【高校野球】夏の甲子園 2017 山梨学院 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は
2年連続7回目の出場を決めた
山梨学院のメンバーや戦力について
まとめました。
 

 

山梨学院について

 

【所在地】甲府市酒折3-3-1

【部員数】66人

【監督】吉田洸二

2013年に就任した吉田監督は、
清峰(長崎)時に
春夏の甲子園に5回出場。
2009年の選抜では優勝。

 
スポンサードリンク





 

地方大会の時のメンバー

【名前】 吉松塁 (3年)

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.600

【身長・体重】178㎝・78㎏

【出身中学】日の出(千葉)

【名前】五十嵐寛人(3年)

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.313

【身長・体重】178㎝・83㎏

【出身中学】習志野台(千葉)

【名前】栗尾勇摩(3年) 主将

【守備】一塁手

【投打】右・右

【打率】.375

【身長・体重】185㎝・82㎏

【出身中学】熊毛(山口)

【名前】小林侃汰(3年)

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.263

【身長・体重】175㎝・82㎏

【出身中学】新座五(埼玉)

【名前】清水玄司(3年)

【守備】三塁手

【投打】右・左

【打率】.400

【身長・体重】177㎝・73㎏

【出身中学】高根

【名前】広瀬巧真 (3年)

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.467

【身長・体重】174㎝・69㎏

【出身中学】塩山

【名前】中尾勇介(2年)

【守備】左翼手

【投打】右・右

【打率】.286

【身長・体重】175㎝・78㎏

【出身中学】南千里(大阪)

【名前】松尾孝太(3年)

【守備】中堅手

【投打】左・左

【打率】.600

【身長・体重】174㎝・72㎏

【出身中学】崎辺(長崎)

【名前】丹沢海輝(3年)

【守備】右翼手

【投打】右・右

【打率】.235

【身長・体重】179㎝・76㎏

【出身中学】高津(神奈川)

【名前】石井友樹(3年)

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.125

【身長・体重】173㎝・68㎏

【出身中学】中野島(神奈川)

【名前】宮内大河(3年)

【投打】左・左

【身長・体重】180㎝・75㎏

【出身中学】平(神奈川)

【名前】山本瑞基(3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】181㎝・86㎏

【出身中学】道明寺(大阪)

【名前】相沢利俊(1年)

【投打】左・右

【打率】1.000

【身長・体重】175㎝・72㎏

【出身中学】玉幡(山梨)

【名前】佐藤颯(3年)

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】173㎝・72㎏

【出身中学】東桂

【名前】村田海斗(3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】163㎝・62㎏

【出身中学】金子(埼玉)

【名前】勝又功徳(3年)

【投打】右・左

【身長・体重】180㎝・82㎏

【出身中学】明見

【名前】関口俊哉(3年)

【投打】右・左

【打率】.750

【身長・体重】169㎝・69㎏

【出身中学】明治(栃木)

【名前】垣越建伸(2年)

【投打】左・左

【身長・体重】182㎝・92㎏

【出身中学】中山(岐阜)

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

山梨学院 13-4 甲府南
(7回コールド)

山梨学院 3-1 日大明誠

■準々決勝
山梨学院 5-4 甲府工

■準決勝
山梨学院 4-2 日本航空

■決勝
山梨学院 14-3 東海大甲府

 

 

【今回の山梨学院のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ  B
日刊    B
報知    B
中日    C
サンケイ  B

 

 

【戦力分析】

昨夏から昨秋、今春、今夏と、
4期連続で山梨県を制し
県内公式戦20戦負けなしの山梨学院。

昨夏の甲子園でベンチ入りした3年生が
7人おり、
前評判でも頭一つ抜けていました。

 

投手陣から見ていくと、
甲子園経験者の
最速140キロ エース左腕 吉松塁投手や、
最速143キロを誇る長身右腕 栗尾勇摩投手、
今春4試合で先発した右横手の石井友樹選手ら
実力者ぞろいです。

吉松投手は、
準決勝まで調子がでませんでしたが、
決勝では先発し完投、
10三振を奪う活躍を見せ、
日大明誠戦で先発した石井投手は、
7回まで無安打無四球の好投をみせました。

一方、
最大の武器であった打力は
山梨大会では鳴りを潜めていましたが、
抜群の野球センスを誇る
広瀬巧真選手は決勝で5打数4安打4点、
打率.467の活躍、
そして、
松尾孝太選手が、
打率.600とチームをけん引しました。

山梨学院は、
抜群の投手力で
どこまで勝ち進むことができるか注目です。

 

スポンサードリンク




 

 - Sports