【高校野球】春季石川県大会 2019 日程・組み合わせ・結果・展望!

      2019/04/05

 

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とは また違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

ということで、今回は2019年春季石川県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果をまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 

春季石川県大会 日程

 

わかり次第追記します。

 

組み合わせ

 

わかり次第追記します。
 


スポンサーリンク


 

優勝候補と展望

 

ここからは春季石川県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。

まずは昨秋に行われた秋季県大会と秋季北信越地区大会の結果を振り返ってみましょう。

 

秋季石川県大会の結果

■決勝

遊学館 0-7 星稜

■3位決定戦

小松商 5-3 鵬学園(延長11回)

■準決勝

小松商 1-5 遊学館

鵬学園 0-8 星稜(7回コールド)

■準々決勝

鶴来 0-4 鵬学園

金沢商 1-5 小松商

金沢泉丘 1-6 遊学館

金沢 4-13 星稜

 

秋季北信越地区大会の結果

■決勝(再試合)

啓新(福井3位)4-7星稜(石川1位)

■決勝

啓新(福井3位)2-2星稜(石川1位)
(延長15回)

■準決勝

啓新(福井3位)4-3上田西(長野1位)

星稜(石川1位)4-0東海大諏訪(長野3位)

■準々決勝

星稜(石川1位)11-0松本第一(長野2位)
(5回コールド)

日本文理(新潟1位)1-2東海大諏訪(長野3位)

工大福井(福井1位)1-8上田西(長野1位)
(7回コールド)

啓新(福井3位)3-2遊学館(石川2位)

■1回戦

関根学園(新潟3位)0-9星稜(石川1位)
(7回コールド)

松本第一(長野2位)6-0金津(福井2位)

富山第一(富山1位)2-6啓新(福井3位)

上田西(長野1位)9-0帝京長岡(新潟4位)
(7回コールド)

小松商(石川3位)0-10日本文理(新潟1位)
(5回コールド)

遊学館(石川2位)8-1新潟南(新潟2位)
(7回コールド)

工大福井(福井1位)8-2高岡第一(富山3位)

東海大諏訪(長野3位)8-7高岡商(富山2位)
(延長10回)

 

秋季石川県大会で優勝した星稜、準決勝の遊学館、そして3位の小松商が秋季北信越大会へ駒を進めました。

小松商は初戦敗退、遊学館は準々決勝で敗退となりましたが、星稜は見事に秋季北信越大会を制し、選抜を決めました。

選抜でも優勝候補に挙げられているだけに期待が膨らみます。

 
 


スポンサーリンク


 

春季石川県大会の優勝候補・展望

春季石川県大会の優勝候補・展望についてまとめてみたいと思いますが、やはり星稜が戦力的に頭一つ抜きん出ています。

春季石川県大会も星稜が優勝候補の本命になりそうです。

対抗としては遊学館小松商鵬学園が挙がりそうです。

 

遊学館は秋季大会では高田竜星投手、岡田修斗投手、畑中吾朗投手、布施武虎投手など中心に継投で勝ち上がりました。
打撃陣も好調でした。春季大会でも投打がかみ合えば面白い存在になるのではないでしょうか。

 

小松商は塚本裕也投手、北優作投手、寺沢太紀投手が中心になり、投手陣をけん引。
打撃陣は中川凜選手、宮吉奎也選手、吉元大樹選手、清水剣音選手、中出彪太郎選手などが中心になります。
秋季石川県大会では3位になり健闘しましたが、秋季北信越大会の1回戦では日本文理(新潟)と対戦し、0-10の5回コールドで敗れるなど課題の多い秋季大会になりました。

 

鵬学園は投手では米田武琉投手、打撃陣は竹中晃太郎選手が中心になります。
秋季石川県大会の3位決定戦では延長11回の末、敗れてしまい秋季北信越大会へは進めませんでした。
悔しい思いも強いと思うので春季大会ではリベンジしてもらいたいです。

 

ということで、春季石川県大会は星稜が軸になりそうです。

選抜後の大会となるので、ベストコンディションでは挑めないかも知れませんが、控えを含め戦力は充実しているので、優勝候補の本命になりそうです。

星稜が予想通りに勝ち進むのか、波乱は起こるのか、そのあたりも注目の春季大会になりそうです。
  

    

 


スポンサーリンク


 

 

 - Sports