【高校野球】夏の甲子園 2017 彦根東 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは11校。

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は
滋賀県の代表
4年ぶり2回目の出場となる
彦根東のメンバーや戦力について
まとめました。

 

彦根東について

 

【所在地】彦根市金亀町4-7

【部員数】71人

【監督】村中隆之

 
スポンサードリンク





 

地方大会の時のメンバー

 

【名前】松井拓真(3年) 主将

【背番号】1

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.750

【身長・体重】179㎝・66㎏

【出身中学】南郷

【名前】條野正宗(3年)

【背番号】2

【守備】捕手

【投打】右・右

【打率】.357

【身長・体重】172㎝・71㎏

【出身中学】八幡

【名前】吉本孝祐(3年)

【背番号】3

【守備】一塁手

【投打】右・右

【打率】.467

【身長・体重】173㎝・78㎏

【出身中学】彦根南

【名前】朝日晴人(2年)

【背番号】4

【守備】二塁手

【投打】右・左

【打率】.167

【身長・体重】168㎝・55kg

【出身中学】青山

【名前】岩本道徳(3年)

【背番号】5

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.250

【身長・体重】174㎝・72㎏

【出身中学】瀬田北

【名前】原晟也(3年)

【背番号】6

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.500

【身長・体重】175㎝・66㎏

【出身中学】長浜西

【名前】高村真湖人(3年)

【背番号】7

【守備】左翼手

【投打】右・右

【打率】.412

【身長・体重】172㎝・72㎏

【出身中学】聖徳

【名前】太田剛志(3年)

【背番号】8

【守備】中堅手

【投打】右・右

【打率】.133

【身長・体重】168㎝・68㎏

【出身中学】日吉

【名前】辻山知志(3年)

【背番号】9

【守備】右翼手

【投打】右・左

【打率】.455

【身長・体重】175㎝・73㎏

【出身中学】守山北

【名前】増居翔太(2年)

【背番号】10

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.167

【身長・体重】171㎝・59㎏

【出身中学】稲枝

【名前】原功征(2年)

【背番号】11

【守備】投手

【投打】左・左

【打率】.200

【身長・体重】165㎝・59㎏

【出身中学】八幡

【名前】嘉藤修太(3年)

【背番号】12

【投打】右・右

【身長・体重】168㎝・72㎏

【出身中学】彦根東

【名前】中井知稀(3年)

【背番号】13

【投打】右・右

【身長・体重】168㎝・62㎏

【出身中学】草津

【名前】山崎凜太朗

【背番号】14

【投打】右・両

【身長・体重】168㎝・62kg

【出身中学】彦根東

【名前】野崎重太(2年)

【背番号】15

【投打】右・右

【身長・体重】168㎝・66kg

【出身中学】日野

【名前】清水亮祐(3年)

【背番号】16

【投打】右・右

【身長・体重】176㎝・73㎏

【出身中学】彦根・中央

【名前】森田昴祐(3年)

【背番号】17

【投打】右・右

【打率】.333

【身長・体重】180㎝・80kg

【出身中学】甲賀

【名前】仲川俊哉(3年)

【背番号】18

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】168㎝・67kg

【出身中学】栗東西

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 
【地方大会】
 
彦根東 12-3 彦根工
(7回コールド)

彦根東 3-2 滋賀学園

■準々決勝
彦根東 8-1 八幡商
(7回コールド)

■準決勝
彦根東 5-2 水口

■決勝
彦根東 4-1 近江

 

準々決勝では昨秋の県大会で惜しくも競り負けた
八幡商と対戦、
7回コールド勝ちで雪辱を果たしました。

準決勝では
昨夏の滋賀大会で敗れた水口と対戦、
6回に3安打を集めて逆転し
原投手、吉本投手の継投で決勝に駒を進めました。

決勝では、
これまで何度も行く手を阻まれていた近江と対戦し
リベンジを果たしました。

 

【今回の彦根東のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   B
報知   B
中日   B
サンケイ C

 

【戦力分析】

春の県大会で優勝した彦根東は
2013年に初出場を果たした彦根東に憧れて
入部したメンバーが多いといいます。

総合力の高さは県内屈指、
攻守がかみ合い
4年ぶり2回目の夏の甲子園出場を決めました。

 

まずは投手陣。

滋賀大会では5試合で5人が登板、
余力を持たせながらの投手起用が功を奏しました。

左横手投げの2年生 原投手は準々決勝と決勝で好投、
同じく2年の左腕 増居投手は
キレのあるスライダーをテンポよく投げ分け
選抜大会出場の滋賀学園戦と決勝で完投。

球威のあるエース松井投手に
最速137キロの直球を投げ安定感のある
吉本投手など
投手陣の層が厚い。

打線も
俊足の一番 原晟也選手や、
勝負強い三番 高村選手を中心にムラがなく、
原晟は5試合で9安打、
高村選手は7安打、
五番 辻山選手は9安打と勝負強さを見せています。

また、
吉本選手は、チーム1の9打点を記録しています。

 

初出場時は、
残念ながら初戦で敗退した彦根東。

まずは甲子園で初勝利することができるか
期待がかかります。
 

スポンサードリンク





 

 - Sports