【高校野球】2018夏の甲子園!長野県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/22

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

今年の長野県代表はどこになるのでしょうか?

 

過去5年の代表校がこちら

2013年 上田西 (1回戦敗退)
2014年 佐久長聖(2回戦敗退)
2015年 上田西 (2回戦敗退)
2016年 佐久長聖(1回戦敗退)
2017年 松商学園(2回戦敗退)

気になる2018年の長野県代表

ここからは夏の長野県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。

 

 

夏の県大会 日程

 

【抽選日】
2018年6月23日(土)

【高校野球】2018 夏の長野県大会(予選)組み合わせ

 

【開幕】 2018年7月7日(土)

 

 

結果

 

7月8日(日)

 

■1回戦
 
長野吉田 10-0 木曽青峰 
(7回コールド)
 
 

7月9日(月)

 

■1回戦
 
松本工 10-0 長野南 
(5回コールド)

中野立志舘 7-0 箕輪進修
(7回コールド)

上田 7-0 北部・坂城 
(7回コールド)

松代 5-4 地球環境

南安曇農 4-1 野沢南 

上田染谷丘 6-5 篠ノ井

岩村田 3-1 飯田

長野商 10-1 下諏訪向陽 
(8回コールド)

松川 7-6 須坂東

屋代 11-3 穂高商 
(8回コールド)
 
※ノーゲーム
飯田OIDE長姫 VS 豊科
 

7月10日(火)

 

■1回戦
 
飯田OIDE長姫 5-3 豊科

小諸 3-1 飯田風越 

日本ウェルネス 6-3 上伊那農 

岡谷南 12-2 佐久平総合技術
(5回コールド)

田川 11-1 芽野 
(6回コールド)

松本蟻ヶ崎 8-4 上田東 

高遠 6-3 中野西 

長野日本大学 10-0 下伊那農 
(6回コールド)

辰野 9-0 蘇南
(7回コールド)

塩尻志学館 11-7 岡谷東 

 
 
 

7月11日(水)

 

■2回戦
 
佐久長聖 15-0 松本工
(5回コールド)

小諸 4-1 長野東

東海大付諏訪 5-1 松代

上田 11-9 諏訪二葉

赤穂 3-2 南安曇農

松商学園 8-1 上田染谷丘

中野立志舘 3-1 松本深志

松本国際 6-1 岩村田

飯田OIDE 7-0 更級農
(7回コールド)

松本第一 2-1 松川

伊那弥生ヶ丘 12-0 屋代
(5回コールド)

上田西 8-2 長野商

 
 
 

7月12日(木)

 

■2回戦
 
富士見 3-0 長野高専

日本ウェルネス 9-5 長野

東京都市大塩尻 2-1 長野工

駒ヶ根工 7-4 池田工

上田千曲 1-0 田川

飯山 10-0 阿南 
(6回コールド)

伊那北 2-1 軽井沢

小海 1-0 長野俊英

野沢北 11-0 松本美須々ヶ丘
(5回コールド)

小諸商 6-0 辰野

長野西 13-2 塩尻志学館
(5回コールド)

蓼科 5-4 梓川

 
 

7月13日(金)

 

■2回戦
 
大町岳陽 14-1 諏訪実業 
(5回コールド)

岡谷工 3-1 長野吉田

岡谷南 11-0 須坂創成
(5回コールド)

松本蟻ヶ崎 8-3 諏訪清陵

松本県ヶ丘 5-2 須坂 

中野西 7-0 明科
(8回コールド)

長野日本大学 3-1 丸子修学館

阿智 5-2 下高井農林

 
 

7月14日(土)

 

■3回戦
 
松本第一 9-2 小海
(7回コールド)

東海大諏訪 6-2 東京都市大塩尻

中野立志館 10-1 伊那北
(8回コールド)

松商学園 3-1 飯山

佐久長聖 10-0 富士見
(5回コールド)

上田西 12-1 蓼科
(6回コールド)

上田 8-1 駒ヶ根工
(7回コールド)

伊那弥生ヶ丘 7-0 野沢北
 
 

7月15日(日)

 

■3回戦
 
中野西 9-7 飯田OIDE長姫

ウェルネス筑北 7-0 岡谷工
(8回コールド)

松本国際 5-2 松本県ヶ丘

上田千曲 2-0 松本蟻ヶ崎

小諸 7-0 大町岳陽
(8回コールド)

長野西 10-3 阿智
(7回コールド)

岡谷南 7-6 赤穂

小諸商 7-0 長野日大
(7回コールド)
 
 

7月16日(月)

 

■4回戦
 
松本第一 7-2 中野西

ウェルネス筑北 10-0 東海大諏訪
(5回コールド)

松本国際 9-0 中野立志館
(7回コールド)

松商学園 8-0 上田千曲
(7回コールド)

佐久長聖 7-0 小諸
(8回コールド)

上田西 4-2 長野西

岡谷南 4-3 上田

小諸商 5-1 伊那弥生ヶ丘

 
 

7月18日(水)

 

■準々決勝
 
佐久長聖 10-3 ウェルネス筑北
(8回コールド)

