【高校野球】夏の甲子園 2017 津田学園 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は
三重大会で悲願の初優勝をつかんだ
津田学園のメンバーや戦力について
まとめました。
 
 

津田学園について

 

【所在地】桑名市野田 5-3-12

【部員数】67人

【監督】佐川竜朗
 

スポンサードリンク




 

 

地方大会の時のメンバー

【名前】水谷翼(3年) 主将

【背番号】1

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.500

【身長・体重】182㎝・88㎏

【出身中学】陵成

【名前】久保田拓真(3年)

【背番号】2

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.400

【身長・体重】183㎝・78㎏

【出身中学】鷹取(兵庫)

【名前】上下大地(2年)

【背番号】3

【守備】一塁手

【投打】右・右

【打率】.435

【身長・体重】184㎝・88㎏

【出身中学】三方(福井)

【名前】宮木滉生(2年)

【背番号】4

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.667

【身長・体重】170㎝・66㎏

【出身中学】藤原

【名前】仲林泰生(2年)

【背番号】5

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.304

【身長・体重】170㎝・80㎏

【出身中学】南島

【名前】中島貴良(2年)

【背番号】6

【守備】遊撃手

【投打】右・右

【打率】.545

【身長・体重】166㎝・64㎏

【出身中学】友が丘(兵庫)

【名前】藤井久大(1年)

【背番号】7

【守備】左翼手

【投打】左・左

【打率】.263

【身長・体重】167m・64㎏

【出身中学】二見(兵庫)

【名前】菊池翔矢(3年)

【背番号】右・左

【守備】中堅手

【投打】右・左

【打率】.429

【身長・体重】174㎝・67㎏

【出身中学】正和

【名前】間道永吉(3年)

【背番号】9

【守備】右翼手

【投打】右・右

【打率】.222

【身長・体重】178㎝・78㎏

【出身中学】度会

【名前】広井秀哉(3年)

【背番号】10

【守備】投手

【投打】右・右

【身長・体重】168㎝・71㎏

【出身中学】八風

【名前】河村信吾(2年)

【背番号】1

【投打】左・左

【身長・体重】174㎝・69㎏

【出身中学】三方(福井)

【名前】内田蓮(3年)

【背番号】12

【投打】右・右

【身長・体重】169㎝・74㎏

【出身中学】尾鷲

【名前】石川竜也(3年)

【背番号】13

【投打】右・右

【身長・体重】175㎝・80㎏

【出身中学】川越

【名前】前川夏輝(1年)

【背番号】14

【投打】右・右

【打率】1.000

【身長・体重】178m・74㎏

【出身中学】一身田

【名前】石川史門(1年)

【背番号】15

【投打】右・左

【打率】1.000

【身長・体重】186㎝・75㎏

【出身中学】東員一

【名前】稲垣宏汰(2年)

【背番号】16

【投打】右・右

【身長・体重】166㎝・66㎏

【出身中学】多度

【名前】中村太一

【背番号】17

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】168㎝・78㎏

【出身中学】光風

【名前】若林潤(3年)

【背番号】18

【投打】左・左

【打率】.500

【身長・体重】166㎝・65㎏

【出身中学】光風

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

津田学園 6-1 久居

津田学園 11-0 桑名西
(5回コールド)

津田学園 7-0 紀南
(7回コールド)

■準々決勝
津田学園 10-1 四日市南
(7回コールド)

■準決勝
津田学園 10-3 菰野
(7回コールド)

■決勝
津田学園 4-3 三重

 

 

【今回の津田学園のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   C
報知   B
中日   B
サンケイ B

 

 

【戦力分析】

津田学園は
昨年からマウンドを経験している
最速140キロ エース 水谷翼投手と、
久保田拓真捕手のバッテリーのほか、
下級生にも好素材が多いです。

チーム打率 .420と好調の打線は、
四番 上下大地選手や、
宮木滉生選手、
中島貴良選手ら2年生が躍動、
六番 久保田選手も勝負強さを発揮しました。

 

三重の優勝候補 といわれていた
菰野との準決勝では、
ハイレベルな投手陣を序盤で攻略し
3回に一挙8得点を奪い7回コールド勝ち。

三重との決勝では
上下選手が3打点の活躍を見せ
水谷投手と変則左腕 若林投手の継投で
三重の強力打線を抑えました。

飛躍的成長を遂げ初舞台に臨む
津田学園にも注目です。

 

スポンサードリンク




 

 - Sports