【高校野球】春季大阪府大会 2019 日程・組み合わせ・結果・展望!

      2019/04/14

 

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とはまた違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。
 
ということで、今回は2019年春季大阪府大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果をまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 

春季大阪府大会 日程

 

【日程】2019年4月6日(土)~5月12日(日)
 
 

組み合わせ

 

 
 

速報・結果

 
【4月14日】
 
千里青雲 4ー3 桜宮
 
明星 6ー0 関西大倉
     
金光大阪 6ー0 緑風冠

狭山 12ー5 北摂つばさ
(7回コールド)
     
履 正 社 9ー2 三島
(7回コールド)
   
星翔 6ー1 高津

高槻 8ー7 福井
     
関西創価 14ー0 八尾北
(5回コールド)

池田 2ー5 大阪学院大高
     
淀川工科 4ー2 早稲田摂陵

今宮 13ー2 常翔学園
(5回コールド)
     
花園 16ー0 府大工業高専
(5回コールド)
 
八尾 12ー8 門真なみはや

東大阪大柏原 17ー0 茨木工科
(5回コールド)  
   
大商大堺 8ー5 常翔啓光学園
     
阪南大高 10ー2 東住吉
(7回コールド)

桃山学院 11ー4 守口東
(7回コールド)
     
浪速 12ー0 泉尾・大正白稜
(5回コールド)

岸和田産 12ー2 高石
(6回コールド)

大阪 6ー4 岸和田
     
近大泉州 6ー2 上宮

堺東 3ー6 初芝立命館
     
大体大浪商 11ー1 大阪星光学院
(6回コールド)

大商大高 16ー1 和泉総合
(5回コールド)

園芸 0ー27 上宮太子
(5回コールド)
   
香 里 丘 6ー4 清教学園
 
【4月13日】
 

箕面学園 4 ー 1 交野
 
豊中 11ー4 豊島
(8回コールド)
     
渋谷 6ー2 大阪教育センター附
     
美原 3ー13 吹田
(6回コールド)
     
英真学園 0ー10 春日丘
(5回コールド)
     
汎愛 8ー4 住吉

大手前 11ー0 貝塚・伯太
(5回コールド)
     
和泉 0ー5 北野
     
天 王 寺 12ー2 淀商
(5回コールド)
     
生野 9ー1 藤井寺
(7回コールド)
     
信太 9ー2 阪南
(8回コールド)
     
東 0ー10 大阪桐蔭
(5回コールド)
   
松原 4ー3 千里
     
八尾翠翔 10ー3 堺工科
(7回コールド)
   
堺 9ー5 島本
     
精華10ー3 箕面東
(8回コールド)
 
大塚 10ー0 柴島
(6回コールド)
 
【4月7日】
 

豊島 11-1 東住吉総・西野田工科・生野工
(6回コールド)
 
大阪 10-3 高槻北
(7回コールド)
     
大産大附 15-0 大阪ビジネスフロンティア
(5回コールド)

金光八尾 2-20 枚方なぎさ
(5回コールド)
     
近大附 11-0 富田林
(5回コールド)
   
貝塚南 1-28 大阪青凌
(5回コールド)

大商大堺 11-0 日新
(6回コールド)

大阪電通大高 2-8 八尾

信太 33-0 野崎
(5回コールド)

みどり清朋 0-12 東
(6回コールド)
     
和泉 12-0 布施
(5回コールド)
   
登美丘 12-7 羽衣学園
     
上宮太子 12-0 今宮工科
(5回コールド)
 
生野 3-2 寝屋川
     
大阪学芸 2-4 狭山

 
【4月6日】
 
槻の木 13ー12 大阪国際大和田

大阪市立 16ー0 西・南・扇町総合
(5回コールド)      
     
追手門学院 7ー8 高槻

桃山学院 3ー2 北かわち皐が丘
     
清水谷 0ー10 池田
(5回コールド)
     
枚方津田 1ー11 明星
(5回コールド)

山田 10ー0 佐野
(8回コールド)

かわち野 4ー9 春日丘

開明 1ー42 香里丘
(5回コールド)      
     
今宮 9ー1 布施工科
(7回コールド)

山本 13ー4 柏原東
     
布施北 6ー16 堺西
(5回コールド)
     
泉陽 10ー13 旭
     
農芸・成美・長野・福泉 3ー11 大教大天王寺
(7回コールド)      
   
