【高校野球】2019春季山梨県大会 速報・結果!優勝候補・展望も予想!日程・組み合わせも気になる!

      2019/03/20

 

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とは また違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

 

ということで、今回は2019年春季山梨県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果をまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 

春季山梨県大会 日程

 

※わかり次第追記します

 

組み合わせ・結果

 

※わかり次第追記します

 
 


スポンサーリンク

 

優勝候補と展望

 

ここからは春季山梨県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。

まずは昨秋に行われた秋季県大会と秋季関東地区大会の結果を振り返ってみましょう。

秋季山梨県大会の結果

■決勝

東海大甲府 5-2 山梨学院

■3位決定戦

甲府城西 1-6 甲府工

■準決勝

山梨学院 7-5 甲府工

甲府城西 2-9 東海大甲府(7回コールド)

■準々決勝

山梨学院 2-1 駿台甲府

甲府工 10-8 都留

甲府一 1-5 甲府城西

東海大甲府 11-4 日本航空(7回コールド)

 

秋季関東地区大会の結果

■決勝

桐蔭学園(神奈川2位)9-6春日部共栄(埼玉1位)

■準決勝

習志野(千葉2位)2-4桐蔭学園(神奈川2位)

山梨学院(山梨2位)1-2春日部共栄(埼玉1位)

■準々決勝

東海大甲府(山梨1位)4-8習志野(千葉2位)

佐野日大(栃木1位)1-8桐蔭学園(神奈川2位)

春日部共栄(埼玉1位)9-2横浜(神奈川1位)
(7回コールド)

前橋育英(群馬1位)1-9山梨学院(山梨2位)
(7回コールド)

■1回戦

春日部共栄(埼玉1位)7-6藤代(茨城2位)

横浜(神奈川1位)8-2甲府工(山梨3位)

習志野(千葉2位)3-1桐生第一(群馬2位)
(延長14回)

佐野日大(栃木1位)5-2東農大三(埼玉2位)

常総学院(茨城1位)5-7桐蔭学園(神奈川2位)

前橋育英(群馬1位)1-0作新学院(栃木2位)

中央学院(千葉1位)2-7山梨学院(山梨2位)

 

秋季山梨県大会で優勝した東海大甲府、準優勝の山梨学院、そして3位の甲府工が秋季関東地区大会へ駒を進めました。
甲府工は1回戦で敗退、東海大甲府は準々決勝で敗退となりましたが、山梨学院はベスト4に入り、選抜出場を決めました。
山梨学院には選抜でも優勝を目指して頑張ってもらいたいですね。

 
 


スポンサーリンク


 

春季山梨県大会の優勝候補・展望

東海大甲府甲府工山梨学院日本航空あたりは今年も安定した力を持ったチームになっています。
この4校が春季山梨県大会でも優勝候補に挙がりそうです。

 

東海大甲府はエース・加藤匠投手に注目が集まります。勢いのあるフォームから130キロ後半のストレートを投げます。
打撃陣も切れ目のない打線になっているので、どこからでも得点できます。
東海大甲府は秋季関東地区大会で横浜とともに優勝候補に挙げられていたので戦力的にはかなり充実しているのではないでしょうか。

 

山梨学院は秋季大会ではエース不在でしたが、そんな中、背番号「3」の相澤利俊選手が先発に抑えにフル回転し、エースの座をつかみ取りました。
打撃陣は強力で注目は「山梨のデスパイネ」と言われている野村健太選手になります。そのほかにもエースの座をつかんだ相澤利俊選手もクリーンアップを任されます。
打撃陣は強力なので、課題は投手陣になります。

山梨学院は選抜後の大会ということで、相澤利俊選手もベストコンディションで投球できないかも知れないので、その時は苦戦が予想されます。
夏の大会も見据え、投手陣の底上げは必要かと思います。

 

甲府工は中島碧斗選手が打撃陣の中心になります。
秋季大会ではホームランも放っているので春季山梨県大会でもカギを握りそうです。
投手陣に関しては情報がなく、戦力はわかりませんでしたが、秋季大会では打ち勝った試合が多いので打線のチームかという印象です。

 

日本航空は青山司投手と明石達也投手の二枚看板がチームの武器になりそうです。
打撃陣に関しては情報がありませんでしたが、打線が良ければ面白い存在になりそうです。

 

冬を越え、秋とは違った展開になりそうな春季山梨県大会ですが、どのチームが頂点に立つのか最後まで目の離せない大会になりそうです。
 
  

    



スポンサーリンク

 

 - Sports