【高校野球】2018夏の甲子園!山梨県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/22

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

今年の山梨県代表はどこになるのでしょうか?

過去5年の代表校がこちら

2013年 日川   (2回戦敗退)
2014年 東海大甲府(1回戦敗退)
2015年 東海大甲府(3回戦敗退)
2016年 山梨学院 (2回戦敗退)
2017年 山梨学院 (1回戦敗退)

 

気になる2018年の山梨県代表

ここからは夏の山梨県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 
 

夏の山梨県大会 日程

 

【抽選会】
 
2018年6月21日(木)に組み合わせが決まりました。
 

【高校野球】2018 夏の山梨県大会(予選)組み合わせ

 

【開幕】 2018年7月7日(土)

 

結果

 
 

7月7日(土)

 

■1回戦
 
甲府昭和 4-2 山梨農林

富士北稜 10-3 韮崎

 
 

7月8日(日)

 

■1回戦
 
甲府西 4-2 甲府南

 
■2回戦
 
山梨学院 12-0 山梨
(5回コールド)

日大明誠 15-0 峡南・甲陵 
(5回コールド)

 
 
 

7月10日(火)

 

■2回戦
 
市川 5-4 富士河口湖 

都留 7-3 韮崎工 

甲府工 2-1 駿台甲府 

増穂商 7-4 巨摩 

日本航空11-4 塩山 
 
 
 

7月11日(水)

 

■2回戦
 

東海大甲府 11-4 富士学苑
(7回コールド)

上野原 2-1 都留興譲館

甲府商 10-0 富士北稜
(5回コールド)

甲府城西 5-2 北杜 
 
 
※中止
笛吹 VS 甲府昭和
 

 

7月12日(木)

 

■2回戦
 
帝京第三 8-1 甲府第一

身延 7-0 甲府東 
(7回コールド)

吉田 8-3 甲府西

日川 7-0 白根 
(7回コールド)

笛吹 19-2 甲府昭和
(5回コールド)

 
 

7月14日(土)

 

■3回戦
 
山梨学院 13-3 日大明誠
(5回コールド)

都留 7-6 市川

甲府工 9-0 増穂商
(7回コールド)
 
 

7月15日(日)

 

■3回戦
 
東海大甲府 13-3 上野原
(6回コールド)

日本航空 9-3 笛吹

甲府城西 7-2 甲府商
 
 

7月16日(月)

 

■3回戦
 
帝京三 6-1 身延

日川 9-8 吉田

 
 

7月18日(水)

 

■準々決勝
 
山梨学院 8-4 都留

甲府工 5-4 日本航空
 
 

7月19日(木)

 

■準々決勝
 
帝京三 3-2 日川

東海大甲府 11-4 甲府城西
(8回コールド)
 
 

7月21日(土)

 

■準決勝
 
山梨学院 5-1 甲府工

帝京三 6-5 東海大甲府
 
 

7月22日(日)

 

■決勝
 
山梨学院 12-4 帝京三
 
 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の山梨県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季山梨県大会と今年の春季山梨県大会を振り返りたいと思います。

 

【秋季山梨県大会の結果】

 
■決勝

東海大甲府 14-3 山梨学院

■準決勝

山梨学院 7-0 帝京三
(7回コールド)

東海大甲府 4-3 駿台甲府

■準々決勝

駿台甲府 8-1 都留
(8回コールド)

東海大甲府 8-2 都留興譲館

帝京三 8-0 日川
(7回コールド)

山梨学院 3-1 甲府工

 

【秋季関東地区大会の結果】

 
■決勝

中央学院 6-5 明秀日立

■準決勝

明秀日立 7-4 慶應義塾

中央学院 3-2 東海大相模

■準々決勝

慶應義塾(神奈川) 3-2 国学院栃木

中央学院(千葉) 5-1 霞ヶ浦(茨城)

明秀日立(茨城) 7-5 健大高崎(群馬)

東海大相模(神奈川) 12-1 作新学院(栃木)
5回コールド

 

【春季山梨県大会の結果】

 
■決勝

山梨学院 6-4 東海大甲府

■準決勝

東海大甲府 4-2 駿台甲府

山梨学院 11-3 帝京三
(8回コールド)

■準々決勝

山梨学院 6-0 甲府城西

帝京三 4-3 日本航空

東海大甲府 11-0 都留
(5回コールド)

駿台甲府 13-1 日川
(5回コールド)

 

【春季関東地区大会の結果】

 

■決勝

健大高崎 15-10 日大三
■準決勝

日大三 9-8 常総学院

健大高崎 9-8 木更津総合

■準々決勝

常総学院 7-3 東海大相模

木更津総合 13-5 横浜

日大三 9-2 習志野

健大高崎 7-6 浦和学院
■2回戦

東海大相模 8-7 花咲徳栄

常総学院 7-2 関東学園大附

習志野 7-2 作新学院

日大三 8-5 山梨学院

木更津総合 10-2 国士館
(7回コールド)

横浜 6-1 明秀日立

健大高崎 8-2 東海大甲府

浦和学院 5-2 千葉黎明
■1回戦

花咲徳栄 14-9 専修大松戸

日大三 5-3 桐光学園

千葉黎明 4-3 青藍泰斗

 

 


スポンサーリンク


 
 
ここからは2018年夏の山梨県大会の優勝候補を予想していきます。

秋春の県大会の結果や、過去5年の山梨代表を見てもわかるように山梨学院東海大甲府が中心の山梨。
この2校が
優勝候補といえるのではないでしょうか。

 

山梨学院は、大型左腕エース 垣越建伸投手(3年)の出来がポイントとなります。
球速140キロ超えのストレートのキレは抜群で、昨夏の甲子園を経験したことで安定感も出てきました。

打線は、昨年ほどの破壊力はないものの着実に得点できるだけの力はあります。

注目は、入学直後から正捕手を任されている栗田勇雅選手(1年)。
春の県大会 決勝では1年生とは思えない堂々としたプレーを見せ、勝ち越しの2点適時打を放つなどチームの優勝に大きく貢献しました。

小学4年から捕手を務めている栗田選手。
中学とは投手の球のキレや打球の強さ、走者の速さも違い、リード面などでは課題はあるものの、県大会と関東大会出場は良い経験になったようです。

 

昨秋の県大会で優勝した東海大甲府は、4番で捕手の山本奬太選手(3年)が攻守の中心。
身長172cmと上背はないものの、体重82kgのたくましい体格で素早く動いて強いボールを投げられるスローイングや、インパクトが強く右方向にも打てるバッティングは超高校級。

また、山本捕手の後輩で中学から同じチームでプレーする加藤匠投手(2年)が秋以降、大きく成長。
三塁手として出場する機会が多い加藤投手ですが、山本捕手曰く直球で打ち取れる投手になったそうで、春は準決勝の駿台甲府戦で2失点完投。
関東大会でも先発を任され健大高崎(群馬)の強力打線を5回2失点に抑えました。

 

ということで、夏の山梨県大会は、山梨学院東海大甲府の2校が優勝候補。

また、県内を代表するエース左腕 荘司宏太投手(3年)擁する駿台甲府や、強打者 坂本司(3年)選手の活躍が期待される甲府工も侮れません。
 
 

 


スポンサーリンク


 
 

 

 

 - Sports