【高校野球】2019春季岐阜県大会の速報・結果!優勝候補・展望も予想!日程・組み合わせも気になる!

      2019/03/25

 

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とは また違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

ということで、今回は2019年春季岐阜県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果をまとめてみたいと思います。
 



スポンサーリンク


 

春季岐阜県大会 日程

 
【地区予選日程】2019年3月20日(水)~予定
 
【県大会日程】 2019年4月14日(日)~30日(火・祝) 予定
 
 

速報・結果

 
■ 3月24日(日)
 
岐南工 7 - 6 本巣松陽

加納 6 - 1 岐阜各務野

岐阜聖徳学園 6 - 2 長良

市岐阜商 6 - 0 岐阜工

各務原 8 - 1 各務原西

揖斐 9 - 1 大垣養老
(7回コールド)

池田 10 - 7 大垣工

海津明誠 9 - 2 大垣南
(8回コールド)

大垣北 10 - 0 不破連合
(5回コールド)

東濃実 9 - 1 高山工
(7回コールド)

関有知 7 - 4 加茂

土岐商 10 - 0 多治見
(5回コールド)

麗沢瑞浪 5 - 0 中津商

加茂農林 4 - 3 可児

飛騨神岡 8 - 5 武義

大垣商 10 - 0 大垣東
(5回コールド)
 
■ 3月23日(土)
 
瑞浪 9 - 3 恵那南

中津 5 - 1 土岐紅陵

大垣北 8 - 7 揖斐

海津明誠 4 - 3 大垣西

大垣商 9 - 2 池田
(7回コールド)

大垣東 3 - 1 大垣南

東濃実 8 - 5 可児工

関 4 - 2 高山工

大垣養老 17 - 2 不破連合
(5回コールド)

岐阜東 5 - 4 岐阜農林

岐山 8 - 6 富田

岐阜総合学園 9 - 2 岐阜高専
(8回コールド)

高山西 3 - 2 益田清風
(延長13回タイブレーク)

飛騨高山 3 - 1 郡上
 
■ 3月22日(金)
 
美濃加茂 11 - 1 加茂
(5回コールド)

関商工 12 - 0 関有知
(5回コールド)

帝京大可児 8 - 1 加茂農林
(7回コールド)

斐太 13 - 6 武義
(8回コールド)
 
■ 3月21日(木)
 
雨天順延
 
 
■ 3月20日(水)
 
岐阜工 8-3 羽島北 

各務原 6-2 岐阜北

飛騨高山 7-5 可児工

高山西 7-0 可児
(8回コールド)
 
 

組み合わせ

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

 

優勝候補と展望

ここからは春季岐阜県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。

まずは昨秋に行われた秋季県大会と秋季東海地区大会の結果を振り返ってみましょう。

秋季岐阜県大会の結果

■決勝

中京院中京 3-1 大垣日大

■3位決定戦

県岐阜商 1-8 岐阜第一(7回コールド)

■準決勝

岐阜第一 3-4 大垣日大

中京院中京 3-2 県岐阜商

■準々決勝

海津明誠 5-8 岐阜第一

美濃加茂 0-3 大垣日大

中京院中京 10-0 市岐阜商(5回コールド)

県岐阜商 2-1 岐阜

 

秋季東海地区大会の結果

■決勝

津田学園(三重3位)2-10東邦(愛知1位)

■準決勝

津田学園(三重3位)13-2中京大中京(愛知2位)
(5回コールド)

中京院中京(岐阜1位)9-10東邦(愛知1位)
(延長10回)

■準々決勝

御殿場西(静岡1位)2-7津田学園(三重3位)

中京院中京(岐阜1位)7-0三重(三重2位)
(7回コールド)

菰野(三重1位)3-4中京大中京(愛知2位)

東邦(愛知1位)7-0岐阜第一(岐阜3位)
(7回コールド)

■1回戦

大垣日大(岐阜2位)3-10津田学園(三重3位)
(7回コールド)

三重(三重2位)2-1中部大春日丘(愛知3位)

清水桜が丘(静岡2位)4-5岐阜第一(岐阜3位)
(延長11回)

中京大中京(愛知2位)11-2静岡(静岡3位)
(7回コールド)

 

秋季岐阜県大会を制した中京院中京、準優勝の大垣日大、そして3位の岐阜第一が秋季東海地区大会へ駒を進めました。

大垣日大は初戦敗退し、岐阜第一は準々決勝で敗退しましたが、中京院中京はベスト4に入りました。

 


スポンサーリンク


 

春季岐阜県大会の優勝候補・展望

秋季岐阜県大会で結果を残した中京院中京大垣日大岐阜第一県岐阜商がそのまま春季岐阜県大会でも軸になると言われています。
この4校が優勝候補として挙がりますが、

中京院中京は旧チームからエース・不後祐将投手と藤田健斗捕手のバッテリーが残っているのが大きいです。
1年生(新2年生)の元謙太投手の成長もあり、投手陣はもっと層が厚くなりそうです。
能力のある選手も多いので、戦力的には優勝候補の本命といってもいいかも知れません。

昨夏の甲子園に出場した大垣日大は旧チームから新チームの切り替えもスムーズにいったそうです。
夏の甲子園を経験している小野寺優斗選手が打線の中心になります。

 

岐阜県は地区予選があり、勝ち上がったチームが本大会へ進むわけですが、岐阜地区は岐阜第一県岐阜商が入っているので、激戦区となっています。

岐阜第一は元福知山成美の田所孝二氏が監督になって3年目。
着実に力を付けているチームです。

福知山成美監督時代からの経験もあるので、チーム作りなど含め、監督の存在は大きいのかも知れません。
今年のチームは高倉明健投手が投手陣を引っ張ります。
高倉投手は安定したピッチングが持ち味の投手。
そこに野村凌馬投手も台頭し、投手陣はさらに層が厚くなりそうです。

 

県岐阜商は元秀岳館を率いて甲子園にも出場した鍛冶舎巧氏に注目が集まります。
打者で言えば、2ストライクと追い込まれたら、ノーステップ打法に切り替えるそうです。
これは鍛冶舎巧監督の考えで、少しずつ鍛冶舎巧イズムみたいなものが浸透してきているのかも知れません。

 

混戦も予想される春季岐阜県大会ですが、どんな展開になっていくのでしょうか。見どころの多い大会になりそうです。
  

    



スポンサーリンク

 
 

 - Sports