【高校野球】夏の甲子園 2017 松商学園 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は長野県の代表校
9年ぶり36回目の出場を決めた
松商学園のメンバーや戦力について
まとめました。
 

 

松商学園について

 

【所在地】松本市県 3-6-1

【部員数】104人

【監督】足立修

 
スポンサードリンク





 

地方大会の時のメンバー

【名前】青柳真珠(3年)

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.400

【身長・体重】184㎝・84㎏

【出身中学】丘

【名前】笠原拓実(3年)

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.313

【身長・体重】177㎝・75㎏

【出身中学】塩尻

【名前】藤井大地(3年)

【守備】一塁手

【投打】右・右

【打率】.136

【身長・体重】178㎝・83㎏

【出身中学】仁科台

【名前】渡辺幹太(3年)

【守備】二塁手

【投打】右・左

【打率】.333

【身長・体重】169㎝・58㎏

【出身中学】望月

【名前】森田哲平(3年)

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.400

【身長・体重】170㎝・72㎏

【出身中学】陵南(大阪)

【名前】千野秀(3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】169㎝・68㎏

【出身中学】堀金

【名前】北原拓未(2年)

【守備】左翼手

【投打】右・左

【打率】.421

【身長・体重】173㎝・72㎏

【出身中学】伊那・東部

【名前】本木飛雄河(2年)

【守備】中堅手

【投打】右・左

【打率】.261

【身長・体重】167㎝・61㎏

【出身中学】会田

【名前】井領大輔(3年)

【守備】右翼手

【投打】右・左

【打率】.346

【身長・体重】178㎝・72㎏

【出身中学】上松

【名前】波多腰守(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】175㎝・80㎏

【出身中学】波田

【名前】直江大輔(2年)

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】183㎝・73㎏

【出身中学】柳町

【名前】大和久竣矢(2年)

【投打】右・右

【打率】.250

【身長・体重】170㎝・60㎏

【出身中学】明善

【名前】肥後正敬(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】169㎝・69㎏

【出身中学】晴海(東京)

【名前】大月涼太(3年)

【投打】右・左

【打率】1.000

【身長・体重】165㎝・60㎏

【出身中学】波田

【名前】青柳孝輝(3年)

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】168㎝・66㎏

【出身中学】塩尻西部

【名前】吉川望月(2年)

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.407

【身長・体重】163㎝・58㎏

【出身中学】美木多(大阪)

【名前】飯塚潤也(3年)

【投打】右・左

【打率】.500

【身長・体重】174㎝・73㎏

【出身中学】三陽

【名前】百瀬光太朗(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】167㎝・73㎏

【出身中学】塩尻西部

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

松商学園 12-5 小海

松商学園 8-0 伊那北
(7回コールド)

松商学園 9-0 長野日大
(7回コールド)

松商学園 6-3 飯山

■準々決勝
松商学園 5-4 小諸商

■準決勝
松商学園 10-3 岩村田
(8回コールド)

■決勝
松商学園 5-4 佐久長聖

 

 

【今回の松商学園のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ C
日刊   B
報知   B
中日   B
サンケイ B

 

 

【戦力分析】

今年の松商学園は、
上位打線を中心に機動力を生かした攻撃が特徴。

佐久長聖との決勝で8回、
適時打を放った一番 井領大輔選手は
打率.346、
チームトップの9盗塁、11得点を記録。

二番 渡辺幹太選手も打率.333、
決勝で2安打を放つなど好調。

三番 吉川望月選手は、
打率.407、
チームトップの11安打、
10打点と絶好調です。

負傷で欠場していた主将で 四番の
藤井大地選手は、
長野大会では打率.136と不調だったものの
チーム最多の6四球を選ぶなど
つなぐ役割を果たしていました。

 

一方
投手陣は、
青柳真珠投手と
2年生右腕 直江大輔投手の
ダブルエースで
長野大会7試合のほとんどを2人で投げました。

2009年以来
9年ぶりの夏の甲子園出場を決めた
松商学園、
どこまで勝ち進めるか注目です。
スポンサードリンク




 - Sports