【高校野球】2018夏の甲子園!大分県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/25

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。
北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

今年の大分県代表はどこになるのでしょうか?

 

過去5年の代表校がこちら

2013年 大分商 (1回戦敗退)
2014年 大分  (1回戦敗退)
2015年 明豊  (1回戦敗退)
2016年 大分  (1回戦敗退)
2017年 明豊  (準々決勝敗退)

気になる2018年の大分県代表
ここからは夏の大分県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。



スポンサーリンク

夏の大分県大会 日程・抽選日

 

【抽選日】2018年6月20日(水)

【開幕】 2018年7月7日(土)

 

結果

 

7月7日(土)

 
※天候不良のため中止
 
 

7月8日(日)

 
■1回戦
 
大分工 8-1 大分上野丘
(7回コールド)
 
 

7月9日(月)

 

■1回戦
 
楊志館 4-0 臼杵 

大分西 1-0 中津南

大分東 9-2 玖珠美山 
(7回コールド)
 
 

7月10日(火)

 

■1回戦
 
別府翔青 6-2 国東 

日田 3-0 安心院 

日本文理大附 7-0 大分鶴崎 
(7回コールド)

 
 

7月11日(水)

 

■1回戦
 
大分舞鶴 4-3 大分

大分東明 3-0 別府鶴見丘

三重総合 3-0 竹田
 
 

7月12日(木)

 

■1回戦
 
大分南 5-3 由布 

津久見 11-4 中津北
(8回コールド)

■2回戦
 
明豊 4-3 大分工

 
 

7月13日(金)

 

■2回戦
 
大分商 5-4 楊志館

日田林工 5-4 大分西

日田三隈 9-0 双国・宇佐座
(7回コールド)
 
 

7月14日(土)

 

■2回戦
 
柳ヶ浦 9-1 大分東
(7回コールド)

日出総合 6-2 別府翔青

情報科学 1-0 日田

 
 

7月15日(日)

 

■2回戦
 
大分豊府 4-3 大分国際情報

佐伯鶴城 6-2 日本文理大附

佐伯豊南 11-7 大分舞鶴
 
 

7月16日(月)

 

■2回戦
 
鶴崎工 3-2 大分東明

大分雄城台 10-8 中津東

藤蔭 7-5 三重総合

 
 

7月17日(火)

 

■2回戦
 
大分南 5-4 高田

津久見10-6 杵築

宇佐 3-2 大分高専
 
 

7月18日(水)

 

■3回戦
 
鶴崎工 9-3 大分雄城台

明豊 14-7 大分商
(7回コールド)

日田林工 5-2 日田三隈

佐伯鶴城 9-1 佐伯豊南
(7回コールド)
 
 

7月19日(木)

 

■3回戦
 
柳ヶ浦 7-3 日出総合

情報科学 4-3 大分豊府

藤蔭 5-1 大分南

津久見 6-1 宇佐
 
 

7月20日(金)

 

■準々決勝
 
明豊 7-5 日田林工

佐伯鶴城 5-3 鶴崎工
 
 

7月21日(土)

 

■準々決勝
 
柳ヶ浦 2-1 情報科学

藤蔭 11-4 津久見
(7回コールド)

 
 

7月23日(月)

 

■準決勝
 
柳ヶ浦 10-4 明豊

藤蔭 9-7 佐伯鶴城 
 
 

7月25日(水)

 

■決勝

 
桐蔭 1-0 柳ヶ浦 
 
 


スポンサーリンク

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の大分県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季大分県大会を振り返りたいと思います。

【秋季大分県大会の結果】


■決勝

明豊 4-2 鶴崎工

■準決勝

鶴崎工 6-2三重総合

明豊 12-2 日本文理大付

■準々決勝

日本文理大付 4-3 藤蔭

明豊 10-1 大分舞鶴
(7回コールド)

鶴崎工 9-1 楊志館
(7回コールド)

三重総合 7-2 佐伯鶴城

 

【秋季九州地区大会の結果】

■決勝

創成館(長崎1位)7-4富島(宮崎2位)

■準決勝

創成館(長崎1位)2-0延岡学園(宮崎1位)

富島(宮崎2位)6-5東筑(福岡1位)

