【高校野球】夏の甲子園 2017 日大山形 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

 

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は
4年ぶり17回目の出場となる
日大山形のメンバーや戦力について
まとめました。
 

日大山形について

 

【所在地】山形市鳥居ヶ丘 4-55

【部員数】84人

【監督】荒木準也
 
スポンサードリンク





 

地方大会の時のメンバー

【名前】森田南々斗(3年)

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.143

【身長・体重】172㎝・60㎏

【出身中学】天童一

【名前】舟生大地(3年) 主将

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.391

【身長・体重】181㎝・83㎏

【出身中学】真室河

【名前】近藤大成(3年)

【守備】一塁手

【投打】右・左

【打率】.471

【身長・体重】174㎝・77㎏

【出身中学】高畠一

【名前】斎藤史弥(2年)

【守備】二塁手

【投打】右・左

【打率】.368

【身長・体重】175㎝・68㎏

【出身中学】鶴岡四

【名前】板坂拓海(3年)

【守備】三塁手

【投打】右・左

【打率】.400

【身長・体重】168㎝・64㎏

【出身中学】陵東

【名前】鹿野佑太(3年)

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.368

【身長・体重】183㎝・74㎏

【出身中学】山形四

【名前】後藤裕弥(3年)

【守備】左翼手

【投打】右・左

【打率】.526

【身長・体重】168㎝・64㎏

【出身中学】成田(宮城)

【名前】鈴木琉生(3年)

【守備】中堅手

【投打】左・左

【打率】.381

【身長・体重】183㎝・84㎏

【出身中学】山辺

【名前】石川陸貢 (3年)

【守備】右翼手

【投打】右・左

【打率】.545

【身長・体重】164㎝・70㎏

【出身中学】真栄(北海道)

【名前】近藤晧介(2年)

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.000

【身長・体重】173㎝・87㎏

【出身中学】象潟(秋田)

【名前】沼沢拓実(3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】176㎝・80㎏

【出身中学】高畠三

【名前】信田拓人(2年)

【投打】右・右

【身長・体重】168㎝・80㎏

【出身中学】中山

【名前】斎藤好誠(3年)

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】179㎝・85㎏

【出身中学】高畠一

【名前】中西翔(3年)

【投打】左・左

【打率】.000

【身長・体重】169㎝・67㎏

【出身中学】駿台学園(東京)

【名前】深瀬頌太 (3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】170㎝・63㎏

【出身中学】神町

【名前】手塚隆之輔(3年)

【投打】右・左

【打率】.1000

【身長・体重】173㎝・65㎏

【出身中学】長井南

【名前】沼沢大輔 (3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】184㎝・75㎏

【出身中学】舟形

【名前】武田辰海(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】165㎝・65㎏

【出身中学】天童一

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

日大山形 8-3 山形電波

日大山形 7-0 寒河江工
(8回コールド)

■準々決勝
日大山形 5-1 山形南

■準決勝
日大山形 5-4 酒田南

■決勝
日大山形 16-3 山形中央

 

 

【今回の日大山形のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   C
報知   C
中日   B
サンケイ B

 

 

【戦力分析】
 

山形大会で
頭一つ抜けている状況だったのが
秋春王者の日大山形。

投手陣は4人の投手が安定した投球を
見せていました。

エースの森田南々斗投手は172㎝・60キロと
細身だがコーナーに投げ分ける
制球力を武器に今春の公式戦で頭角を現し
山形大会でも20回近くを投げて計6失点に抑え、
決勝では12奪三振と好投。

控えの中西翔投手はキレのある直球が持ち味、
力強い直球が武器の沼沢拓実投手や
130キロ台の直球のキレで勝負する2年生
近藤晧介投手も好投、
5試合でチームの失点は11に抑えています。

打線は、
上位から下位まで力のある打者が
並んでおり
山形大会では、
チーム打率.377と好調、
5試合すべてで2ケタ安打を記録しています。

1年生からレギュラーで活躍してきた
一番 鈴木琉生選手は
決勝で2本の二塁打を含む3安打を放ち
4点を挙げ、
長打力のある四番 舟生大地は、
5試合で3本の本塁打を放ち
計11打点を挙げました。

4年ぶりに山形大会を制し
17回目の夏の甲子園出場を決めた日大山形。

どこまで勝ち進めるか注目です。
スポンサードリンク




 

 - Sports