【高校野球】夏の甲子園 2017 東筑 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

 

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は
九州王者 福岡大大濠などの強豪校を破り
21年ぶり6回目の出場を決めた
東筑のメンバーや戦力について
まとめました。
 
 

東筑について

 

福岡県立東筑高等学校

【所在地】北九州市八幡西区東筑 1-1-1

【部員数】63人

【監督】青野浩彦

 
スポンサードリンク




 

地方大会の時のメンバー

【名前】石田旭昇(2年)

【背番号】1

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.176

【身長・体重】173㎝・67㎏

【出身中学】鞍手

【名前】北村謙介(2年)

【背番号】2

【守備】捕手

【投打】右・左

【打率】.250

【身長・体重】177㎝・78㎏

【出身中学】福間東

【名前】水上尚(3年)

【背番号】3

【守備】一塁手

【投打】左・左

【打率】.407

【身長・体重】181㎝・86㎏

【出身中学】折尾

【名前】田中将悟(2年)

【背番号】4

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.188

【身長・体重】173㎝・74㎏

【出身中学】永犬丸

【名前】坂口慶太(3年)

【背番号】5

【守備】三塁手

【投打】右・左

【打率】.318

【身長・体重】182㎝・79㎏

【出身中学】沖田

【名前】安部滉平(3年) 主将

【背番号】6

【守備】遊撃手

【投打】右・右

【打率】.400

【身長・体重】173㎝・75㎏

【出身中学】遠賀

【名前】盛田秀(3年)

【背番号】7

【守備】左翼手

【投打】右・右

【打率】.269

【身長・体重】178㎝・71㎏

【出身中学】鞍手北

【名前】阿部泰晟(2年)

【背番号】8

【守備】中堅手

【投打】左・左

【打率】.375

【身長・体重】170㎝・63㎏

【出身中学】上津役

【名前】菊池聡太(2年)

【背番号】9

【守備】右翼手

【投打】右・右

【打率】.280

【身長・体重】176㎝・69㎏

【出身中学】浅川

【名前】山本悠可(3年)

【背番号】10

【投打】右・右

【身長・体重】181㎝・77㎏

【出身中学】宮若東

【名前】小田貴一(3年)

【背番号】11

【投打】右・右

【打率】.167

【身長・体重】167㎝・67㎏

【出身中学】福間東

【名前】野口晧生(2年)

【背番号】12

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】171㎝・79㎏

【出身中学】枝光台

【名前】石橋和希(3年)

【背番号】13

【投打】右・左

【身長・体重】172㎝・72㎏

【出身中学】福間

【名前】別府洸太朗(3年)

【背番号】14

【投打】右・左

【打率】.286

【身長・体重】174㎝・72㎏

【出身中学】飯塚一

【名前】山田航(3年)

【背番号】15

【投打】左・左

【打率】.333

【身長・体重】171㎝・72㎏

【出身中学】水巻南

【名前】竹下瑞貴(3年)

【背番号】16

【投打】右・右

【身長・体重】179㎝.71㎏

【出身中学】則松

【名前】升田由太郎

【背番号】17

【投打】右左

【身長・体重】191㎝・78㎏

【出身中学】浅川

【名前】新開飛雅(3年)

【背番号】18

【投打】右・右

【身長・体重】173㎝・73kg

【出身中学】引野

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

東筑 9-1 大和青藍
(7回コールド)

東筑 4-1 戸畑

東筑 5-3 八幡工

東筑 1-0 九州大九州

■準々決勝
東筑 4-3 福岡工大城東

■準決勝
東筑 7-3 西日本短大付

■決勝
東筑 3-1 福岡大大濠
 

 

【今回の東筑のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   B
報知   B
中日   B
サンケイ B

 

 

【戦力分析】

 

名だたる強豪を次々と倒し
決勝では選抜8強の福岡大大濠を破り
1996年以来、
21年ぶりの甲子園出場を決めた東筑。

正直ノ-マークでした…。

さて、
東筑といえば、
話題になっているのが
”石田伝説”。

過去5度出場した夏の甲子園出場のうち
3度は
エースの名が石田姓だったそうです。

そして、
今夏 活躍した2年生エースも石田くん。

最速137キロ
右横手投げの石田旭昇投手は、
スライダーやシュートを織り交ぜ
ツーシームやチェンジアップで打者の芯を外し
打たせて取るスタイルで
福岡県大会7試合 計836球を
すべて一人で投げきりました。

石田投手は、
1年秋からベンチ入り、
5月下旬に行われた
日大三との招待試合で完封し、
エースの座をつかみました。

入学後に”伝説”を聞いたという
石田投手は、
周りのOBから期待され
プレッシャーだったようです。

伝説については
考えないようにしていたそうですが、
今回、
その期待に応えることができて
大きな自信になったことでしょう。

 

一方、
打線は、
四番の水上尚選手が打率.407と好調。

また、
決勝で本塁打を放った
五番 盛田秀選手や
準々決勝で逆転本塁打を放った坂口慶太選手などが
勝負強さを発揮、
試合を重ねるごとに打線の勢いは増し
7試合中、4試合で逆転劇がありました。

 

福岡大会で
優勝候補筆頭の福岡大大濠を破り、
6年ぶりの甲子園出場を決めた東筑、
スポーツ紙の評価は
けっして高くありませんが、
かなり楽しみな存在です。

 

スポンサードリンク




 

 - Sports