【高校野球】夏の甲子園 2017 秀岳館 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は
熊本の代表校
2年連続3回目の出場となる
秀岳館のメンバーや戦力について
まとめました。
 

秀岳館について

 

【所在地】八代市興国町 1-5

【部員数】100人

【監督】鍛治舎巧

スポンサードリンク




 

地方大会の時のメンバー

【名前】田浦文丸 (3年)

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.200

【身長・体重】170㎝・75㎏

【出身中学】平野(福岡)

【名前】幸地竜弥 (3年)

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.400

【身長・体重】182㎝・80㎏

【出身中学】玉城(沖縄)

【名前】木本凌雅(3年)

【守備】一塁手

【投打】右・右

【打率】.476

【身長・体重】180㎝・80㎏

【出身中学】嵯峨(京都)

【名前】渡辺瑠維 (2年)

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.176

【身長・体重】177㎝・74㎏

【出身中学】福浜(岡山)

【名前】広部就平(3年) 主将

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.300

【身長・体重】171㎝・83㎏

【出身中学】北宇治(京都)

【名前】半情冬馬(3年)

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.278

【身長・体重】175㎝・75㎏

【出身中学】直方三(福岡)

【名前】 石井卓弥(3年)

【守備】左翼手

【投打】右・左

【打率】.313

【身長・体重】180㎝・78㎏

【出身中学】神原(沖縄)

【名前】竹輪涼介(3年)

【守備】中堅手

【投打】右・左

【打率】.762

【身長・体重】168㎝・68㎏

【出身中学】武雄(佐賀)

【名前】山下竜哉(2年)

【守備】右翼手

【投打】右・右

【打率】.294

【身長・体重】180㎝・78㎏

【出身中学】大野東(福岡)

【名前】川端健斗(3年)

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.125

【身長・体重】175㎝・70㎏

【出身中学】木津(京都)

【名前】中西凌介(3年)

【投打】左・左

【身長・体重】181㎝・72㎏

【出身中学】城東(大阪)

【名前】西村思努(3年)

【投打】左・左

【身長・体重】170㎝・70㎏

【出身中学】男山(京都)

【名前】 吉安雄飛 (3年)

【投打】右・左

【打率】.333

【身長・体重】182㎝・99㎏

【出身中学】港南(大阪)

【名前】加治屋匡人(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】171㎝・68㎏

【出身中学】交野三(大阪)

【名前】橋口将崇(2年)

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】172㎝・78㎏

【出身中学】宇美東(福岡)

【名前】橋本大輝(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】178㎝・76㎏

【出身中学】八代一

【名前】持丸紘亮 (3年)

【投打】右・右

【身長・体重】168㎝・60㎏

【出身中学】唐津一(佐賀)

【名前】平山陸登 (2年)

【投打】右・右

【身長・体重】177㎝・77㎏

【出身中学】鬼塚(佐賀)

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

秀岳館 4-2 千原台

秀岳館 8-0 熊本農
(8回コールド)

■準々決勝
秀岳館 9-4 熊本国府

■準決勝
秀岳館 7-0 八代
(8回コールド)

■決勝
秀岳館 3-1 九州学院

 

 

 

【今回の秀岳館のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ  特A
日刊     A
報知     A
中日     A
サンケイ   A

 

 

【戦力分析】

春夏4季連続とぶっちぎりの強さで
甲子園出場を決めた秀岳館は
優勝候補の一角として期待されています。

投手陣は、
選抜で圧巻の投球を見せた
最速148キロの川端健斗投手と、
最速144キロの田浦文丸投手という
全国屈指の両左腕が好投。

熊本大会全試合で先発した
川端投手は28回2/3を投げ37奪三振、
今大会、救援に徹した田浦投手は、
落ち着いたマウンドさばきで14回1/3を
無失点に抑えました。

甲子園常連の木本凌雅選手と
広部就平選手、
大舞台に強い幸地竜弥選手に
山下竜哉選手らスタメンに名を連ねる打者は
すべてが一級品。

そして、
強力打線の起爆剤として期待されているのが
5試合で21打数16安打、打率.762の
一番 竹輪涼介選手、
準々決勝、準決勝は全打席で出塁しています。

秀岳館と言えば、
熊本大会の準々決勝翌日に
鍛治舎監督が体調不良で入院、
選手らは
監督を甲子園に連れていくという思いを胸に
準決勝と決勝に挑み
見事、
代表の座をつかみ取りました。

春夏4季連続出場となる甲子園で
この夏、日本一を目指す秀岳館、
初戦は、
横浜との実力校同士の対決です。

 

スポンサードリンク




 

 - Sports