【高校野球】2018夏の甲子園!西愛知県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/28

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

というわけで、今年の愛知は東愛知(87校)と西愛知(104校)に分かれて開催されます。

東愛知には東三河地区(豊川、豊橋、新城市)や、西三河地区(豊田、安城、岡崎市)、知多地区(知多、大府、半田市)が入り、西愛知には、名古屋地区、尾張地区(一宮、犬山、小牧市など)が入ります。

東愛知は出場3回の大府(大府市)や、今夏の愛知大会8強の豊田工(豊田市)、昨夏4強の西尾東(西尾市)等が入っています。

一方、西愛知には名古屋市に学校のある東邦、中京大中京、享栄、愛工大名電の私学4強が並んでいます。

 

今年の西愛知県代表はどこになるのでしょうか?

過去5年の愛知代表校がこちら

2013年 愛工大名電(1回戦敗退)
2014年 東邦   (2回戦敗退)
2015年 中京大中京(3回戦敗退)
2016年 東邦   (3回戦敗退)
2017年 中京大中京(2回戦敗退)

 

過去5年の愛知代表校はすべて西愛知。
強豪校が多いですね。

 

気になる2018年の西愛知代表

ここからは夏の西愛知県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。
 


スポンサーリンク


 
 

夏の西愛知県大会 日程

 

【抽選会】
2018年6月16日(土)に組み合わせが決まりました。

【高校野球】2018 夏の西愛知県大会(予選)組み合わせ

 
【開幕】 2018年6月30日(土)
 
【決勝】 2018年7月27日(金)
 
 

結果

 
 

6月30日(土)

 

■1回戦

 

天白 9-0 松蔭 
(7回コールド)

桜台 3-2 惟信
 
 

7月1日(日)

 

■1回戦

 
名古屋 12-4 一宮 
(7回コールド)

名市工芸 5-0 佐織工

春日井 8-1 南陽
(7回コールド)

昭和 6-1 千種

明和 6-5 長久手

名市工 8-6 美和

一宮商 6-3 緑丘

旭丘 8-4 稲沢東 

愛工大名電 9-2 豊明

星城 10-0 尾西 
(5回コールド)

向陽 12-2 冨田

一宮興道 7-4 春日井西
 
 

7月7日(土)

 

■1回戦

 
一宮南 9-1 愛知総合工科

一宮北 13-6 津島東
(7回コールド)

東郷 3-1 東海

大同大大同 8-6 名古屋国際

春日井商 8-1 名大附

滝 10-1 日進

岩倉総合 12-9 南山

名経大市邨 3-2 同朋 
 
 
※ノーゲーム
江南 VS 名城大附
 
 
※中止
犬山南 VS 小牧工
中京大中京 VS 愛知商
菊華 VS 海翔
 
 

7月8日(日)

 

■1回戦

 
名城大附 4-0 江南 

犬山南 5-4 小牧工

中京大中京 7-0 愛知商
(7回コールド)

菊華 16-0 海翔
(5回コールド)

高蔵寺 6-4 名東

清林館 9-5 菊里

新川 9-3 稲沢

愛知黎明 9-1 起工 
(7回コールド)

愛産大工 8-1 小牧

中村 5-3 名古屋南 

旭野 6-3 東海学園

 

7月12日(木)

 
■1回戦
 
鳴海 8-6 名経大高蔵 

大成 13-0 山田
(5回コールド)

津島 19-5 津島北
(6回コールド)

瑞陵 9-2 一宮工
(7回コールド)
 
 

7月14日(土)

 

■2回戦

 
誉 3-1 犬山

瀬戸北総合 4-3 瀬戸窯

志学館 12-1 守山
(5回コールド)

丹羽 10-3 春日井工
(7回コールド)

愛知 11-2 名商工
(7回コールド)

栄徳 11-1 中部大第一 
(5回コールド)

西春12-6 名古屋工

享栄 5-1 一宮西

名古屋大谷 3-2 杏和 

日進西 10-9 愛知啓成 

滝 14-4 岩倉総合
(5回コールド)

東邦 9-4 瀬戸

中部大春日丘 11-0 尾北 
(5回コールド)

誠信 5-2 木曽川

愛工大名電 11-10 星城

 
 

7月15日(日)

 

■2回戦

 

天白 8-7 名古屋

桜台 5-3 名市工芸

一宮南 5-3 一宮北

高蔵寺 13-2 津島
(7回コールド)

清林館 4-2 新川

名城大附 4-3 東郷

愛産大工 12-1 愛知黎明
(5回コールド)

中京大中京 6-4 大同大大同

菊華 6-4 小牧南

中村 6-4 瑞陵

春日井商 13-6 犬山南
(7回コールド)

昭和 5-4 春日井

名市工 6-2 明和

名経大市邨 10-0 旭野
(5回コールド)

旭丘 10-1 一宮商
(7回コールド)

大成 3-1 鳴海

一宮興道 3-1 向陽

 

7月16日(月)

 

■3回戦

 
高蔵寺 4-3 一宮南

名城大付 16-1 清林館
(7回コールド)

至学館 12-2 丹羽
(5回コールド)

愛知 6-5 栄徳

名古屋市立 10-1 昭和
(8回コールド)

誉 12-1 瀬戸北総合
(5回コールド)

愛産大工 4-2 西春

大成 11-0 一宮興道
(5回コールド)

東邦 11-8 中部大春日丘

享栄 14-1 名古屋大谷
(5回コールド)

