【高校野球】夏の甲子園 2017 木更津総合 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは
11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は
千葉県代表 2年連続6回目の出場となる
木更津総合のメンバーや戦力について
まとめました。
 

 

木更津総合について

 

【所在地】木更津市東太田3-4-1

【部員数】61人

【監督】五島卓道

 
スポンサードリンク





 

地方大会の時のメンバー

【名前】山下輝 (3年)

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.500

【身長・体重】187㎝・87㎏

【出身中学】岩根西

【名前】芦名望(3年)

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.261

【身長・体重】179㎝・78㎏

【出身中学】戸塚(神奈川)

【名前】山名稜真(2年)

【守備】一塁手

【投打】右・左

【打率】.391

【身長・体重】176㎝・72㎏

【出身中学】豊田(神奈川)

【名前】小池柊稀(1年)

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.214

【身長・体重】174㎝・64㎏

【出身中学】磯辺

【名前】野尻幸輝(2年)

【守備】三塁手

【投打】右・左

【打率】.368

【身長・体重】178㎝・78㎏

【出身中学】高富(岐阜)

【名前】峯村貴希(3年) 主将

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.240

【身長・体重】186㎝・82㎏

【出身中学】公津の杜

【名前】綿田将也(3年)

【守備】左翼手

【投打】左・左

【打率】.435

【身長・体重】176㎝・65㎏

【出身中学】調布五(東京)

【名前】大木巴哉 (3年)

【守備】中堅手

【投打】右・右

【打率】.458

【身長・体重】173㎝・72㎏

【出身中学】明海

【名前】細田悠貴(3年)

【守備】右翼手

【投打】右・左

【打率】.391

【身長・体重】177㎝・72㎏

【出身中学】五井

【名前】高佐太紀(3年)

【守備】投手

【投打】3年

【打率】.500

【身長・体重】176㎝・74㎏

【出身中学】千種

【名前】熊谷竣平(3年)

【投打】左・左

【打率】1.000

【身長・体重】175㎝・68㎏

【出身中学】辰巳台

【名前】峯村誉範(2年)

【投打】右・右

【打率】.500

【身長・体重】183㎝・78㎏

【出身中学】下貝塚

【名前】前田和希(3年)

【投打】右・左

【身長・体重】175㎝・75㎏

【出身中学】積志(静岡)

【名前】比護涼真(2年)

【投打】右・右

【身長・体重】171㎝・60㎏

【出身中学】常葉(神奈川)

【名前】伊藤龍(3年)

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】175㎝・66㎏

【出身中学】中野二(東京)

【名前】橋本康生(3年)

【投打】右・右

【打率】.500

【身長・体重】170㎝・64㎏

【出身中学】木更津二

【名前】東智弥(2年)

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】172㎝・70㎏

【出身中学】誉田

【名前】久保田望(3年)

【投打】右・右

【身長・体重】173㎝・72㎏

【出身中学】菊間

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

木更津総合 4-2 流山おおたかの森

木更津総合 26-0 千葉西
(5回コールド)

木更津総合 10-0 幕張総合
(6回コールド)

木更津総合 4-0 東京学館浦安

■準々決勝
木更津総合 7-0 市船橋
(7回コールド)

■準決勝
木更津総合 6-2 東海大市原望洋

■決勝
木更津総合 4-3 習志野

 

 

【今回の木更津総合のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   B
報知   B
中日   B
サンケイ B

 

 

【戦力分析】

2年連続 夏の甲子園出場を決めた
木更津総合は、
187センチの本格派左腕 山下輝投手が
投手陣の要。

昨年のエース 早川隆久投手(早大)の後任として
昨秋から本格的に投手に挑戦、
冬を越えて最速146キロを計測するまでに
成長しました。

常時140キロ前後の速球と鋭く変化する
スライダーで三振を量産できるのが特徴で
千葉大会7試合のうち6試合に登板、
5試合を一人で投げぬき、
42回を投げて47奪三振と好投しました。

 

打線も大会チーム打率.370と好調。

昨夏の甲子園も経験した細田将也選手や、
1年春からレギュラーで
攻守走三拍子そろった185センチの大型遊撃手
峯村貴希選手ら上位打線の
勝負強さは健在です。

また、
六番 大木巴哉選手はチームトップの10打点、
続く七番の山下投手は
投手のため下位打線を打っていますが
打率5割とパワーあふれる打撃も魅力です。

投打のかみ合った戦いぶりで
千葉大会を制した木更津総合は、
昨夏の8強を超える成績を目指します。

 

スポンサードリンク




 

 - Sports