【高校野球】夏の甲子園 2017 藤枝明誠 メンバー・戦力分析

      2018/03/02

 

2017年8月7日(月)から
第99回全国高校野球選手権大会
甲子園2017が開催されます。

49代表が出そろい
昨年に続いて代表を勝ち取ったのは11校。

 

9校が春夏連続出場を決め
2012年に続き史上初となる
2度目の春夏連覇を目指す
選抜王者 大阪桐蔭などが
注目を集めそうです。

初出場は、
坂井(福井)、
藤枝明誠(静岡)、
津田学園(三重)
おかやま山陽(岡山)、
下関国際(山口)、
早稲田佐賀の6校です。

 
今回は
静岡の代表校
初出場となる
藤枝明誠のメンバーや戦力について
まとめました。
 

藤枝明誠について

 

藤枝明誠高等学校

【所在地】藤枝市大洲 2-2-1

【部員数】67人

【監督】光岡孝

 

 
スポンサードリンク




 

地方大会の時のメンバー

【名前】久保田蒼布(3年)

【背番号】1

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.158

【身長・体重】176㎝・68㎏

【出身中学】袋井

【名前】服部恵汰(3年)

【背番号】2

【守備】捕手

【投打】右・左

【打率】.407

【身長・体重】168㎝・73㎏

【出身中学】清水庵原

【名前】清水一真(3年)

【背番号】3

【守備】一塁手

【投打】右・左

【打率】.318

【身長・体重】168㎝・68㎏

【出身中学】一宮(愛知)

【名前】松村太智(3年)

【背番号】4

【守備】二塁手

【投打】右・右

【打率】.381

【身長・体重】173㎝・70㎏

【出身中学】菊川東

【名前】一戸輝彦(3年)

【背番号】5

【守備】三塁手

【投打】右・右

【打率】.348

【身長・体重】171㎝・78㎏

【出身中学】静浦

【名前】西村竜馬(2年)

【背番号】6

【守備】遊撃手

【投打】右・左

【打率】.316

【身長・体重】175㎝・66㎏

【出身中学】川根

【名前】河合郁拓(3年)

【背番号】7

【守備】左翼手

【投打】右・左

【打率】.409

【身長・体重】167㎝・67㎏

【出身中学】吉原一

【名前】常盤勇汰(3年)

【背番号】8

【守備】中堅手

【投打】右・左

【打率】.481

【身長・体重】173㎝・73㎏

【出身中学】吉原一

【名前】中田悠斗(3年) 主将

【背番号】9

【守備】右翼手

【投打】右・左

【打率】.417

【身長・体重】180㎝・78㎏

【出身中学】東海大静岡翔洋

【名前】小野弘人(2年)

【背番号】10

【守備】投手

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】181㎝・78㎏

【出身中学】南城(愛知)

【名前】遠藤大支(3年)

【背番号】11

【投打】右・右

【身長・体重】175㎝・67㎏

【出身中学】天竜

【名前】鈴木大翔(2年)

【背番号】12

【投打】右・右

【打率】.000

【身長・体重】171㎝・62㎏

【出身中学】北浜

【名前】秋山玲津己(2年)

【背番号】13

【投打】右・右

【身長・体重】187㎝・82㎏

【出身中学】高洲

【名前】大滝敬(2年)

【背番号】14

【投打】右・左

【身長・体重】176㎝・65㎏

【出身中学】大富

【名前】高田竜希(2年)

【背番号】15

【投打】右・右

【身長・体重】170m・77㎏

【出身中学】六合

【名前】堂前塁 (3年)

【背番号】16

【投打】右・左

【身長・体重】168㎝・70㎏

【出身中学】島田一

【名前】落合瞳伊(2年)

【背番号】17

【投打】右・左

【身長・体重】173㎝・63㎏

【出身中学】吉田

【名前】浦野光市(3年)

【背番号】18

【投打】左・左

【身長・体重】175㎝・78㎏

【出身中学】豊川・東部(愛知)

 

スポンサードリンク




 

戦力分析

 

【地方大会】

藤枝明誠 4-1 清水西

藤枝明誠 3-2 湖西

藤枝明誠 9-1 静岡学園
(7回コールド)

■準々決勝
藤枝明誠 4-1 加藤学園

■準決勝
藤枝明誠 14-6 静岡

■決勝
藤枝明誠 23-10 日大三島
 

【今回の藤枝明誠のスポーツ紙の評価】

※ A~Cで評価

スポニチ B
日刊   C
報知   B
中日   B
サンケイ B

 

 

【戦力分析】

昨秋の県大会で準優勝した
藤枝明誠が
創部35年目で初優勝を成し遂げました。

藤枝明誠のエース
久保田蒼布投手は右のサイドスロー。

130キロ前後の直球を軸に
カーブ、スライダー、カットボールなど
多彩な変化球を織り交ぜ打たせて取るスタイル。

コーナーを突く制球力が持ち味で
日大三島との決勝では
雨の中、
3時間近くもの中断を
余儀なくされましたが、
与えた四死球はわずか2と
粘り強い投球をみせました。

 

また、
最速134キロの直球とフォークを武器に
春野県大会で完封も経験した
2年生の小野弘人も台頭。

打線は、
常盤勇汰選手、
主将の中田悠斗選手を軸に
粘り強い。

静岡大会では、
3回戦から
一番 河合郁拓を六番にさげるなど
野手4人の打順を組み替え
静岡学園との4回戦では、
打線がうまくつながり
今大会チーム最多の9得点と、
調子を上げていました。

藤枝明誠は初戦、
同じく初出場の津田学園(三重)と対戦します。

初の大舞台で
どこまで勝ち進むことができるか
注目です。

 

スポンサードリンク




 

 - Sports