【高校野球】2019春季福岡県大会の速報・結果! 優勝候補・展望も予想! 日程・組み合わせも気になる!

      2019/03/25

 

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とは また違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

ということで、今回は2019年春季福岡県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果をまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 

2019年春季福岡県大会
日程

 

【日程】  2019年3月21日~4月6日

【決勝戦】 2019年4月6日

【抽選日】 2019年2月22日

 

速報・結果

 

3月25日(月)

 
小倉工業 vs 青豊

宗像 vs 折尾愛真

星琳 vs 須恵

希望が丘 vs 小倉

真颯館 vs 自由ヶ丘

若松 vs 古賀竟成館

八幡工業 vs 近大福岡

九産大九州 vs 三潴

久留米 vs 東福岡

博多工業 vs 武蔵台

西短大附 vs 筑紫

福岡第一 vs 朝倉

玄洋 vs 香椎

久留米筑水 vs 福岡西陵

筑紫丘 vs 伝習館

 

3月24日(日)

 
東海大福岡 10ー0 京都

合同 B 2ー12 小倉西

常磐 5ー6 小倉東

豊国学園 1ー4 北九州

東筑紫学園 9ー2 水産

九国大付 5ー0 門司学園

八幡南 13ー6 田川

慶成 1ー13 東筑

輝翔館 2ー7 福翔

福岡中央 3ー1 八女農業

柳川 13ー3 有明高専

春日 6ー10 中村三陽

早良 5ー18 小郡

福大大濠 22ー2 八女工業

祐誠 4ー7 大牟田

福岡 3ー5 沖学園
 

3月23日(土)

 
北九州高専 0ー2 若松

折尾 7ー10 古賀竟成館

育徳館 0ー10 嘉穂東

飯塚 10ー2 北九州市立

北筑 7ー6 鞍手龍徳

鞍手 8ー0 戸畑工業

新宮 4ー5 東鷹

西田川 10ー9 嘉穂総合

九産大九産 9ー0 純真

福岡工業 9ー4 久留米高専

太宰府 0ー10 糸島

香椎工業 2ー13 筑紫丘

伝習館 18ー0 朝倉光陽

城南 5ー9 久留米

福岡講倫館 4ー6 博多

東福岡 7ー4 香住丘

 

3月22日(金)

 
宗像 9-1 光陵

直方 4-11 希望が丘

稲築志耕館 2-10 折尾愛真

小倉 7-2 大和青藍

須恵 11-4 八幡中央

星琳 8-0 中間

自由ヶ丘 9-0 門司大翔館

嘉穂 4-9 近大福岡

田川科技 0-15 八幡工業

久留米商業 1-3 福岡第一

春日 4-3 筑紫台

山門 1-11 柏陵

福工大城東 7-6 西南学院

大牟田北 3-8 筑紫

大川樟風 0-14 九産大九州

福岡舞鶴 9-8 福島

久留米筑水 5-4 三池工業

八女 5-6 福岡西陵

朝倉 4-3 南筑

筑紫中央 10-3 福岡農業

三池 6-11 三潴
 
 

3月21日(木)

 
東筑紫学園 6-2 戸畑

門司学園 8-0 福岡魁誠

小倉南 8-10 東筑

田川 11-1 小倉商

高稜 0-2 慶成

合同A 0-10 青豊

八幡南 12ー0 玄界

水産 8ー0 苅田工

小倉工 9-6 八幡

浮羽究真館 0-12 柳川

筑前 5-7 香椎

福岡常葉 2-12 武蔵台

東福岡 9-1 明善

西短大附 5-2 修猷館

玄洋 7ー4 浮羽工

三井 1ー10 博多工

八女 vs 福岡西陵
雨天順延

春日 vs 筑紫台
雨天順延

久留米筑水 vs 三池工
雨天順延

大牟田北 vs 筑紫
雨天順延

 

 
 


スポンサーリンク


 

優勝候補と展望

 
ここからは春季福岡県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。
まずは昨秋に行われた秋季福岡県大会と九州地区大会の結果を振り返ってみましょう。
 

秋季福岡県大会の結果

■決勝

九州国際大付 3-5 筑陽学園

■3位決定戦

小倉工 6-16 真颯館(6回コールド)