日進西 11-4 滝
(8回コールド)

愛工大名電 9-1 誠信
(7回コールド)

中村 6-2 春日井商

中京大中京 7-0 菊華
(7回コールド)

旭丘 9-7 名経大市邨

天白 6-2 桜台
 

 

7月21日(土)

  

■4回戦

 
至学館 10-0 高蔵寺
(6回コールド)

天白 3-0 誉

中京大中京 4-3 愛産大工

東邦 8-1 旭丘
(7回コールド)

享栄 10-0 中村
(7回コールド)

日進西 7-1 名古屋市工

愛工大名電 16-14 大成
 

 

7月22日(日)

 

■準々決勝
 
至学館 9-7 中京大中京 

東邦 13-1 愛知
(5回コールド)

享栄 10-3 日進西 
(7回コールド)

愛工大名電 5-4 天白

 

 

7月25日(水)

 

■準決勝

 
東邦 10-3 至学館 
(7回コールド)

愛工大名電 5-4 享栄
 
 

7月28日(土)

 

■決勝

 
愛工大名電 9-4 東邦
 

 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の西愛知県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季愛知県大会と今年の春季愛知県大会を振り返りたいと思います。

【秋季愛知県大会の結果】

 

■決勝

東邦(西愛知) 9-1 愛産大三河(東愛知)
(7回コールド)

■3位決定戦

中京大中京(西愛知) 3-2 桜丘(東愛知)

■準決勝

愛産大三河(東愛知) 9-5 中京大中京(西愛知)

東邦(西愛知)5-3桜丘(東愛知)

■準々決勝

中京大中京(西愛知)10-3 愛工大名電(西愛知)
(7回コールド)

東邦(西愛知)10-0 安城(東愛知)
(5回コールド)

桜丘(東愛知)5-0 愛知啓成(西愛知)

愛産大三河(東愛知)3-1大府(東愛知)

 

【秋季東海地区大会の結果】

 

■決勝

静岡 6-5 東邦

■準決勝

静岡 7-4 中京学院大中京

東邦 10-9 三重

■準々決勝

中京学院大中京(岐阜)8-1常葉大橘
(8回コールド)

三重 5-0 大垣西

静岡 1-0 いなべ総合

東邦(愛知) 10-6 常葉大菊川

■1回戦

常葉大橘(静岡)2-1愛産大三河(愛知)

大垣西(岐阜)8-7中京大中京(愛知)

いなべ総合(三重)5-4岐阜各務野

常葉大菊川(静岡)8-4松阪商(三重)

 

【春季愛知県大会の結果】

 

■決勝

誉(西愛知)2-1東邦(西愛知)

■準決勝

誉(西愛知)3-2享栄(西愛知)

東邦(西愛知) 6-2 西春(西愛知)

■準々決勝

誉(西愛知)8-3豊橋中央(東愛知)

東邦(西愛知) 5-3 豊川(東愛知)

享栄(西愛知) 6-1 安城(東愛知)

西春(西愛知) 3-2 愛産大三河(東愛知)

 

【春季東海地区大会の結果】

■決勝

東邦 2-0 いなべ総合

■準決勝

東邦 9-7 静岡

いなべ総合 13-6 東海大静岡翔洋

■1回戦

静岡(静岡1位) 3-0 帝京大可児(岐阜2位)

東邦(愛知2位) 11-4 津田学園(三重1位)
(8回コールド)

東海大静岡翔洋(静岡2位) 6-5 誉(愛知1位)

いなべ総合(三重2位) 3-2 中京院中京(岐阜1位)

 



スポンサーリンク


 
 
振り返ったところで2018年夏の西愛知県大会の優勝候補を予想していきます。

強豪校の多い西愛知ですが、今春のセンバツに出場、春の東海大会で優勝した東邦が優勝校の本命といえます。

東邦は強打者がそろっており、一番 熊田任洋選手(2年)と洞田大翔選手(3年)ら上位打線がチャンスを作り、中軸を担う石川昴弥選手(2年)と梅田昴季選手が走者をかえすパターンが確立されており、機動力もあります。

また、長身右腕 扇谷莉投手(3年)と西有喜投手(3年)ら投手陣も安定。

東邦は春夏連続 甲子園出場なるか注目です。

 

対抗は、昨夏の覇者 中京大中京愛工大名電

中京大中京は、春の県大会では西春との2回戦で初回8失点しコールド負けを喫しているのが気になるところですが上位進出する実力はあります。

投手陣は、不調だったエース 浦野海斗投手(3年)が復調傾向にあります。

また、打線は高校通算30本塁打の主砲 沢井廉選手(3年)や鈴木康太選手(3年)、伊賀功晟選手(2年)ら能力の高い選手がそろっています。

 

愛工大名電は、左腕 室田祥吾投手(3年)と速球140キロ前後の秋山凌祐投手(3年)ら経験豊富な投手が多く、
攻撃陣は柳本優飛選手や俊足の後藤晃成選手(3年)、パンチ力のある堀内祐我選手や、主将の西脇大晴選手ら好打者がそろっています。

 

強豪私学がひしめき激戦が予想される西愛知県大会は、東邦が優勝候補の筆頭に挙げられます。
対抗は実力のある中京大中京と愛工大名電

また、春の県大会でベスト4に浮上した享栄や春の県大会を制したも侮れません。
 

 


スポンサーリンク


 
 

 - Sports