【高校野球】春季高知県大会2019 日程・組み合わせ・結果・展望!

      2019/04/05

 

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とは また違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

ということで、今回は2019年春季高知県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果についてまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 

春季高知県大会 日程

 
【日程】 2019年3月21日(水)3月30日(土)

【決勝戦】2019年3月30日(土)
 
明徳義塾が7年ぶり8回目の優勝
 

速報・結果

 

4月2日(火)

 
【決勝】
 
明徳義塾 11ー4 高知
 

3月31日(日)

 
【準決勝】
 
高知 3ー1 岡豊

明徳義塾 13ー3 小津
(6回コールド)
 

3月29日(金)

 
【準々決勝】
 
高知高専 5ー7 小津

明徳義塾 11ー1 高知工
 

3月28日(木)

 
【準々決勝】
 
高知 16ー0 高知西
(5回コールド)

岡豊 4ー2 高知商
 

3月27日(水)

 
【2回戦】
 
明徳義塾 10ー0 安芸
(5回コールド)

高知工 10ー0 高知海洋・高知丸の内・室戸
(5回コールド)
 
 

3月26日(火)

 
【2回戦】
 
高知商 7ー0 中村
(8回コールド)

高知高専 11ー1 高知東
(6回コールド)

高知農 2ー9 小津
(7回コールド)
 

3月25日(月)

 
【2回戦】
 
高知 7ー6 東工業

高知西 6ー3 土佐

岡豊 12ー0 土佐塾
(5回コールド)
 

3月24日(日)

 
【1回戦】
 
高知農 6ー2 小津

高知中央 3ー10 明徳義塾
(8回コールド)

清水・宿毛・幡多農 0ー10 高知工
(5回コールド)
 

3月23日(土)

 
【1回戦】
 
伊野商 0ー10 高知
(6回コールド)

東工業 10ー7 追手前

高知西 4ー3 須崎・須崎工

宿毛工 1ー13 岡豊
(5回コールド)

高知商 8ー3 高知南

安芸桜ヶ丘 0ー20 高知高専
(5回コールド)
 

3月21日(木)

 
雨天順延
 
 

 
 


スポンサーリンク


 

優勝候補と展望

 

ここからは春季高知県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。

まずは昨秋に行われた秋季大会と秋季四国地区大会の結果を振り返ってみましょう。

秋季高知県大会の結果

■決勝

高知 2-8 高知商

■3位決定戦

明徳義塾 8-3 土佐

■準決勝

明徳義塾 8-10 高知

高知商 3-0 土佐

■準々決勝

高知商 6-2 土佐塾

土佐 3-2 高知工

明徳義塾 7-1 高知東

高知 2-1 岡豊

 

秋季四国地区大会の結果

■決勝

松山聖陵(愛媛3位)1-3高松商(香川1位)

■準決勝

富岡西(徳島3位)3-5松山聖陵(愛媛3位)

高松商(香川1位)10-4高知商(高知1位)

■準々決勝

帝京第五(愛媛1位)6-10富岡西(徳島3位)

高松商(香川1位)4-2明徳義塾(高知3位)

川島(徳島1位)1-5松山聖陵(愛媛3位)

高知商(高知1位)2-1徳島商(徳島2位)

■1回戦

聖カタリナ学園(愛媛2位)0-2明徳義塾(高知3位)

高知(高知2位)7-8富岡西(徳島3位)

徳島商(徳島2位)6-4英明(香川3位)
(延長11回)

志度(香川2位)3-11松山聖陵(愛媛3位)
(7回コールド)

秋季高知県大会で優勝した高知商と準優勝の高知、3位の明徳義塾が秋季四国地区大会へ駒を進めました。
高知は初戦で敗れましたが、明徳義塾はベスト8、高知商はベスト4に入りました。

 

ここからは春季高知県大会の優勝候補・展望をまとめてみたいと思います。

高知県を代表する強豪校の明徳義塾ですが、秋季高知県大会では3位ということで、思ったような結果は残せませんでした。
ただ、選手の能力は高いと思うので、春季高知県大会ではどんな戦いを見せてくれるか楽しみです。

秋季高知県大会で投手陣を引っ張ったのが、服部遼馬投手でしたが、エース候補として山田圭祐投手もいます。
ケガもあり思ったような結果は残せていませんが、今は状態がいいようなので、春季大会では活躍してくれるのではないでしょうか。
新しい改革として今年からウエイトトレーニングを通年で行うということで、打線の力強さはもっと増しそうです。

 

秋季高知県大会を制した高知商は強力な打線が持ち味のチームです。
昨夏の甲子園を経験したメンバーも残っているので、春季大会へ向け、さらなる飛躍が期待されます。

注目は1年生(新2年生)の西村貫輔になります。昨夏の甲子園でも活躍しました。
ただ、チームとしては絶対的エースがいないので、投手陣の底上げが課題といった感じでしょうか。
秋季大会は継投で勝ち進みましたが、春季大会はどうなるでしょうか。

 

あと秋季高知県大会で準優勝した高知も侮れません。
高知にはスーパー中学生の森木大智選手が進学するので、これからの高知は強くなっていくのではないでしょうか。

という感じで春季高知県大会の展望・優勝候補に関しては高知商高知明徳義塾が有力になりそうです。
 
  

    



スポンサーリンク

 

 - Sports