上田西 7-3 小諸商

 
 

7月19日(木)

 

■準々決勝
 
岡谷南 6-3 松商学園

松本国際 4-1松本第一
 
 

7月21日(土)

 

■準決勝
 
佐久長聖 6-3 岡谷南

上田西 4-3 松本国際
 
 

7月22日(日)

 

■決勝

 
佐久長聖 4-3 上田西

 

 



スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の長野県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

まずは昨秋行われた秋季長野県大会と今年の春季長野県大会を振り返りたいと思います。

 

【秋季長野県大会の結果】

 
■決勝

日本ウエルネス 3-1 佐久長聖

■3位決定戦

松商学園 7-2 長野日大

■準決勝

日本ウエルネス 8-3 松商学園

佐久長聖 10-0 長野日大
(7回コールド)

■準々決勝

日本ウエルネス 5-4 上田西

松商学園 8-0 松本深志

佐久長聖 19-2 創造学園

(5回コールド)

長野日大 9-4 岡谷南

 

 

【秋季北信越大会の結果】

 
■決勝

日本航空石川(石川2位)10-0星稜(石川1位)

■準決勝

富山商(富山1位)2-7日本航空石川(石川2位)

星稜(石川1位)7-0富山国際大付(富山2位)
(7回コールド)

■準々決勝

富山商(富山1位)6-1坂井(福井2位)

北越(新潟3位)5-7星稜(石川1位)
(延長12回)

日本航空石川(石川2位)7-1日本文理(新潟1位)

松商学園(長野3位)0-2富山国際大付(富山2位)

■1回戦

北越(新潟3位)5-0日本ウエルネス(長野1位)

金沢学院(石川3位)3-6富山商(富山1位)

松商学園(長野3位) 11-1 金津(福井1位)
(7回コールド)

北陸(福井4位)0-1星稜(石川1位)

坂井(福井2位)2-1佐久長聖(長野2位)

富山国際大付(富山2位)4-3中越(新潟2位)

日本文理(新潟1位)6-4工大福井(福井3位)

高岡商(富山3位)0-4日本航空石川(石川2位)

 

 

【春季長野県大会の結果】

 
■決勝

佐久長聖 15-6 上田西

■3位決定戦

松本深志 8-3 松商学園

■準決勝

上田西 8-1 松本深志
(8回コールド)

佐久長聖 12-4 松商学園
(7回コールド)

■準々決勝

上田西 8-3 松本第一

松商学園 11-7 東海大諏訪

松本深志 5-1 伊那弥生

佐久長聖 11-1 諏訪二葉
(7回コールド)

 

 

【春季北信越地区大会の結果】

 

■決勝星稜 9-5 佐久長聖

■準決勝

星稜 10-5 高岡商業

佐久長聖 7-6 日本文理

■2回戦

星稜(石川1位) 7-0 関根学園
(7回コールド)

高岡商業(富山1位) 14-6 金沢
(7回コールド)

佐久長聖(長野1位) 3-2 航空石川

日本文理 3-2 坂井(福井1位)
■1回戦

航空石川(石川2位) 5-2 富山商業(富山2位)

関根学園(新潟2位) 5-2 福井商業(福井2位)

金沢(石川3位) 1-0 上田西(長野2位)

日本文理(新潟1位) 7-1金沢学院(石川3位)

 



スポンサーリンク

ここからは夏の長野県大会の優勝候補を予想していきます。

長野は、春の長野県大会を制し北信越大会で準優勝の佐久長聖と、春の県大会準優勝の上田西の2強が優勝候補。

 

佐久長聖の投手陣は、130キロ台後半のストレートに力があるエース林虹太投手(3年)が軸。
春の北信越大会ではセンバツ8強の日本航空石川を相手に3-2で完投勝ちしました。

ただ、2番手投手の力不足が気になるところ。
課題は投手の底上げです。

 

打線は、主将の真鍋龍平選手(3年)や主砲の上神雄三選手(3年)が中心です。
春の県大会では4試合で47得点と得点力は県内随一。

 

 

上田西は下級生が中心のチーム。

投手陣は塚田純平投手(3年)が伸び悩み不安があったものの、秋に内野手から転向した横尾虎之介投手(3年)が投手陣の柱に急成長。
塚田投手は130キロ前後のツーシームとスライダーを低めに集めて打たせて取るピッチングが持ち味で春の北信越大会では初戦で金沢(石川)に敗れたものの延長11回を投げ1失点と見事なピッチングを見せました。

攻撃は、俊足の斎藤慶喜選手(2年)、荒井朋範選手(3年)の1、2番コンビを中心に機動力を使って得点。
また、1年から中軸を担う塚田選手は左の強打者で長打力が期待できます。

 

長野は佐久長聖上田西の2強が優勝候補ですが、昨夏の覇者 松商学園や、ともに最速140キロを超えるスピードを誇る本格派右腕の双子 小林綾投手、小林絃投手(3年)を擁する松本深志もあなどれませn。

 



スポンサーリンク

 

 - Sports