■準決勝

小倉工 1-5 九州国際大付

真颯館 1-8 筑陽学園(7回コールド)

■準々決勝

福工大城東 1-2 真颯館(延長10回)

九産大九州 3-4 小倉工(延長10回)

西日本短大付 1-2 九州国際大付

筑陽学園 6-1 飯塚

 

九州地区大会の結果

■決勝

明豊(大分1位)5-7筑陽学園(福岡1位)

■準決勝

明豊(大分1位)10-4日章学園(宮崎1位)

大分(大分2位)3-5筑陽学園(福岡1位)
(延長12回)

■準々決勝

日章学園(宮崎1位)8-1熊本西(熊本2位)
(7回コールド)

長崎商(長崎2位)1-10明豊(大分1位)
(8回コールド)

興南(沖縄2位)0-1筑陽学園(福岡1位)
(延長13回)

神村学園(鹿児島1位)1-8大分(大分2位)
(8回コールド)

■1回戦

神村学園(鹿児島1位)12-4北陵(佐賀2位)
(7回コールド)

興南(沖縄2位)5-2熊本国府(熊本1位)

長崎南山(長崎1位)1-4大分(大分2位)

小林西(宮崎2位)0-1筑陽学園(福岡1位)

長崎商(長崎2位)8-4沖縄水産(沖縄1位)

九州国際大付(福岡2位)5-7日章学園(宮崎1位)

明豊(大分1位)7-3鹿屋中央(鹿児島2位)

熊本西(熊本2位)3-2佐賀学園(佐賀1位)

 

秋季福岡県大会を制した筑陽学園と準優勝の九州国際大付が秋季九州地区大会へ駒を進めました。
九州国際大付は1回戦で敗れてしまいましたが、筑陽学園は見事に優勝し、選抜出場を決めました。
選抜での活躍に期待がかかります。

 

続いて春季福岡県大会の優勝候補・展望をまとめてみたいと思います。
選抜に出場する筑陽学園は不参加となり、春季九州地区大会からの出場になります。

筑陽学園は不参加ということで、秋季福岡県大会で準優勝の九州国際大付やベスト4に入った真颯館小倉工が春季福岡県大会の優勝候補に挙がりそうです。

九州国際大付は戦力的に充実したチーム。
プロ注目の右腕エース・下村海翔投手に期待がかかります。
身長174センチと上背はありませんが、ストレートの球速は145キロ。縦割れのスライダーもキレがよく活躍が期待されます。

一方、打撃陣も旧チームからのレギュラー中川壱生選手、葛城陸選手など力のある選手が打線を引っ張ります。

 

真颯館は秋季福岡県大会で3位に入るなど健闘しました。

注目は146キロ右腕エース・武内未来投手になります。
九州国際大付の下村海翔投手と共に福岡を代表する速球派右腕として注目を集めています。

打撃陣では丸林駿太選手が中心になります。
2年夏から4番を任されている打者ですが、秋季大会では調子を崩し、1番打者としてチームに貢献しました。
丸林駿太選手の復調も上位進出のポイントになるかも知れません。
新チームでは「新しい伝統を創ろう」「質の高い野球をしよう」と二つのテーマを持ってチーム作りを進めている真颯館。
春季大会ではどんな戦いを見せてくれるでしょうか。

 

小倉工は秋季福岡県大会でベスト4に入りました。
注目選手は1年生(新2年生)ながら4番を任せられる久木田和志選手になります。
すでに高校通算本塁打が11本とこれから活躍が期待される右のスラッガーです。
牧島健監督も「古豪復活のキーマン」に挙げています。

一方、投手陣は樋口風音投手が中心になります。
ストレートの球速は120キロ台と速くはありませんが、チェンジアップを上手く使い、相手打者のタイミングを外す投球術をもっています。

 

春季福岡県大会の展望としては九州国際大付真颯館小倉工が優勝候補として注目されそうですが、予想通りに九州国際大付、真颯館、小倉工が勝ち進むのか、波乱は起こるのか、そのあたりにも注目が集まりそうです。
 
  

    



スポンサーリンク

 

 - Sports