【高校野球】2018夏の甲子園!静岡県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/27

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。
 

今年の静岡県代表はどこになるのでしょうか?

 

過去5年の代表校がこちら

2013年 常葉菊川 (3回戦敗退)
2014年 静岡   (1回戦敗退)
2015年 静岡   (1回戦敗退)
2016年 常葉菊川 (2回戦敗退)
2017年 藤枝明誠 (1回戦敗退)

 

気になる2018年の静岡県代表

ここからは夏の静岡県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 
 

夏の県大会 日程

 

【抽選日】
2018年6月23日(土)

【高校野球】2018 夏の静岡県大会(予選)組み合わせ

 

【開幕】 2018年7月7日(土)

 

結果

 

7月7日(土)

 

■1回戦
 
清水桜が丘 2-0 沼津商 
 

7月8日(日)

 

■1回戦
 
浜松市立 5-1 島田工

藤枝明誠 5-3南伊豆 

日大三島 3-2 島田

浜松北 10-0 金谷
(5回コールド)

静岡商 2-0 富士宮東

榛原 2-1 川根

磐田南 9-3 富士宮北 

浜松日体 9-4 小山

袋井 7-4 横須賀

沼津高専 17-2 熱海
(5回コールド)

清水西 5-1 富士宮西

島田樟誠 1-0 御殿場 

伊豆中央 6-5 清流館

浜松湖北 6-3 オイスカ 

焼津水産 8-2 佐久間

浜松学院 11-2 磐田農 
(7回コールド)

浜松城北工 5-4 袋井商 

富士東 6-0 裾野

相良 11-0 沼津工 
(7回コールド)

三島北 7-3 静岡北

三島南 7-0 菊川南陵
(7回コールド)

清水東 10-0 伊東商
(7回コールド)

浜松修学舎 2-1 星陵 

 
 

7月14日(土)

 

■1回戦

 
富士 4-2 御殿場南 

磐田西 3-2 浜松東 

浜松工 4-3 駿河総合 

浜松大平台 3-2 田方農

韮山 5-4 聖隷クリストファー

浜松湖東 6-3 御殿場西 

誠恵 8-4 下田

科学技術 7-2 藤枝東

静清 7-0 浜松江之島
(8回コールド)

静岡学園 5-2 伊東

藤枝北 3-0 富岳館

静岡東 7-5 磐田北

掛川東 6-2 城南静岡

沼津東 9-7 掛川工

浜名 17-0 浜北西
(5回コールド)

湖西 7-3 浜松商

浜松西 7-0 静岡農

浜松開誠館 9-4 浜松湖南 

飛龍 7-0 桐陽
(7回コールド)

天竜 15-0 浜松南
(5回コールド)

池新田 9-8 藤枝西 

常葉大橘 16-9 小笠 
(7回コールド)

沼津城北 3-1 新居 
 
 

7月15日(日)

 

■2回戦

 
東海大静岡翔洋 7-0 浜松市立
(7回コールド)

日大三島 5-4 藤枝明誠

静岡商 3-0 浜松北

富士市立 5-1 榛原

磐田南 5-0 焼津中央

袋井 2-0 浜松日体

清水西 7-1 沼津高専

常葉大菊川 6-3 清水桜が丘

吉原 3-2 島田樟誠

浜松湖北 3-2 伊豆中央

焼津水産 9-7 浜松学院

浜松城北工 9-6 静岡西

富士東 3-2 静岡大成

相良 6-5 三島北

三島南 7-0 清水東
(7回コールド)

浜松修学舎 3-0 市立沼津

 
 

7月16日(月)

 

■2回戦

 
島田商 4-1 富士

浜松工 9-3 磐田西

浜松大平台 3-1 韮山

浜松湖東 9-0 遠江総合
(7回コールド)

静岡市立 9-2 誠恵
(8回コールド)

科学技術 8-7 静清

静岡学園 12-3 藤枝北
(7回コールド)

知徳 7-1 静岡東

掛川西 5-1 掛川東

浜名 7-1 沼津東

湖西 5-4 吉原工

加藤学園 4-2 浜松西

浜松開誠館 6-4 磐田東

飛龍 4-3 天竜

常葉大橘 8-1 池新田
(7回コールド)

静岡 17-0 沼津城北
(5回コールド)
 
 

7月21日(土)

 

■3回戦
 
静岡 5-3 常葉大橘

静岡商 12-0 富士市立
(5回コールド)

