【高校野球】春季新潟県大会 2019 日程・組み合わせ・結果・展望!

      2019/04/18

 

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とは また違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

ということで、今回は2019年春季新潟県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果をまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 

春季新潟県大会 日程

 

【日程】 2019年4月27日(土)~5月12日(日)

【決勝戦】2019年5月12日(日)

【抽選日】2019年4月18日(木)

 

組み合わせ

 

 

 


スポンサーリンク


 

優勝候補と展望

 

ここからは春季新潟県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。

まずは昨秋に行われた秋季県大会と秋季北信越地区大会の結果を振り返ってみましょう。

秋季新潟県大会の結果

■決勝

日本文理 4-3 新潟南

■3位決定戦

関根学園 7-0 帝京長岡(7回コールド)

■準決勝

関根学園 1-4 日本文理

新潟南 13-6 帝京長岡

■準々決勝

新潟南 3-2 加茂暁星

帝京長岡 4-1 三条

新潟 0-5 関根学園

日本文理 4-2 新潟産大付

 

秋季北信越地区大会の結果

■決勝(再試合)

啓新(福井3位)4-7星稜(石川1位)

■決勝

啓新(福井3位)2-2星稜(石川1位)
(延長15回)

■準決勝

啓新(福井3位)4-3上田西(長野1位)

星稜(石川1位)4-0東海大諏訪(長野3位)

■準々決勝

星稜(石川1位)11-0松本第一(長野2位)
(5回コールド)

日本文理(新潟1位)1-2東海大諏訪(長野3位)

工大福井(福井1位)1-8上田西(長野1位)
(7回コールド)

啓新(福井3位)3-2遊学館(石川2位)

■1回戦

関根学園(新潟3位)0-9星稜(石川1位)
(7回コールド)

松本第一(長野2位)6-0金津(福井2位)

富山第一(富山1位)2-6啓新(福井3位)

上田西(長野1位)9-0帝京長岡(新潟4位)
(7回コールド)

小松商(石川3位)0-10日本文理(新潟1位)
(5回コールド)

遊学館(石川2位)8-1新潟南(新潟2位)
(7回コールド)

工大福井(福井1位)8-2高岡第一(富山3位)

東海大諏訪(長野3位)8-7高岡商(富山2位)
(延長10回)

秋季新潟県大会で優勝した日本文理、準優勝の新潟南、ベスト4に入った関根学園と帝京長岡が秋季北信越地区大会へ駒を進めました。

新潟南、関根学園、帝京長岡は初戦敗退となり、日本文理も準々決勝で敗れました。
 


スポンサーリンク


 

春季新潟県大会の優勝候補・展望

混戦が予想される春季新潟県大会ですが、やや日本文理の戦力が充実している感じはあります。

秋季新潟県大会でも優勝した日本文理ですが、南隼人投手が投手陣の中心になります。
140キロを超えるストレートにブレーキの利いたカーブ、切れ味鋭いスライダーが武器になります。
秋季北信越大会の準々決勝では東海大諏訪に敗れましたが、南隼人投手は怪我のため、途中降板しています。
怪我が治っていれば、春季新潟県大会でも良いピッチングを見せてくれるのではないでしょうか。

 

秋季新潟県大会で準優勝した新潟南も注目したいです。
新潟南は清水響介投手が投手陣の中心になり、打撃陣はトップバッターの岩渕大選手がチームをけん引。
秋季新潟県大会の決勝では日本文理を追い詰め、終盤に逆転しましたが、逃げ切れず3-4で敗れました。
ただ、日本文理と互角の戦いとしたことで自信となったのではないでしょうか。

 

そのほかでは、関根学園帝京長岡も侮れませんし、昨夏の甲子園出場校の中越の巻き返しにも注目したいです。

ということで、混戦が予想される春季新潟県大会ですが、どのチームが頂点に立つのか最後まで目の離せない大会になりそうです。
  

    
 


スポンサーリンク


 

 - Sports