【高校野球】春季佐賀県大会 2019 日程・組み合わせ・結果・展望!

      2019/04/06

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とは また違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

ということで、今回は2019年春季佐賀県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果をまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 

春季佐賀県大会 日程

 
【日程】 2019年3月21日(水)~4月6日(土)

【決勝戦】2019年4月6日(土)
 
佐賀商が6季ぶり29回目の優勝
 

速報・結果

 

4月6日(土)【決勝】

 
佐賀商 7ー1 佐賀学園 
 

4月4日(木)【準決勝】

 
佐賀学園 3ー2 鳥栖商

神埼清明 0ー2 佐賀商
 

4月2日(火)【準々決勝】

 
神埼清明 2ー0 唐津東

佐賀商 4ー3 鳥栖
 

3月31日(日)【準々決勝】

 
有田工 5ー12 佐賀学園
(7回コールド)

鳥栖商 4ー0 小城
 

3月30日(土)

 
早佐賀 2ー3 佐賀商

唐津商 2ー4 鳥栖
 

3月29日(金)

 
小城 3ー2 佐賀工

神埼清明 8ー1 佐賀西
(7回コールド)

唐津東 7ー6 北陵
 

3月28日(木)

 
【3回戦】
 
有田工 2ー1 塩田工・嬉野

佐賀学園 3ー0 龍谷

鳥栖商 11ー0 三養基
(5回コールド)
 

3月27日(水)

 
【2回戦】
 
伊農林 0ー10 唐津商
(5回コールド)

鳥栖 9ー2 敬徳
(7回コールド)
 

3月26日(火)

 
【2回戦】
 
佐賀西 15ー8 武雄
(7回コールド)

太良 1ー10 唐津東
(7回コールド)

佐賀北 2ー5 北陵

伊万里 0ー1 早佐賀

佐賀商 16ー0 唐津南
(6回コールド)
 

3月25日(月)

 
【2回戦】
 
小城 4ー0 神埼

唐津工 4ー6 佐賀工

神埼清明 4ー0 鳥栖工
 

3月24日(日)

 
【2回戦】
 
高志館 2ー8 鳥栖商

三養基 8ー6 佐賀東
 
 

3月23日(土)

 
【1回戦】
 
鳥栖 3ー2 鹿島
 
 
【2回戦】
 
杵島商 6ー9 有田工

塩田工・嬉野 5ー4 佐賀農

佐賀学園 10ー0 厳木
(5回コールド)

龍谷 12ー2 唐津西
 
 

3月21日(木)

 
【1回戦】
 
有田工 13-3 白石
(5回コールド)

鳥栖商 8-4 多久

致遠館 5-7 唐津工

鳥栖工 5-4 東明館

伊万里商 3-13 早佐賀
(5回コールド)

 
 

 
 


スポンサーリンク


 

優勝候補と展望

 
ここからは春季佐賀県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。
まずは昨秋に行われた秋季佐賀県大会と九州地区大会の結果を振り返ってみましょう。
 

秋季佐賀県大会の結果

■決勝

佐賀学園 7-6 北陵

■準決勝

佐賀学園 2-0 佐賀商

佐賀工 1-6 北陵

■準々決勝

神埼清明 4-5 佐賀工

有田工 0-4 北陵

白石 0-7 佐賀学園(8回コールド)

佐賀商 7-0 鹿島(8回コールド)

 

九州地区大会の結果

■決勝

明豊(大分1位)5-7筑陽学園(福岡1位)

■準決勝

明豊(大分1位)10-4日章学園(宮崎1位)

大分(大分2位)3-5筑陽学園(福岡1位)
(延長12回)

■準々決勝

日章学園(宮崎1位)8-1熊本西(熊本2位)
(7回コールド)

長崎商(長崎2位)1-10明豊(大分1位)
(8回コールド)

興南(沖縄2位)0-1筑陽学園(福岡1位)
(延長13回)

神村学園(鹿児島1位)1-8大分(大分2位)
(8回コールド)

■1回戦

神村学園(鹿児島1位)12-4北陵(佐賀2位)
(7回コールド)

興南(沖縄2位)5-2熊本国府(熊本1位)

長崎南山(長崎1位)1-4大分(大分2位)

小林西(宮崎2位)0-1筑陽学園(福岡1位)

長崎商(長崎2位)8-4沖縄水産(沖縄1位)

九州国際大付(福岡2位)5-7日章学園(宮崎1位)

明豊(大分1位)7-3鹿屋中央(鹿児島2位)

熊本西(熊本2位)3-2佐賀学園(佐賀1位)

秋季佐賀県大会を制した佐賀学園と準優勝の北陵が秋季九州地区大会へ駒を進めました。
佐賀学園、北陵ともに1回戦で敗れ、本領発揮とはなりませんでした。

 

ここからは春季佐賀県大会の優勝候補・展望まとめてみたいと思います。

春季佐賀県大会は秋季佐賀県大会でも結果を残した佐賀学園北陵佐賀商あたりを軸に秋季佐賀県大会の優勝候補に挙げられた東明館や実力校の唐津商の巻き返しにも注目が集まりそうです。

佐賀学園は1年生エース・浜野翔太投手と経験豊富な2年生右腕・永渕琢也投手を中心に秋季大会では安定していました。
打線はホームランバッターがいないので、繋ぐ意識が強いチームです。ランナーを出して中軸の小池大和選手、河端歩夢選手で返したいところです。

 

北陵は創部45年目で初めて秋季九州地区大会へ出場しました。野球をするのに恵まれた環境ではありませんが、飽きないように練習メニューを変えるなど工夫した練習をしています。
今回のチームは打率が良くないですが、ここ一番での勝負強さは魅力。
俊足の勝野貴翔選手、牟田佑生選手、楢嵜陸虎選手を1~3番に置き、出塁率を上げました。
そこに4番・吉武陸登選手や5番・ビアイマイケル選手で返すのが理想の形になります。

投手陣もエース・中尾秀虎投手以外にも1年生の藤本風投手も急成長しているので春季佐賀県大会でも活躍が期待されます。

 

佐賀商は昨夏の甲子園出場校でその時のメンバーも数人残っているので、春季佐賀県大会では期待できるのではないかと思っています。
昨夏は木村颯太投手というエースが主将も務め、チームを引っ張りましたが、今回は軸になる投手はいるのでしょうか?そのあたりも注目したいです。

 

東明館は県内屈指の進学校ということもあって練習時間は限られていますが、着実に力をつけています。
秋季佐賀県大会では3回戦で北陵に1-2で敗れましたが、力の差はほとんどないのでしょうか。
また今回のチームには一ノ瀬順輝投手と川口剛輝投手の二枚看板で投手陣は戦力が揃っています。あとは打撃陣がどれくらい本領発揮するかで春季佐賀県大会の結果も左右されるかも知れません。

唐津商も侮れません。
1年生(新2年生)の坂本勇人選手と市丸絋樹選手に注目です。

 

混戦も予想される春季佐賀県大会ですが頂点に立つチームはどこでしょうか。見どころの多い大会になりそうです。
 
  

    



スポンサーリンク

 

 - Sports