【高校野球】2018夏の甲子園!奈良県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/28

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

今年の奈良県代表はどこになるのでしょうか?

過去5年の代表校がこちら

2013年 桜井   (1回戦敗退)
2014年 智弁学園 (1回戦敗退)
2015年 天理   (1回戦敗退)
2016年 智弁学園 (2回戦敗退)
2017年 天理   (ベスト4)

気になる2018年の奈良県代表

ここからは夏の奈良県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。


スポンサーリンク


 
 

夏の奈良県大会 日程

 

【抽選会】2018年6月30日(土)

【開幕】2018年7月14日(土)

 

 

結果

 

7月14日(土)

 
■1回戦
 
奈良朱雀 6-5 奈良情報商

五條 4-3 添上
 
 

7月15日(日)

 
■1回戦
 
西の京 7-0 香芝
(7回コールド)

平城 2-0 郡山

関西中央 5-3 王寺工

生駒 8-6 大宇陀
 
 

7月16日(月)

 
■1回戦
 
法隆寺国際 12-2 御所実業
(7回コールド)
 
■2回戦
 
天理 8-0 奈良朱雀
(7回コールド)

畝傍 8-1 西大和学園
(8回コールド)

橿原 8-1 奈良高専
(7回コールド)
 
 

7月17日(火)

 
■2回戦
 
五條 15-12 登美ケ丘

智弁学園 8-0 西の京
(8回コールド)

大和広陵 9-2 連合
(8回コールド)
 
※連合は青翔、二階堂、吉野、山辺
 
 

7月18日(水)

 
■2回戦
 
一条 14-0 十津川
(5回コールド)

平城 13-4 高田
(7回コールド)

橿原学院 4-3 関西中央

 
 

7月19日(木)

 
■2回戦
 
磯城野 9-6 高円

奈女大附 12-11 大淀

高取国際 8-7 生駒
 
 

7月21日(土)

 
■2回戦
 
法隆寺国際 6-3 高田商

奈良 2-1 西和清陵

奈良大附 12-1 奈良大付
(6回コールド)

桜井 8-3 帝塚山

 
 

7月22日(日)

 
■3回戦
 
五條 10-5 橿原

天理 10-0 畝傍
(5回コールド)

智弁学園 13-2 大和広陵
(5回コールド)

一条 12-2 平城
(5回コールド)
 
 

7月23日(月)

 
■3回戦
 
橿原学院 11-3 磯城野

高取国際 10-3 奈良女大付 
(7回コールド)

法隆寺国際 7-0 奈良
(7回コールド)

奈良大付 11-1 桜井
(6回コールド)
 
 

7月24日(火)

 
■準々決勝
 
天理 15-4 五條
(6回コールド)

智弁学園 4-1 一条
 
 

7月25日(水)

 
■準々決勝
 
橿原学院 6-1 高取国際

奈良大付 7-4 法隆寺国際 
 
 

7月27日(金)

 
■準決勝
 
天理 8-7 智弁学園

奈良大付 14-2 橿原学院 
(5回コールド)
 
 

7月28日(土)

 

■決勝

 
奈良大付 10-9 天理 
 
 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の奈良県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季奈良県大会と今年の春季奈良県大会を振り返りたいと思います。

【秋季奈良県大会の結果】

■決勝

智弁学園 17-4 高田商

■3位決定戦

法隆寺国際 13-7 天理

■準決勝

智弁学園 10-0 法隆寺国際
(5回コールド)

高田商 6-5 天理

■準々決勝

智弁学園 11-1 奈良高専
(6回コールド)

法隆寺国際 2-0 畝傍

高田商 3-2 奈良大付

天理 10-0 奈良
(6回コールド)

 

【秋季近畿地区大会の結果】

■決勝

智弁和歌山(和歌山1位)0-1大阪桐蔭(大阪1位)

■準決勝

智弁和歌山(和歌山1位)5-4乙訓(京都1位)

近江(滋賀1位)0-5大阪桐蔭(大阪1位)

■準々決勝

智弁和歌山(和歌山1位)11-4法隆寺国際(奈良3位)
(7回コールド)

乙訓(京都1位)9-4智弁学園(奈良1位)

近江(滋賀1位)4-3彦根東(滋賀3位)

大阪桐蔭(大阪1位)10-1近大付(大阪3位)
(7回コールド)

■1回戦

大阪桐蔭(大阪1位)12-0京都翔英(京都2位)
(7回コールド)

近大付(大阪3位)4-1高田商(奈良2位)

智弁学園(奈良1位)6-4西脇工(兵庫2位)

近江(滋賀1位)10-0日高中津(和歌山2位)
(5回コールド)

明石商(兵庫1位)3-4彦根東(滋賀3位)

智弁和歌山(和歌山1位)12-8履正社(大阪2位)

法隆寺国際(奈良3位)9-0比叡山(滋賀2位)
(7回コールド)

乙訓(京都1位)8-1神港学園(兵庫3位)
(7回コールド)

 

【春季奈良県大会の結果】

■決勝

智弁学園 16-1 高田商

■準決勝

智弁学園 10-0 天理
(5回コールド)

高田商 9-4 橿原学院

■準々決勝

高田商 10-0 高田

橿原学院 12-2 奈良北
(8回コールド)

天理 7-1 生駒

智弁学園 9-2 奈良

 

【春季近畿地区大会の結果】

 

■決勝

大阪桐蔭 3-1 智弁和歌山

■準決勝

大阪桐蔭 6-3 智弁学園

智弁和歌山 9-7 滝川第二

■1回戦

滝川第二(兵庫2位) 3-1 乙訓(京都1位)

智弁和歌山(和歌山1位)9-0比叡山(滋賀1位)

大阪桐蔭(大阪1位) 7-6 明石商(兵庫1位)

智弁学園(奈良1位) 7-0 市立尼崎(兵庫3位)
(7回コールド)



スポンサーリンク


 
 
振り返ったところで、ここからは夏の奈良県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

秋季、春季奈良県大会の結果から見ると智弁学園が圧倒的に強いです。

秋季、春季ともに決勝で高田商と対戦した智弁学園ですが、圧勝しています。

智弁学園は奈良県を制すというよりは、すでに全国を視野に入れているのではないでしょうか。

 

奈良では圧倒的な強さを見せる智弁学園ですが、ハイレベルな近畿地区大会ではあと一歩のところで敗れています。

ただ、秋季近畿地区大会では、準々決勝で敗れたものの、選抜へ出場しました。
選抜では3回戦で創成館(長崎)に1-2で敗れましたが接戦を演じ、春季近畿地区大会ではベスト4入りし、徐々にチーム力は上がっているのではないでしょうか。

 

一昨年の選抜で優勝を果たした智弁学園。その時の1年生が今年3年生になっています。
優勝を果たしたときは、主将の岡澤智基選手が抜群のリーダーシップでチームをまとめました。
その姿を見ている現在の主将の小口仁太郎選手。チームをまとめて目指すは全国制覇という思いで頑張っているのではないでしょうか。

ということで夏の奈良県の優勝候補は智弁学園が本命になります。
対抗としては高田商、天理が挙げられそうです。

 

はたして夏の奈良県大会はどんなドラマが待っているのでしょうか。
 

 


スポンサーリンク

 

 - Sports