【高校野球】夏の甲子園 2017 済美 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

 

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は
愛媛県の代表
4年ぶり5回目の出場を決めた
済美のメンバーや戦力について
まとめました。
 

済美について

 
【所在地】松山市湊町7-9-1

【部員数】47

【監督】中矢太

 

スポンサードリンク




 

 

地方大会の時のメンバー

【名前】八塚凌二(3年)

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.450

【身長・体重】175㎝・77㎏

【出身中学】新居浜・南

【名前】橋本圭介(3年)

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.313

【身長・体重】174㎝・82㎏

【出身中学】松山・南

【名前】宇都宮佑弥(3年)

【守備】一塁手

【投打】右・右

【打率】.348

【身長・体重】163㎝・90㎏

【出身中学】勝山

【名前】脇田怜和(3年)

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】170㎝・70㎏

【出身中学】西宇治(京都)

【名前】亀岡京平(3年)

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.550

【身長・体重】172㎝・87㎏

【出身中学】港南

【名前】矢野功一郎

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.400

【身長・体重】171㎝・63㎏

【出身中学】今治・南

【名前】吉岡秀太朗

【守備】左翼手

【投打】右・右

【打率】.421

【身長・体重】179㎝・82㎏

【出身中学】垣生

【名前】渡辺大誠(3年)

【守備】中堅手

【投打】右・左

【打率】.350

【身長・体重】178㎝・70kg

【出身中学】桜井

【名前】白石晃大(3年)

【守備】右翼手

【投打】左・左

【打率】.364

【身長・体重】176㎝・74㎏

【出身中学】松山・南

【名前】影山尭紀(3年)

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.600

【身長・体重】173㎝・77㎏

【出身中学】宇和海

【名前】栗田智輝(3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】174㎝・68㎏

【出身中学】平戸(神奈川)

【名前】政吉完哉(2年)

【投打】右・右

【身長・体重】167㎝・62㎏

【出身中学】片塩(奈良)

【名前】篠浦颯斗(3年)

【投打】右・右

【打率】1.000

【身長・体重】177㎝・77㎏

【出身中学】桑原(愛媛)

【名前】伊藤駿吾(2年)

【投打】右・右

【打率】.250

【身長・体重】171㎝・67㎏

【出身中学】井口(広島)

【名前】池内優一(2年)

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】180㎝・81㎏

【出身中学】内宮

【名前】井上悠平(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】164㎝・63㎏

【出身中学】山王(神奈川)

【名前】須賀晧稀(3年)

【投打】右・左

【身長・体重】163㎝・62㎏

【出身中学】内宮

【名前】中村琉星(3年)

【投打】右・左

【身長・体重】170㎝・70㎏

【出身中学】吹田一(大阪)

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 
【地方大会】
 
済美 8-5 新田

済美 8-4 松山中央

■準々決勝
済美 7-0 大洲
(7回コールド)

■準決勝
済美 5-2 松山聖陵

■決勝
済美 10-3 帝京五
 
 
【今回の済美 スポーツ紙の評価】
 
※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   B
報知   B
中日   B
サンケイ B

 

 

【戦力分析】
 
戦力が充実している済美は、
今年の愛媛大会では
チーム打率.400と好調。

今春の選抜大会に出場した帝京五と
決勝で対戦、
その強力打線で20安打10得点と圧倒し
4年ぶり5回目の夏の甲子園出場を決めました。

 

投手陣は
エースで四番、主将の八塚凌二投手と
左腕 影山尭紀投手の2人が中心。

140キロほどの球威ある直球を丁寧に制球し
スライダーやチェンジアップなどの変化球にも
キレがある八塚投手は、
愛媛大会では
初戦で5点を失いましたが
松山聖陵との準決勝では無四死球で完投しました。

 

また、
テンポのよい投球が持ち味の影山投手は
準々決勝で先発し2試合で救援。

大洲との対戦では
6回を被安打2と好投し、
安定感があります。

4年ぶりの甲子園で
どこまで勝ち進むことができるか
楽しみです。

スポンサードリンク




 

 - Sports