四條畷 11ー2 河南
(8回コールド)
     
泉大津 1ー6 大塚

堺 3ー2 藤井寺工科
 
 


スポンサーリンク


 

優勝候補と展望

 

ここからは春季大阪府大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。

まずは昨秋に行われた秋季大阪府大会と春季近畿地区大会の結果を振り返ってみましょう。

秋季大阪府大会の結果

■決勝

履正社 5-2 大阪桐蔭

■3位決定戦

大商大堺 2-3 大阪偕星

■準決勝

大商大堺 5-12 履正社

大阪偕星 1-7 大阪桐蔭

■準々決勝

大阪偕星 4-0 大体大浪商

関大北陽 9-11 大阪桐蔭(延長11回)

大商大堺 13-0 港(5回コールド)

履正社 7-3 東海大仰星

 

春季近畿地区大会の結果

■決勝

龍谷大平安(京都3位)2-1明石商(兵庫1位)
(延長12回)

■準決勝

龍谷大平安(京都3位)7-0履正社(大阪1位)
(7回コールド)

明石商(兵庫1位)12-0智辯和歌山(和歌山1位)
(5回コールド)

■準々決勝

履正社(大阪1位)5-0福知山成美(京都1位)

報徳学園(兵庫3位)0-4明石商(兵庫1位)

智辯和歌山(和歌山1位)5-2大阪桐蔭(大阪2位)

龍谷大平安(京都3位)5-4市和歌山(和歌山2位)

■1回戦

智辯和歌山(和歌山1位)12-5大阪偕星(大阪3位)
(8回コールド)

橿原(奈良2位)0-10大阪桐蔭(大阪2位)
(6回コールド)

■1回戦

福知山成美(京都1位)5-4神戸国際大付(兵庫2位)

近江(滋賀1位)2-5報徳学園(兵庫3位)

明石商(兵庫1位)6-4京都国際(京都2位)

天理(奈良1位)3-4龍谷大平安(京都3位)

近江兄弟社(滋賀2位)4-8市和歌山(和歌山2位)

履正社(大阪1位)11-2南部(和歌山3位)
(7回コールド)

 

秋季大阪府大会で優勝した履正社、準優勝の大阪桐蔭、そして3位の大阪偕星が春季近畿地区大会へ駒を進めました。
秋季近畿地区大会では、大阪偕星は初戦敗退、大阪桐蔭は準々決勝で敗退となりましたが、履正社はベスト4入りし、選抜出場を決めました。
選抜での活躍に期待です。
 


スポンサーリンク


 

春季大阪府大会の優勝候補・展望

春季大阪府大会の優勝候補ですが、やはり軸になるのは履正社大阪桐蔭になるのではないでしょうか?

ただ、履正社は選抜後の大会になるので、さすがにベストコンディションでは挑めないかも知れません。
そうなると大阪桐蔭がやや有利となりますが、春季大会のトーナメント表を見ると激戦区のブロックに入ったため、波乱が起こってもおかしくはない状況でしょうか。

 

履正社の戦力ですが、投手陣は左腕エース・清水大成投手が軸になりますが、植木佑斗投手や田淵一樹投手など控え投手も充実しています。
清水大成投手のコンディション次第ですが、選抜後の大会ということでコンディションが悪ければ、植木佑斗投手や田淵一樹投手などの投球が上位進出のカギになるかも知れません。
打撃陣は長打力が自慢です。3番・小深田大地選手、4番・井上広大選手、5番・大西蓮選手のクリーンアップはかなり強力です。

 

大阪桐蔭ですが、秋季大阪府大会では準優勝に終わりました。
打撃陣は西野力矢選手、船曳烈士選手の1年生(新2年生)コンビが打ちまくりました。
そのほか、山田優太選手など好打者が揃っています。

課題は投手陣と言われています。
完投能力のある投手がいないので、秋季大会は継投での試合運びとなりました。
投手陣の底上げがどのくらい出来ているのかが、春季大阪府大会でのポイントになりそうです。

 

戦力的には履正社の方がやや上かと思いますが、大阪桐蔭も冬を越え、チーム力を一気に上げていると思うので、そのあたりは見どころの一つだと思います。
ただ、実力校の多いので、何が起こるかはわかりません。最後まで目の離せない大会になりそうです。
 
  

    



スポンサーリンク


 
 

 - Sports