【高校野球】夏の甲子園 2017 青森山田 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 

今回は
青森の代表校
8年ぶり11回出場の
青森山田のメンバーや戦力について
まとめました。

 

 

青森山田について

【所在地】青森市青葉3-13-40

【部員数】94人

【監督】兜森崇朗

 

 

スポンサードリンク





 

地方大会の時のメンバー

【名前】三上世視滝(3年)

【背番号】1

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.000

【身長・体重】170㎝・68kg

【出身中学】木造

【名前】福原朱理(3年)

【背番号】2

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.579

【身長・体重】175㎝・81㎏

【出身中学】田舎館

【名前】赤平竜太(2ねん)

【背番号】3

【守備】一塁手

【投打】右・右

【打率】.316

【身長・体重】176㎝・77㎏

【出身中学】浦町

【名前】相坂大真(3年)

【背番号】4

【守備】二塁手

【投打】右・左

【打率】.421

【身長・体重】172㎝・70㎏

【出身中学】横内

【名前】斉藤孔明(3年)

【背番号】5

【守備】三塁手

【投打】右・左

【打率】.375

【身長・体重】170㎝・70kg

【出身中学】青森山田

【名前】工藤飛馬(3年)

【背番号】6

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.529

【身長・体重】167㎝・70㎏

【出身中学】東英

【名前】中沢樹希也(2年)

【背番号】7

【守備】左翼手

【投打】右・右

【打率】.267

【身長・体重】170㎝・78㎏

【出身中学】青森山田

【名前】阿部健大(3年)

【背番号】8

【守備】中堅手

【投打】右・左

【打率】.429

【身長・体重】175㎝.81㎏

【出身中学】造道

【名前】白鳥航大(2年)

【背番号】9

【守備】右翼手

【投打】右・左

【打率】.417

【身長・体重】176m・70㎏

【出身中学】青森山田

【名前】斉藤勇太(3年)

【背番号】10

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】178㎝・80㎏

【出身中学】弘前学院聖愛

【名前】三浦慶真(3年)

【背番号】11

【投打】右・右

【身長・体重】175㎝・70㎏

【出身中学】浦町

【名前】蟹沢智毅(3年)

【背番号】12

【投打】右・左

【打率】
.000

【身長・体重】
170㎝・76㎏

【出身中学】
小田(神奈川)

【名前】川崎利晃(3年)

【背番号】13

【投打】左・左

【打率】.000

【身長・体重】173㎝・80㎏

【出身中学】那珂湊

【名前】

【背番号】

【守備】

【投打】

【打率】

【身長・体重】

【出身中学】

【名前】

【背番号】

【守備】

【投打】

【打率】

【身長・体重】

【出身中学】

【名前】

【背番号】

【守備】

【投打】

【打率】

【身長・体重】

【出身中学】

【名前】

【背番号】

【守備】

【投打】

【打率】

【身長・体重】

【出身中学】

【名前】

【背番号】

【守備】

【投打】

【打率】

【身長・体重】

【出身中学】

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

青森山田といえば、
手配ミスで
新調したユニフォームが届かず
甲子園練習に間に合わないため
昨春センバツ出場時のユニフォームで練習…という
前代未聞の珍事がありましたね。

そんな青森山田の戦力分析を
してみました。

【地方大会】

青森山田 11-0 浪岡
(5回コールド)

青森山田 5-1 黒石商

青森山田 9-1 東奥義塾

青森山田 5-3 八戸工大一

青森山田 5-3 八戸学院光星

 

 

【今回の青森山田のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   B
報知   B
デイリー B
中日   B
サンケイ B

 

 

【戦力分析】

青森大会 5試合で35得点と
自慢の打力で夏の甲子園出場を果たした
青森山田。

投手陣は170センチのエース左腕
三上世視滝投手が軸、
主に抑えに回った三上投手は
22回を投げて16奪三振と活躍。

打線は
上位から中軸まで
打率4割を超える強打者が
多く揃っています。

2009年以来8年ぶりの夏の甲子園で
どこまで勝ち進むことができるか注目です。

スポンサードリンク




 

 - Sports