島田商 7-5 浜松工

湖西 4-1 加藤学園

浜松修学舎 5-4 三島南

知徳 8-3 静岡学園

日大三島 9-5 東海大静岡翔洋

相良 7-2 富士東

吉原 5-3 浜松湖北

袋井 5-3 磐田南

常葉大菊川 7-0 清水西
(7回コールド)

掛川西 8-1 浜名
(7回コールド)

静岡市立 5-4 科学技術

浜松大平台 5-4 浜松湖東

浜松城北工 2-1 焼津水産

飛龍 6-5 浜松開誠館
 
 

7月22日(日)

 

■4回戦
 
飛龍 8-6 静岡

島田商 5-3 浜松大平台

浜松修学舎 3-2 相良

浜松城北工 4-3 吉原

静岡商 6-3 日大三島

静岡市立 6-3 知徳

常葉大菊川 16-2 袋井
(5回コールド)

掛川西 3-0 湖西

 

 
 

7月24日(火)

 

■準々決勝

 
掛川西 8-5 飛龍

島田商 10-9 静岡市立

常葉大菊川 11-0 静岡商

浜松城北工 6-4 浜松修学舎
 
 

7月25日(水)

 

■準決勝

 
島田商 18-7 掛川西 

常葉大菊川 9-0 浜松城北工
 
 

7月27日(金)

 

■決勝

 
常葉大菊川 6-5 島田商
 

 



スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の静岡県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季静岡県大会と今年の春季静岡県大会を振り返りたいと思います。

 

【秋季静岡県大会の結果】

 
■決勝

静岡 9-7 常葉大菊川

■3位決定戦

常葉大橘 5-0 静岡市立

■準決勝

静岡 9-4 静岡市立

常葉大菊川 4-2 常葉大橘

■準々決勝

静岡 6-3 知徳

常葉大橘 3-0 飛龍

常葉大菊川 10-1 磐田東
(5回コールド)

静岡市立 3-2 日大三島

 

 

【秋季東海地区大会の結果】

 
■決勝

静岡 6-5 東邦

■準決勝

静岡 7-4 中京院中京

東邦 10-9 三重

■準々決勝

中京院中京(岐阜)8-1常葉大橘
(8回コールド)

三重 5-0 大垣西

静岡 1-0 いなべ総合

東邦(愛知) 10-6 常葉大菊川

■1回戦

常葉大橘(静岡)2-1愛産大三河(愛知)

大垣西(岐阜)8-7中京大中京(愛知)

いなべ総合(三重)5-4岐阜各務野

常葉大菊川(静岡)8-4松阪商(三重)

 

 

【春季静岡県大会の結果】

 
■決勝

静岡 12-5 東海大静岡翔洋

■3位決定戦

市沼津 5-0 島田商

■準決勝

静岡 6-5 市沼津

東海大静岡翔洋 10-6 島田商

■準々決勝

市沼津 7-4 掛川西

静岡 4-2 知徳

東海大静岡翔洋 2-0 常葉大菊川

島田商 5-1 吉原

 

 

【春季東海地区大会の結果】

 

■決勝

東邦 2-0 いなべ総合

■準決勝

東邦 9-7 静岡いなべ総合 13-6 東海大静岡翔洋

■1回戦

静岡(静岡1位) 3-0 帝京大可児(岐阜2位)

東邦(愛知2位) 11-4 津田学園(三重1位)
(8回コールド)

東海大静岡翔洋(静岡2位) 6-5 誉(愛知1位)

いなべ総合(三重2位) 3-2 中京院中京(岐阜1位)

 

 


スポンサーリンク


 
 
夏の静岡県大会の優勝候補は、秋春の県大会で優勝しセンバツにも出場した静岡が頭一つ抜けています。

春の県大会では、右のエース春翔一朗投手(3年)が右肘痛で離脱しましたが、代わって1番をつけた左のエース鈴木翔也投手(3年)が投手陣をけん引し優勝。
鈴木投手は精神面での成長も見られました。

攻撃力は、俊足好打の一番 村松開人選手(3年)や勝負強い成瀬和人選手(3年)を中心に切れ目のない打線。
東海大会では村松選手を故障で欠く中、初戦突破するなどチームの結束力が高いチームです。

対抗は、春の県大会準優勝の東海大静岡翔洋と、最速140キロ右腕 漢人友也投手(3年)やプロ注目の強肩捕手根来龍真選手(3年)擁する常葉大菊川。

また、プロ注目の剛腕 川合勇気投手(3年)擁する掛川西も侮れません。
 
 

 


スポンサーリンク


 
 

 - Sports