【高校野球】2018夏の甲子園!西兵庫県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/27

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

ということで、今年の兵庫は阪神、神戸地区の東兵庫(72校)と、幡淡、西播、但丹地区の西兵庫(90校)に分かれて開催されます。

東兵庫には、今春のセンバツで4強入りした報徳学園(西宮市)や今夏の甲子園に出場した神戸国際大付(神戸市垂水区)などが入り、西兵庫には今秋の県大会決勝を戦った明石商(明石市)と西脇工(西脇市)などの実力校が並びました。

今年の西兵庫県代表はどこになるのでしょうか?

まず過去5年の兵庫代表校がこちら

2013年 西脇工   (2回戦敗退)
2014年 神戸国際大付(1回戦敗退)
2015年 滝川二   (2回戦敗退)
2016年 市尼崎   (1回戦敗退)
2017年 神戸国際大付(3回戦敗退)

 

気になる2018年の西兵庫県代表

ここからは夏の西兵庫県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。


スポンサーリンク


 
 

夏の西兵庫県大会 日程

 

【抽選日】2018年6月26日(火)

【開幕】 2018年7月7日(土)

 

結果

 

7月7日(土)

 
※天候不良のため中止
 
 

7月8日(日)

 
※天候不良のため中止
 
 
 

7月11日(水)

 
■1回戦
 
龍野 1-0 龍野北

相生産 6-4 網干

豊岡総合 7-3 千種 

相生 11-4 上郡
(8回コールド)

小野 9-2 淡路 
(7回コールド)

太子 7-2 姫路商

神崎 12-3 村岡 

加古川北 9-3 香寺

三木 7-4 赤穂

洲本実 3-2 播磨南 

西脇 8-1 八鹿
(7回コールド)

和田山 7-3 県立大附 

白陵 8-5 相生学院 

高砂南 7-3 小野工

三木北 6-5 明石清水

明石城西 5-4 松陽

 
 

7月12日(木)

 

■1回戦

 
浜坂 8-1 生野 
(7回コールド)

氷上 3-2 飾磨

市姫路 10-0 香住
(7回コールド)

柏原 15-5 明石高専
(6回コールド)

北条 11-2 姫路別所 
(7回コールド)

明石西 4-3 明石北

姫路工 4-0 東洋大姫路

北摂三田 11-9 三田祥雲館

県農業 5-2 三木東

東播磨 7-0 吉川
(8回コールド)
 

 

7月13日(金)

 

■2回戦

 
加古川東 5-1 龍野

相生産 5-0 姫路飾西

篠山鳳鳴 5-2 豊岡総合

姫路東 6-1 三木

淳心学院 9-0 蒼開
(7回コールド)

東播工 5-4 洲本実

小野 2-1 三田学園

神崎 4-2 佐用 

高砂 11-0 加古川南
(8回コールド)

和田山 36-0 伊和
(5回コールド)

姫路南 7-0 白陵
(7回コールド)

三田松聖 8-1 高砂南
(8回コールド)

琴丘 2-1 明石南

夢前 10-0 有馬
(6回コールド)
 
 

7月14日(土)

 

■2回戦

 
加古川西 30-0 自由ヶ丘
(5回コールド)

明石商 5-0 西脇

豊岡 3-2 加古川北

相生 5-2 福崎

篠山産 11-0 太子
(5回コールド)

氷上 6-4 出石

三田西陵 18-0 氷上西 
(5回コールド)

三木北 5-4 姫路西

淡路三原 2-0 明石城西

飾磨工 8-4 浜坂

洲本 2-1 東播磨

明石 1-0 明石西

姫路工 7-5 市川

津名 6-2 市姫路

社 5-1 北条

西脇工 13-0 北摂三田
 
 

7月15日(日)

 

■2回戦

 
県農業 8-1 山崎
(8回コールド)

多可 7-0 柏原
(7回コールド)

 
 

7月17日(火)

 

■3回戦
 
小野 5-3 篠山産

東播工 6-1 氷上

明石商 7-0 高砂
(7回コールド)

杜 11-1 多可
(6回コールド)

姫路東 4-0 淳心学院

姫路南 4-0 和田山

加古川東 6-3 相生産

豊岡 7-0 神崎
(7回コールド)

津名 7-1 夢前

相生 5-4 篠山鳳鳴
 
 

7月18日(水)

 

■3回戦
 
姫路工 8-1 明石
(7回コールド)

飾磨工 11-1 琴丘
(5回コールド)

洲本 7-0 山崎
(8回コールド)

西脇工 5-2 加古川西

三木北 4-3 淡路三原

三田西陵 3-0 三田松聖
 
 

7月21日(土)

 

■4回戦
 
小野 5-1 豊岡

三田西陵 9-1 三木北
(7回コールド)

明石商 6-1 姫路南

杜 2-0 津名

東播工 6-1 姫路東

姫路工 9-2 飾磨工

加古川東 2-1 相生

洲本 3-0 西脇工
 
 

7月23日(月)

 
■準々決勝
 
明石商 5-2 洲本

小野 4-2 社 

姫路工 8-1 三田西陵 
(7回コールド)

東播工 1-0 加古川東 
 
 

