【高校野球】春季愛媛県大会 2019 日程・組み合わせ・結果・展望!

      2019/04/05

 

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とは また違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

ということで、今回は2019年春季愛媛県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果をまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 

春季愛媛県大会 日程

【日程】

東予地区 
2019年3月21日(木)、22日(金)、23日(土)

中予地区 
2019年3月21日(木)、22日(金)、26日(火)

南予地区 
2019年3月21日(木)、22日(金)、23日(土)

県大会 
2019年3月30日(土)、31日(日)、
4月2日(火)、3日(水)
 
今治西が6年ぶり10回目の優勝

 

速報・結果

 

4月4日(木)【決勝】

 
今治西 6ー3 八幡浜
 

4月3日(水)【準決勝】

 
今治西 8ー1 宇和島東
(7回コールド)

八幡浜 11ー8 今治北
 

4月2日(火)【準々決勝】

 
今治西 8ー2 新居浜西

宇和島東 9ー4 新居浜南

聖カタリナ 2ー3 八幡浜

帝京第五 1ー3 今治北
 

3月31日(日)

 
済美 3ー6 宇和島東

松山城南 4ー5 新居浜南

新田 1ー12 今治北
(7回コールド)
 

3月30日(土)

 
聖カタリナ 7 - 0 西条
(7回コールド)

帝京第五 11 - 3 三島
(7回コールド)

八幡浜 10 - 2 松山南
(7回コールド)

今治西 8ー1松山東
(7回コールド)

北宇和 4ー8 新居浜西
 

3月26日(火)

 
松山東 10ー4 松山北

済美 7ー4 伊予農

松山商 2ー3 松山南
 

3月24日(日)

 
宇和島東 14ー0 宇和
(5回コールド)

大洲 6ー7北宇和
 

3月23日(土)

 
今治西 7ー0 小松

今治北 4ー2 今治南

西条 10ー3 新居浜東
(8回コールド)

新居浜南 3ー1 伯方

三島 18ー6 今治東
(7回コールド)

新居浜西 7ー3 今治工

帝京第五 2ー0 宇和島南

八幡浜 9ー3 野村

大洲 8ー5 八幡浜工

川之石 1ー5 北宇和

 

3月22日(金)

 
【1回戦】
 
新田 8 - 0 松山工
(7回コールド)

松山城南 3 - 1 内子

聖カタリナ 2 - 1 北条

今治工 3 - 2 新居浜工

新居浜西 4 - 0 新居浜商

三島 10 - 1 川之江 (7回コールド)

今治東 12 - 1 新居浜高専 (5回コールド)

宇和島南 8 - 0 大洲農 (8回コールド)

野村 14 - 8 吉田

宇和 5 - 3 津島・南宇和・三間・三瓶
 

3月21日(木)

 
【1回戦】
 
小松 14-0 土居
(6回コールド)

今治南 4-3 東予

丹原 1-9 新居浜東
(7回コールド)

西条農・今北大三島 3-11 伯方
(7回コールド)

新田 10-2 松山中央
(7回コールド)

内子 17-3 上浮穴・済美平成
(5回コールド)

北条 2-1 愛大附

松山北 4-3 伊予

伊予農 10-1 東温
(7回コールド)

小田 0-8 松山南
(7回コールド)

宇和 vs 津島・南宇和・三間・三瓶
雨天順延

宇和島南 vs 大洲農
雨天順延

吉田 vs 野村
雨天順延
 
 

 
 


スポンサーリンク


 

優勝候補と展望

ここからは春季愛媛県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。

まずは昨秋に行われた秋季大会と秋季四国地区大会の結果を振り返ってみましょう。

秋季愛媛県大会の結果

■決勝

帝京第五 3-2 聖カタリナ学園

■3位決定戦

今治西 3-9 松山聖陵

■準決勝

今治西 3-4 帝京第五

松山聖陵 3-10 聖カタリナ学園

■準々決勝

今治西 7-0 済美(7回コールド)

松山聖陵 8-7今治北

西条 1-8 帝京第五(7回コールド)

八幡浜 0-5 聖カタリナ学園

 

秋季四国地区大会の結果

■決勝

松山聖陵(愛媛3位)1-3高松商(香川1位)

■準決勝

富岡西(徳島3位)3-5松山聖陵(愛媛3位)

高松商(香川1位)10-4高知商(高知1位)

■準々決勝

帝京第五(愛媛1位)6-10富岡西(徳島3位)

高松商(香川1位)4-2明徳義塾(高知3位)

川島(徳島1位)1-5松山聖陵(愛媛3位)

高知商(高知1位)2-1徳島商(徳島2位)

■1回戦

聖カタリナ学園(愛媛2位)0-2明徳義塾(高知3位)

高知(高知2位)7-8富岡西(徳島3位)

徳島商(徳島2位)6-4英明(香川3位)
(延長11回)

志度(香川2位)3-11松山聖陵(愛媛3位)
(7回コールド)

 

秋季愛媛県大会を制した帝京第五、準優勝の聖カタリナ学園、3位の松山聖陵が秋季四国地区大会へ駒を進めました。
聖カタリナ学園と帝京第五は初戦敗退でしたが、松山聖陵は準優勝し、見事に選抜出場を決まました。
選抜での活躍に期待したいところです。

 

 

ここからは春季愛媛県大会の優勝候補・展望についてまとめてみたいと思います。

松山聖陵は選抜出場のため、春季愛媛県大会は順位決定戦からの参加になると思いますので、松山聖陵以外の有力校の紹介になります。

秋季愛媛県大会を制した帝京第五や準優勝の聖カタリナ学園は春季大会でも優勝候補に挙がりそうです。
あとは昨夏の甲子園でベスト4の済美や秋季愛媛県大会でベスト4の今治西にも注目したいところです。

今年の帝京第五は投打のバランスのいいチームです。
投手陣は1年生(新2年生)の片山維投手とサイドスローの坂本優樹投手が軸になります。
打撃陣は4番・若宮大聖選手を中心に豊留輝将選手、谷本陸選手、井上颯大選手など好打者が揃います。
また、犠打など小技も絡めてくるので、かなり手強いチームと言えます。

聖カタリナ学園は創部3年目ながら、秋季愛媛県大会では準優勝するなど力のあるチームです。
投手陣は右腕・田中択磨投手、左腕・宇都宮樹投手、遠藤佑真投手が中心になります。
打撃陣は田中翔大選手、浪花鈴太郎選手、藤岡睦己選手に投手としても中心になっている宇都宮樹投手などが打線を引っ張ります。
チームとしては打撃が持ち味と言えます。

済美ですが、現状ではあまり情報がなく、戦力分析は出来ません。
昨夏の甲子園のメンバーも3年生中心だったので、メンバーはガラっと変わっているはずです。
ただ、強豪校なので、能力の高い選手は揃っていると思いますし、秋季愛媛県大会の準々決勝で7回コールドで敗れているだけに春季大会での巻き返しに期待です。

今治西は左腕・村上滉典投手が秋季大会では活躍し、ベスト4入りの原動力となりました。
また、澤田和希投手も投手陣の柱としてチームをけん引。
打撃陣は土居駿介選手、深川拓人選手、今村蓮選手など旧チームからのメンバーが中心になります。

本命不在と言える春季愛媛県大会ですが、どのチームが頂点に立つのか見どころの多い大会になりそうです。
 
  

    



スポンサーリンク

 

 - Sports