

【出身中学】中津

【名前】管大和(2年)

【守備】中堅手

【投打】右・左

【打率】.462

【身長・体重】168cm・62㎏

【出身中学】東雲

【名前】佐藤祐貴(3年)

【守備】右翼手

【投打】右・右

【打率】.357

【身長・体重】165cm・71㎏

【出身中学】原川

【名前】佐藤楓馬(3年)

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.500

【身長・体重】170cm・70㎏

【出身中学】明豊

【名前】三浦竜成(3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】171cm・68㎏

【出身中学】吉野

【名前】尾田智哉(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】172cm・65㎏

【出身中学】厚狭(山口)

【名前】三好泰成(3年)

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】177cm・78㎏

【出身中学】温品(広島)

【名前】松谷尚斗(3年)

【投打】右・右

【打率】1.000

【身長・体重】173cm・70㎏

【出身中学】楠見(和歌山)

【名前】松野航希(3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】170cm・65㎏

【出身中学】八木(奈良)

【名前】稲木亮太(3年)

【投打】右・左

【打率】.500

【身長・体重】168cm・65㎏

【出身中学】春木(大阪)

【名前】浜田太貴(2年)

【投打】右・右

【打率】.389

【身長・体重】173cm・72㎏

【出身中学】沖田(福岡)

【名前】溝上勇(3年)

【投打】右・右

【打率】1.000

【身長・体重】172cm・62㎏

【出身中学】喜志(大阪)

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

明豊 11-2 大分鶴崎
(7回コールド)

明豊 12-1 佐伯鶴城
(5回コールド)

■準々決勝
明豊 10-1 中津南
(7回コールド)

■準決勝
明豊 13-3 大分舞鶴
(6回コールド)

■決勝
明豊 7-0 大分商

 

【今回の明豊のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   B
報知   C
中日   B
サンケイ B

 

【戦力分析】

準決勝までの4試合を
コールドで勝ち抜き
2年ぶり6回目の出場を決めた明豊。

右横手投げのエース 橋詰開斗投手は、
浮き上がるような独特の球筋が持ち味、
川崎監督の温存策で準決勝まで一度も先発せず
2イニングしか登板しませんでしたが
決勝では被安打3に抑え完封しています。

チーム打率.423と好調の打線、
選球眼の良さもあり
ボール球は降らないという意識が徹底しています。

打線の中心は、
2年前の夏の甲子園にも五番として出場した
四番 杉園大樹選手。

大分大会では6安打のうち4本が本塁打と絶好調、

主将の三村鷹人選手は
一番を任されることが多く出塁率も高い、
打率は6割超と大活躍。

初戦は初出場の坂井(福井)と対戦する明豊、
どこまで勝ち進むことができるか注目です。

スポンサードリンク




 

 - Sports