【高校野球】春季島根県大会 2019 日程・組み合わせ・結果・展望!

      2019/05/04

 

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とはまた違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

ということで、今回は2019年春季島根県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果についてまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 

春季島根県大会 日程

 

【地区予選】

2019年4月19日(金)~21日(日)

【島根県大会】

2019年4月26日(金)~28日(日)

 

 

島根県大会 結果

 

 
 

島根県地区予選 結果はこちら

 

 


スポンサーリンク


 

優勝候補と展望

 

ここからは春季島根県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。

まずは昨秋に行われた秋季県大会と秋季中国地区大会の結果を振り返ってみましょう。

 

秋季島根県大会の結果

■決勝

平田 7-8 大社

■3位決定戦

矢上 12-14 開星

■準決勝

矢上 0-2 平田

大社 2-0 開星

■準々決勝

出雲商 1-3 大社

矢上 6-3 島根中央

開星 10-0 大田(7回コールド)

平田 3-2 浜田

 

秋季中国地区大会の結果

■決勝

米子東(鳥取2位)2-6広陵(広島1位)

■準決勝

米子東(鳥取2位)6-5市立呉(広島2位)

創志学園(岡山3位)0-7広陵(広島1位)
(8回コールド)

■準々決勝

倉敷商(岡山1位)6-8米子東(鳥取2位)

創志学園(岡山3位)6-4崇徳(広島3位)

関西(岡山2位)8-13広陵(広島1位)

市立呉(広島2位)11-3岡山理大付(岡山4位)
(7回コールド)

■1回戦

岩国商(山口3位)1-6市立呉(広島2位)

関西(岡山2位)7-6聖光(山口2位)

岡山理大付(岡山4位)4-3大社(島根1位)
(延長10回)

鳥取商(鳥取3位)1-2広陵(広島1位)

開星(島根3位)6-7米子東(鳥取2位)
(延長10回)

鳥取城北(鳥取1位)3-9創志学園(岡山3位)

崇徳(広島3位)12-5平田(島根2位)
(7回コールド)

 

秋季島根県大会を制した大社、準優勝の平田、そして3位の開星が秋季中国地区大会へ駒を進めました。
秋季中国地区大会では3校とも初戦敗退となり、結果は残せませんでした。
 


スポンサーリンク


 

春季島根県大会の優勝候補・展望

秋季島根県大会で優勝した大社は、旧チームからのエース・紙田貫投手が軸になり、控えには茶山優投手がいます。
大社は打撃陣がポイントだと思います。
投手陣は安定しているので、あとはどれだけ打線が機能するかで勝敗が分かれそうです。

秋季島根県大会で準優勝した平田は1年生(新2年生)の古川雅也投手が投手陣をけん引。
まだ、チームとしては完成されていない感じがあっただけに春季大会ではどんな戦いぶりを見せてくれるのか注目です。
冬場のトレーニングでは、オリジナルの攻めの守備、走塁とバッティングの連携に力を入れてきました。

ということで、秋季島根県大会でも結果を残した大社平田が優勝候補の軸になりそうですが、そこに強豪校の開星石見智翠館益田東の巻き返しにも注目です。

混戦が予想される春季島根県大会ですが、どのチームが頂点に立つのか最後まで目の離せない大会になりそうです。
  

    
 


スポンサーリンク

 

 - Sports