【高校野球】春季長崎県大会 2019 日程・組み合わせ・結果・展望!

      2019/04/07

 

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とは また違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

ということで、今回は2019年春季長崎県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果をまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 

春季長崎県大会 日程

【日程】2019年3月23日(土)~4月7日(日)

【決勝戦】2019年4月7日(日)
 
長崎商が19季ぶり7回目の優勝
 

速報・結果

 

4月7日(日)【決勝】

 
長崎商 13ー5 九州文化学園
 

4月6日(土)【準決勝】

 
九州文化学園 9ー6 佐世保実

長崎商 2ー1 長崎日本大学
 

4月3日(水)【準々決勝】

 
長崎日本大学 3ー2 島原工

創成館 4ー6 長崎商
 

4月2日(火)【準々決勝】

 
長総大附 1ー2 九州文化学園

諫早農 4ー6 佐世保実
 

3月31日(日)

 
長崎日本大学 11ー5 長崎北陽台

島原工 3ー1 長崎西

創成館 11ー6 大村工

海星 5ー6 長崎商
 

3月30日(土)

 
長総大附 10ー3 口加
(8回コールド)

大崎 0ー3 九州文化

瓊浦 8ー12 諫早農

佐世保工 1ー9 佐世保実
(8回コールド)
 

3月28日(木)

 
【2回戦】
 
松浦 4ー5 口加

大崎 11ー4 長崎明誠

諫早農 10ー5 長崎南

対馬 3ー10 佐世保工

長崎北陽台 11ー4 長崎北

小浜 3ー5 島原工

大村工 5ー4 清峰

海星 9ー0 壱岐
(7回コールド)
 

3月27日(水)

 
【2回戦】
 
長総大附 4ー3 長崎南山

上五島 0ー7 長崎商
(7回コールド)

佐世保北 6ー13 長崎西
(7回コールド)

長崎日大 7ー3 佐世保南

瓊浦 2ー1 鎮西学院

佐世保実 3ー2 鹿町工

佐世保南 0ー7 九州文化
(7回コールド)

波佐見 0ー7 創成館
(7回コールド)
 

3月25日(月)

 
【1回戦】
 
長崎鶴洋 2ー9 対馬

佐世保工 12ー6 佐世保高専

長崎北陽台 7ー0 長崎東
(7回コールド)

長崎北 11ー0 島原
(5回コールド)

小浜 1ー0 諫早東

島原工 6ー4 五島

大村工 15ー0 大村
(5回コールド)

西海学園 0ー10 清峰
(6回コールド)
 
 

3月24日(日)

 
【1回戦】
 
五島海陽 1ー12 長総大附
(5回コールド)

松浦 4ー0 佐世保西

長崎明誠 10ー1 平戸・猶興館
(7回コールド)

長崎南 7ー2 壱岐商

上対馬 1ー6 佐世保南

長崎西 3ー2 諫早

海星 14ー4 長崎工
(5回コールド)

北松西 4ー5 上五島
 

3月23日(土)

 
【1回戦】
 
大崎 15ー0 西彼杵
(5回コールド)

諫商・国見・翔南 2ー6 佐世保商

瓊浦 19ー3 西陵
(7回コールド)

諫早農 6ー4 島原農

鹿町工 6ー3 川棚

島原中央 5ー8 創成館

 
 

 


スポンサーリンク


 

優勝候補と展望

ここからは春季長崎県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。
まずは昨秋に行われた秋季長崎県大会と九州地区大会の結果を振り返ってみましょう。

秋季長崎県大会の結果

■決勝

長崎南山 4-3 長崎商業

■準決勝

長崎商業 4-3 佐世保実

長崎日大 3-10 長崎商(8回コールド)

■準々決勝

長崎商 11-1 佐世保北(5回コールド)

九州文化学園 5-6 長崎日大(延長14回)

長崎南山 8-6 波佐見

佐世保実 8-5 鎮西学院(延長13回)

 

九州地区大会の結果

■決勝

明豊(大分1位)5-7筑陽学園(福岡1位)

■準決勝

明豊(大分1位)10-4日章学園(宮崎1位)

大分(大分2位)3-5筑陽学園(福岡1位)
(延長12回)

■準々決勝

日章学園(宮崎1位)8-1熊本西(熊本2位)
(7回コールド)

長崎商(長崎2位)1-10明豊(大分1位)
(8回コールド)

興南(沖縄2位)0-1筑陽学園(福岡1位)
(延長13回)

神村学園(鹿児島1位)1-8大分(大分2位)
(8回コールド)

■1回戦

神村学園(鹿児島1位)12-4北陵(佐賀2位)
(7回コールド)

興南(沖縄2位)5-2熊本国府(熊本1位)

長崎南山(長崎1位)1-4大分(大分2位)

小林西(宮崎2位)0-1筑陽学園(福岡1位)

長崎商(長崎2位)8-4沖縄水産(沖縄1位)

九州国際大付(福岡2位)5-7日章学園(宮崎1位)

明豊(大分1位)7-3鹿屋中央(鹿児島2位)

熊本西(熊本2位)3-2佐賀学園(佐賀1位)

 

 

ここからは春季長崎県大会の優勝候補・展望をまとめてみたいと思います。

春季大会でも混戦が予想される長崎県大会ですが、秋季長崎県大会で優勝した長崎南山、準優勝の長崎商が軸になり、1年生大会で優勝した1年生大会で優勝した創成館や実力校の佐世保実長崎日大波佐見などの巻き返しにも注目です。

秋季長崎県大会を制した長崎南山は主将4人制でチーム作りを進めています。

投手陣はエース・西田廉投手と磯木蒼太朗投手がチームをけん引。

打撃陣は木村佳凪汰選手、竹内颯選手、磯龍昂選手、毎熊洸星選手などが中心になります。冬場の練習では体重増加と筋力増加に取り組みました。
春季大会ではどんな戦いを見せてくれるか楽しみです。

 

長崎商は右腕エース・桝屋優太郎投手がチームを引っ張ります。
ストレートの球速は130キロ台ですが、シュートやスライダーで打たせて取るピッチングが持ち味です。

 

昨秋の1年生大会で優勝した創成館も注目したいところです。
秋季長崎県大会では1回戦で敗れましたが、冬を越え、どれくらいレベルアップしたか試されます。

佐世保実は旧チームからのメンバーが5人残り、チームをけん引。
また、1年生(新2年生)の山口夢叶選手や飯盛温選手などこれからの活躍に期待です。
 
  

    



スポンサーリンク

 

そこに長崎日大波佐見が優勝争いに加わりそうですが、最後まで目の離せない展開になりそうです。

 - Sports