7月25日(水)

 

■準決勝
 
明石商 4-3 小野

姫路工 5-0 東播工 
 
 
 

7月26日(木)

 

■決勝
 
明石商 6-3 姫路工
 
 



スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の西兵庫県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季兵庫県大会と今年の春季兵庫県大会を振り返りたいと思います。
 

【秋季兵庫県大会の結果】

 
■決勝

明石商(西兵庫) 3-2 西脇工(西兵庫)

■3位決定戦

神港学園(東兵庫) 4-3 市尼崎(東兵庫)

■準決勝

明石商(西兵庫) 10-0 市尼崎(東兵庫)
(6回コールド)

西脇工(西兵庫) 6-4 神港学園(東兵庫)

■準々決勝

神港学園(東兵庫) 6-5 淡路三原(西兵庫)

明石商(西兵庫) 8-1 育英(東兵庫)
(7回コールド)

市尼崎(東兵庫) 7-4 関西学院(東兵庫)

西脇工(西兵庫) 5-1 尼崎小田(東兵庫)

 

【秋季近畿地区大会の結果】

 
■決勝

智弁和歌山(和歌山1位)0-1大阪桐蔭(大阪1位)

■準決勝

智弁和歌山(和歌山1位)5-4乙訓(京都1位)

近江(滋賀1位)0-5大阪桐蔭(大阪1位)

■準々決勝

智弁和歌山(和歌山1位)11-4法隆寺国際(奈良3位)
(7回コールド)

乙訓(京都1位)9-4智弁学園(奈良1位)

近江(滋賀1位)4-3彦根東(滋賀3位)

大阪桐蔭(大阪1位)10-1近大付(大阪3位)
(7回コールド)

■1回戦

大阪桐蔭(大阪1位)12-0京都翔英(京都2位)
(7回コールド)

近大付(大阪3位)4-1高田商(奈良2位)

智弁学園(奈良1位)6-4西脇工(兵庫2位)

近江(滋賀1位)10-0日高中津(和歌山2位)
(5回コールド)

明石商(兵庫1位)3-4彦根東(滋賀3位)

智弁和歌山(和歌山1位)12-8履正社(大阪2位)

法隆寺国際(奈良3位)9-0比叡山(滋賀2位)
(7回コールド)

乙訓(京都1位)8-1神港学園(兵庫3位)
(7回コールド)

 

【春季兵庫県大会の結果】

 
■決勝

明石商(西兵庫) 4-3 滝川二(東兵庫)

■3位決定戦

市尼崎(東兵庫) 5-4 西脇工(西兵庫)

■準決勝

明石商(西兵庫) 3-1 西脇工(西兵庫)

滝川二(東兵庫) 2-1 市尼崎(東兵庫)

■準々決勝

滝川二(東兵庫) 6-1 神戸国際大付(東兵庫)

明石商(西兵庫) 3-2 三田学園(西兵庫)

市尼崎(東兵庫) 8-1 星陵(東兵庫)
(7回コールド)

西脇工(西兵庫) 3-0 三田松聖(西兵庫)

 

 

【春季近畿地区大会の結果】

 

■決勝

大阪桐蔭 3-1 智弁和歌山

■準決勝

大阪桐蔭 6-3 智弁学園

智弁和歌山 9-7 滝川第二

■1回戦

滝川第二(兵庫2位) 3-1 乙訓(京都1位)

智弁和歌山(和歌山1位)9-0比叡山(滋賀1位)

大阪桐蔭(大阪1位) 7-6 明石商(兵庫1位)

智弁学園(奈良1位) 7-0 市立尼崎(兵庫3位)
(7回コールド)



スポンサーリンク


 
 
振り返ったところで、ここからは夏の西兵庫大会の優勝候補に迫りたいと思います。

秋季、春季兵庫県大会の結果から見ても西兵庫大会の優勝候補の本命明石商になりそうです。
対抗としては西脇工になるでしょうか。

今年の兵庫県は明石商が強いです。
ただ、そんな明石商も強豪揃いの近畿地区大会ではいい結果が残せていません。
とはいえ、着実にチーム力を上げています。

春季兵庫県大会ではエース・加田悠真投手を打者に専念させ、福谷航太投手や松本拓馬投手に経験を積ませました。

また、春季兵庫県大会を制し春季近畿地区大会でも選抜覇者の大阪桐蔭を相手に終盤に怒涛の追い上げを見せました。
残念ながら延長の末に敗れましたが、互角の戦いを演じましたね。

その大阪桐蔭戦では5投手を繰り出し、兵庫県王者の意地を見せた明石商。
大阪桐蔭戦では3番手で投げた福谷航太投手が好投しました。
夏に向けて順調にチームが仕上がっている感じです。

 

一方、優勝候補の対抗として挙がる西脇工は2年生右腕・山中勇人投手が投手陣をけん引。
チームも守備が鍛えられていて、失策が少ないチームです。

また、小技を絡めるなど、そつのない野球が持ち味と言えます。

 

夏の西兵庫大会はどんなドラマが待っているのか期待は膨らむばかりです。
 

 
 


スポンサーリンク


 

 

 - Sports