■準々決勝

創成館(長崎1位)8-3沖縄尚学(沖縄1位)

延岡学園(宮崎1位)10-6明豊(大分1位)

長崎商(長崎2位)2-9富島(宮崎2位)
(7回コールド)

神村学園(鹿児島1位)0-2東筑(福岡1位)

■2回戦

明豊(大分1位)10-1鹿児島実(鹿児島2位)

富島(宮崎2位)4-1文徳(熊本1位)

佐賀学園(佐賀1位)0-5長崎商(長崎2位)

創成館(長崎1位)8-1都城東(宮崎4位)
(7回コールド)

東筑(福岡1位)4-1興南(沖縄2位)

筑陽学園(福岡2位)2-5延岡学園(宮崎1位)

伊万里(佐賀2位)0-8沖縄尚学(沖縄1位)

鶴崎工(大分2位)0-12神村学園(鹿児島1位)
(5回コールド)

■1回戦

都城東(宮崎4位)3-2九州学院(熊本2位)

興南(沖縄2位)2-1宮崎日大(宮崎3位)

 

秋季大分県大会を制した明豊と準優勝の鶴崎工は秋季九州地区大会へ駒を進めましたが、鶴崎工は初戦敗退。
明豊も準々決勝で敗れ、選抜高校野球大会の出場とはなりませんでした。

 

続いて春季大会を振り返ります。


【春季大分県大会の結果】

■決勝

明豊 14-3 杵築

■準決勝

明豊 8-0 国東

杵築 5-3 竹田

■準々決勝

明豊 9-1 藤蔭

竹田 4-0 日田林工

杵築 4-2 楊志館

国東 6-5 津久見

 

 

【春季九州地区大会の結果】

■ 決勝
 
九国大付(福岡4位)13-0 明豊(大分1位)

■ 準決勝

九国大付(福岡4位)2-1未来沖縄(沖縄1位)

明豊(大分1位)9-7東筑(福岡推薦)

■ 準々決勝

未来沖縄(沖縄1位)9-1八幡(福岡2位)

九国大付(福岡4位)5-1創成館(長崎推薦)

明豊(大分1位)5-4伊万里(佐賀推薦)

東筑(福岡推薦)6-3樟南(鹿児島2位)

■1回戦

未来沖縄(沖縄1位)4-2れいめい(鹿児島1位)

八幡(福岡2位)3-2富島(宮崎推薦)

創成館(長崎推薦)5-4文徳(熊本1位)

九国大付(福岡4位)2-1 東明館(佐賀1位)

伊万里(佐賀推薦)10-3東筑紫学園(福岡3位)

明豊(大分1位)4-3聖心ウルスラ(宮崎1位)

東筑(福岡推薦)6-0長崎総大付(長崎1位)

樟南(鹿児島2位) 6-3 延岡学園(宮崎推薦)

 

春季大分県大会を制した明豊は春季九州地区大会へ駒を進めました。
決勝戦では九国大付(福岡)に0-13と惨敗となりましたが、冬を越え、チーム力を上げてきました。

 

 

ここからは夏の大分県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

秋季、春季大分県大会を制した明豊がやはり頭一つ抜けています。
夏の大分県大会の優勝候補の本命になりそうです。

 

今回の明豊は戦力が充実。
打撃陣で注目は昨年の夏の甲子園で2本のホームランを放ち、ブレークした濱田太貴選手に期待がかかります。
春季九州地区大会を終えた時点で高校通算37本塁打。今年のドラフト候補選手です。
春季大会では背番号は「5」でしたが、ライト・レフトを守り、強肩を披露するなど守備でも存在感をみせました。

また、濱田太貴選手以外にも昨年からのレギュラーの菅大和選手や2年生ショートの野辺優汰選手、強肩サードの伊谷幸輝選手など好打者が揃っています。

 

一方、投手陣ですが、最速142キロのストレートを投げるエース右腕・寺迫涼生投手と130キロ後半のストレートを投げる本格派右腕の大畑蓮投手など投手陣も充実しています。

夏の大分県大会では明豊が評判通りに勝ち進むのか、明豊を破るチームが出てくるのかが見どころの一つになりそうです。

 

 


スポンサーリンク

 - Sports