【高校野球】夏の甲子園 2017 盛岡大付 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

 

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は岩手の代表校、
2年連続 10回目の出場を決めた
盛岡大付のメンバーや戦力について
まとめました。
 

 

盛岡大付について

 

【所在地】盛岡市厨川 5-4-1

【部員数】121人

【監督】関口清治

 
スポンサードリンク





 

地方大会の時のメンバー

【名前】平松竜也(3年)

【背番号】1

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.313

【身長・体重】182㎝・83㎏

【出身中学】瀬谷(神奈川)

【名前】松田夏生(3年)

【背番号】2

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.667

【身長・体重】180㎝・80㎏

【出身中学】久慈

【名前】菜花友紀(3年)

【背番号】3

【守備】一塁手

【投打】右・左

【打率】.333

【身長・体重】163㎝・75㎏

【出身中学】平二(福島)

【名前】小林由伸(3年)

【背番号】4

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.400

【身長・体重】168㎝・66㎏

【出身中学】鶴牧(東京)

【名前】大里昴生(3年)

【背番号】5

【守備】三塁手

【投打】右・左

【打率】.174

【身長・体重】177㎝・74㎏

【出身中学】滝沢

【名前】比嘉賢伸(3年) 主将

【背番号】6

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.409

【身長・体重】180㎝・81㎏

【出身中学】大正東(大阪)

【名前】林一輝(3年)

【背番号】7

【守備】左翼手

【投打】左・左

【打率】.417

【身長・体重】165㎝・73㎏

【出身中学】梶(大阪)

【名前】植田拓(3年)

【背番号】8

【守備】中堅手

【投打】右・右

【打率】.364

【身長・体重】165㎝・73㎏

【出身中学】貝塚一(大阪)

【名前】三浦奨(3年)

【背番号】9

【守備】右翼手

【投打】右・左

【打率】.333

【身長・体重】175㎝・65㎏

【出身中学】滝沢南

【名前】三浦瑞樹(3年)

【背番号】10

【守備】投手

【投打】左・両

【打率】.500

【身長・体重】175㎝・65㎏

【出身中学】引地台(神奈川)

【名前】臼井春貴(3年)

【背番号】11

【投打】右・右

【打率】.600

【身長・体重】175㎝・71㎏

【出身中学】下瀬谷(神奈川)

【名前】大宮海星(3年)

【背番号】12

【投打】右・右

【打率】.500

【身長・体重】170㎝・65㎏

【出身中学】宿戸

【名前】須藤颯(3年)

【背番号】13

【投打】右・左

【打率】.278

【身長・体重】175㎝・80㎏

【出身中学】岩崎(神奈川)

【名前】三浦豪(3)

【背番号】14

【投打】右・右

【身長・体重】163㎝・60㎏

【出身中学】国立二(東京)

【名前】伊藤大智(2年)

【背番号】15

【投打】右・右

【身長・体重】165㎝・65㎏

【出身中学】七郷(宮城)

【名前】籔内海斗(3年)

【背番号】16

【投打】167㎝・80㎏

【打率】1.000

【身長・体重】167㎝・80㎏

【出身中学】太田(大阪)

【名前】松本跳馬(2年)

【背番号】17

【投打】左・左

【打率】.000

【身長・体重】180㎝・73㎏

【出身中学】南瀬谷(神奈川)

【名前】青木耀平(3年)

【背番号】18

【投打】右・左

【打率】.500

【身長・体重】177㎝・73㎏

【出身中学】間々田(栃木)

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 
【地方大会】
 
盛岡大付 10-1 大野
(7回コールド)

盛岡大付 13-3 盛岡南
(6回コールド)

盛岡大付 7-0 一関学院
(7回コールド)

■準々決勝
盛岡大付 6-3 花巻南

■準決勝
盛岡大付 9-1 盛岡四
(8回コールド)

■決勝
盛岡大付 9-0 久慈

 
 
【今回の盛岡大付のスポーツ紙の評価】
 
※ A~Cで評価
 
スポニチ A
日刊   B
報知   B
中日   B
サンケイ B
 
 

【戦力分析】

盛岡大付は、
今春の選抜で
チーム史上初となる甲子園8強入り。

投手陣は、
140キロ台中盤のストレートで押す右腕
平松竜也と、
大舞台での経験が豊富な
左腕 三浦瑞樹が軸で、
岩手大会 久慈との決勝でも
この2人が零封リレー。

 

打線は、
プロも注目の右の大砲
三番 植田拓選手、
主将で四番の比嘉賢伸選手、
そして
五番 捕手の松田夏生のクリーンアップを中心に
破壊力は抜群。

決勝を含む6試合すべてで2ケタ安打、
4試合でコールド勝ちしています。

 

春夏連続で甲子園に出場する
盛岡大付、
夏の甲子園でも活躍が期待されます。

スポンサードリンク




 

 - Sports