【高校野球】春季茨城県大会 2019 日程・組み合わせ・結果・展望!

      2019/05/05

 

選抜高校野球に注目が集まる時期になりましたが、同時に全国では高校野球春季大会が行われます。

ひと冬越えてチームとしての完成度も向上し、秋季大会とはまた違った展開が予想されます。
また、夏の都道府県大会の前哨戦としても注目が集まる大会と言えます。

ということで、今回は2019年春季茨城県大会の優勝候補・展望・日程・組み合わせ・結果をまとめてみたいと思います。
 


スポンサーリンク


 

春季茨城県大会 日程

【地区予選日程】

県北地区 2019年4月13日(土)~16日(火)
水戸地区 2019年4月13日(土)~17日(水)
県南地区 2019年4月13日(土)~15日(月)
県西地区 2019年4月13日(土)~15日(月)


【地区予選抽選会】

2019年4月11日(木)


【県大会日程】

2019年4月27日(土)~5月6日(月)


【県大会抽選会】

2019年4月19日(金)
 

茨城県大会 結果

 

 
 

地区予選 結果

 

 
 


スポンサーリンク


 

優勝候補と展望

 

ここからは春季茨城県大会の優勝候補・展望に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋に行われた秋季県大会と秋季関東地区大会の結果を振り返ってみましょう。

秋季茨城県大会の結果

■決勝

藤代 0-15 常総学院

■準決勝

常総学院 9-2 水城(7回コールド)

石岡一 4-5 藤代(延長13回)

■準々決勝

常総学院 11-1 常磐大(5回コールド)

霞ヶ浦 1-3 藤代

水城 2-0 竜ヶ崎一

石岡一 4-2 土浦日大

 

秋季関東地区大会の結果

■決勝

桐蔭学園(神奈川2位)9-6春日部共栄(埼玉1位)

■準決勝

習志野(千葉2位)2-4桐蔭学園(神奈川2位)

山梨学院(山梨2位)1-2春日部共栄(埼玉1位)

■準々決勝

東海大甲府(山梨1位)4-8習志野(千葉2位)

佐野日大(栃木1位)1-8桐蔭学園(神奈川2位)

春日部共栄(埼玉1位)9-2横浜(神奈川1位)
(7回コールド)

前橋育英(群馬1位)1-9山梨学院(山梨2位)
(7回コールド)

■1回戦

春日部共栄(埼玉1位)7-6藤代(茨城2位)

横浜(神奈川1位)8-2甲府工(山梨3位)

習志野(千葉2位)3-1桐生第一(群馬2位)
(延長14回)

佐野日大(栃木1位)5-2東農大三(埼玉2位)

常総学院(茨城1位)5-7桐蔭学園(神奈川2位)

前橋育英(群馬1位)1-0作新学院(栃木2位)

中央学院(千葉1位)2-7山梨学院(山梨2位)

 

秋季茨城県大会を制したのは常総学院でした。準優勝の藤代とともに秋季関東地区大会へ駒を進めました。
秋季関東地区大会では常総学院、藤代ともに1回戦で敗退となりました。
ただ、石岡一が21世紀枠でセンバツ出場になりました。
どんな戦いを見せてくれるのか楽しみです。
 


スポンサーリンク


 

春季茨城県大会の優勝候補・展望

 

茨城は戦力的には常総学院が充実しています。

常総学院の投手陣はプロ注目の岡田幹太投手が軸になり、打線も強力です。
秋季関東地区大会でも優勝候補に挙がっていたくらいなので、春季大会でも優勝候補の本命になりそうです。

ただ、今年の茨城県は好投手が多いので、番狂わせが起こる可能性は十分あります。

たとえば、藤代には中山航投手がいますが、評価の高い投手です。
また控えの小島拓也投手も秋季大会では活躍しました。

 

21世紀枠で選抜出場を果たした石岡一もプロ注目の岩本大地投手がいます。

そのほか霞ヶ浦の福浦太陽投手も評価の高い投手です。
投打がかみ合えば、上位進出も狙えるチームと言えます。

 

特に藤代は秋季茨城県大会の決勝で常総学院に完敗しましたが、秋季関東地区大会の1回戦では春日部共栄と接戦を演じました。
常総学院に敗れ、見つかった課題とともに春日部共栄と互角に戦えたという自信も手に入れました。

 

今年の春季茨城県大会は常総学院が軸になりますが、番狂わせを起こすだけの可能性を秘めたチームもあり、最後まで目の離せない大会になりそうです。
 
  

    



スポンサーリンク

 

 - Sports