【高校野球】夏の甲子園 2017 前橋育英 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 

今回は
群馬の代表 2年連続3回目の出場を決めた
前橋育英のメンバーや戦力について
まとめました。

 

前橋育英について

 

【所在地】前橋市朝日が丘町 13

【部員数】69人

【監督】荒井直樹
 
スポンサードリンク




 

地方大会の時のメンバー

【名前】皆川喬涼 (3年)

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.280

【身長・体重】178㎝・79㎏

【出身中学】館林四

【名前】戸部魁人(3年)

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.200

【身長・体重】181㎝・77㎏

【出身中学】相生

【名前】小池悠平(2年)

【守備】一塁手

【投打】右・右

【打率】.389

【身長・体重】176㎝・76㎏

【出身中学】川内

【名前】堀口優河 (3年)

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.214

【身長・体重】174㎝・68㎏

【出身中学】佐野

【名前】飯島大夢(3年) 主将

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.300

【身長・体重】185㎝・82㎏

【出身中学】館林一

【名前】黒沢駿太 (3年)

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.500

【身長・体重】173㎝・60㎏

【出身中学】高松

【名前】吉沢悠(3年)

【守備】左翼手

【投打】右・右

【打率】.409

【身長・体重】174㎝・65㎏

【出身中学】古巻

【名前】丸山和郁(3年)

【守備】中堅手

【投打】左・左

【打率】.353

【身長・体重】171㎝・72㎏

【出身中学】倉渕

【名前】飯塚剛己(3年)

【守備】右翼手

【投打】右・左

【打率】.222

【身長・体重】180㎝・69㎏

【出身中学】前橋・東

【名前】根岸崇裕(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】193㎝・96㎏

【出身中学】館林二

【名前】木島佑起(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】173㎝・75㎏

【出身中学】並榎

【名前】市川龍之信 (3年)

【投打】右・右

【身長・体重】171㎝・66㎏

【出身中学】並榎

【名前】原田捷敏 (3年)

【投打】右・右

【身長・体重】167㎝・60㎏

【出身中学】高南

【名前】深川理来(3年)

【投打】右・右

【打率】1.000

【身長・体重】180㎝・69㎏

【出身中学】富岡・東

【名前】市川直之 (3年)

【投打】右・左

【打率】.000

【身長・体重】176㎝・79㎏

【出身中学】吉井中央

【名前】北原翔(2年)

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】178㎝・65㎏

【出身中学】榛東

【名前】川端優希(3年)

【投打】右・左

【身長・体重】165㎝・63㎏

【出身中学】昭和

【名前】田中宏樹(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】178㎝・70㎏

【出身中学】富士見

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

前橋育英 3-1 高崎経済大付

前橋育英 8-1 新田暁
(7回コールド)

前橋育英 8-0 高崎商大付
(7回コールド)

■準々決勝
前橋育英 4-0 常磐

■準決勝
前橋育英 10-3 明和県央
(8回コールド)

■決勝
前橋育英 6-4 健大高崎

 

 

【今回の前橋育英のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ A
日刊   B
報知   A
中日   A
サンケイ B

 

 

【戦力分析】

今年の前橋育英は、
投手陣の充実ぶりが目を引きます。

秋のエース 吉沢悠投手、
左腕 丸山和郁投手に加え、
選抜の登板で自信を深めた
193センチの大型右腕 根岸崇裕投手、
良質なストレートと
キレのあるスライダーが持ち味の皆川喬涼投手と、
いずれも140キロ台の速球を持つ
本格派がそろっており、
昨秋の新チーム発足後は
4人が かわるがわる
エース番号を背負っており、
大舞台を経験しています。

現在エース番号をつけている
皆川投手は、
群馬大会では準決勝を除く5試合で先発し
被安打14、3失点と好投。

4回戦では、
自己最速の149キロを記録しました。

チーム打率は.307と
高くありませんが
丸山選手、吉沢選手、
中軸の飯島大夢選手ら、
一発長打を期待できる強打者が並んでおり、
ここ一番の勝負強さがあります。

2年連続夏の甲子園出場を決めた
前橋育英。

昨夏は初戦敗退、
春の選抜は2回戦敗退と
悔しい思いをしているだけに
今夏は
リベンジに燃えています。

 

スポンサードリンク




 

 - Sports