【高校野球】2018夏の甲子園!宮城県大会(予選)の優勝候補を予想! 日程・結果も気になる!

      2018/07/28

 

2018年の夏の甲子園大会は第100回ということで記念大会になります。

北海道と東京都からは毎年2校代表校が選ばれますが、今回は記念大会ということで新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県からも2校代表校が選ばれ、過去最多の56校が出場。

 

今年の宮城県代表はどこになるのでしょうか?

 

過去5年の代表校がこちら

2013年 仙台育英(2回戦敗退)
2014年 利府  (2回戦敗退)
2015年 仙台育英(準優勝)
2016年 東北  (1回戦敗退)
2017年 仙台育英(ベスト8)

 

気になる2018年の山形県代表

ここからは夏の宮城県大会の日程・結果・優勝候補についてまとめてみました。



スポンサーリンク

夏の宮城県大会 日程

 

【抽選会】
2018年6月25日(月)に組み合わせが決まりました。

【高校野球】2018 夏の宮城県大会(予選)組み合わせ

 

【開幕】 2018年7月14日(土)

 


スポンサーリンク


 

結果

 

7月14日(土)

 

■1回戦
 
仙台 6-5 黒川 
 
 

7月15日(日)

 

■1回戦
 
仙台第三 14-4 気仙沼
(6回コールド)

仙台第一 3-2 聖和学園 
 
 

■2回戦
 
東北 3-2 大崎中央

塩釜 4-0 石巻西

古川工 10-3 宮城広瀬
(7回コールド)

仙台城南 2-1 富谷

中新田 9-5 連合

古川学園 5-0 仙台西 

石巻工 9-2 石巻好文館
(8回コールド)

※連合は鹿島台商、一迫商、岩出山

 

7月16日(月)

 

■2回戦
 
東北学院榴ケ岡 6-4 宮城県農

東北生文大高 1-0 東陵

柴田 3-0 佐沼

志津川 10-9 岩ヶ崎

石巻 7-5 名取北 

利府 8-3 仙台東

東北学院 7-0 亘理

角田 10-0 登米総合産業 
(6回コールド)

小牛田農林 6-1 仙台第二 

 

 

7月17日(火)

 

■2回戦
 
泉 10-3 迫桜 
(8回コールド)

本吉響 6-4 多賀城

古川 5-2 築館 

仙台向山 6-5 古川黎明

仙台南 13-1 涌谷
(5回コールド)

登米 6-5 名取

 

 

7月18日(水)

 

■2回戦
 
泉松陵 4-3 仙台

仙台商 3-0 大河原商

仙台工 13-3 宮城水産・石巻北
(5回コールド)

白石工 8-1 柴田農林 
(8回コールド)

白石 2-1 仙台高専名取 

泉館山 9-2 村田 
(7回コールド)
 

 

7月19日(木)

 

■2回戦
 
仙台第一 9-0 宮城県工
(8回コールド)

仙台育英 8-1 気仙沼向洋
(7回コールド)

石巻商 7-0 伊具・加美農
(7回コールド)

仙台第三 7-5 松島 
 

 

7月20日(金)

 

■3回戦
 
東北 8-1 東北学院榴ケ岡
(7回コールド)

古川学園 10-0 中新田
(5回コールド)
 
 

7月21日(土)

 

■3回戦
 
柴田 7-2 本吉響

古川工 7-0 塩釜
(7回コールド)

仙台城南 3-1 石巻工

東北学院 6-3 利府

石巻 5-2 志津川

角田 4-3 仙台南

 
 

7月22日(日)

 

■3回戦
 
東北生文大 3-0 泉

登米 3-0 小牛田農林 

仙台商 5-3 泉松陵

仙台育英 8-3 仙台一 

白石工 4-3 仙台工 

仙台三 11-1 石巻商
(5回コールド)

泉館山 6-4 白石

古川 26-1 仙台向山
(5回コールド)

 
 

7月24日(火)

 

■4回戦
 
石巻 4-3 泉館山 

仙台育英 5-2 角田

東北学院 6-5 古川

東北生文大 3-0 仙台商

古川工 2-0 東北

古川学園 8-6 仙台城南 

柴田 3-1 白石工

仙台三 2-1 登米 
 
 

7月25日(水)

 

■準々決勝
 
柴田 5-1 石巻

仙台育英 3-0 東北学院 

古川工 16-0 東北生文大
(5回コールド)

仙台三 8-1 古川学園
(7回コールド)
 
 

7月27日(金)

 

■準決勝
 
古川工 3-1 柴田

仙台育英 5-2 仙台三
 

 

7月28日(土)

 

■決勝

 
仙台育英 7-0 古川工
 
 

 


スポンサーリンク


 
 

優勝候補は!?

 

ここからは、2018年夏の宮城県大会の優勝候補に迫りたいと思います。

 

 

まずは昨秋行われた秋季宮城県大会と今年の春季宮城県大会を振り返りたいと思います。

【秋季宮城県大会の結果】

 

■決勝

仙台育英 8-1 利府

■3位決定戦

仙台南 8-1 角田
(7回コールド)

■準決勝

利府 7-0 仙台南
(7回コールド)

仙台育英 8-0 角田

■準々決勝

利府 8-7 柴田

仙台南 9-1 石巻
(8回コールド)

角田 5-1 名取北

仙台育英 12-0 岩ヶ崎
(5回コールド)

 

【秋季東北地区大会の結果】

 

■決勝

聖光学院 6-4 花巻東

■準決勝

聖光学院 16-2 能代松陽

花巻東 6-4日大山形

■準々決勝

能代松陽7-0黒沢尻工
(8回コールド)

花巻東4-2由利工

日大山形 7-0 酒田南
(7回コールド)

聖光学院15-0 利府
(5回コールド)

■2回戦

由利工(秋田)5-4弘前東(青森)

能代松陽(秋田)2-1八学光星(青森)

花巻東(岩手) 5-2 角館(秋田)

黒沢尻工(岩手)4-2東海大山形

日大山形 1-0 仙台育英(宮城)

酒田南(山形)8-6光南(福島)

利府(宮城)7-6青森山田

聖光学院(福島)7-0仙台南(宮城)
(7回コールド)

■1回戦

八学光星(青森) 9-2 一関学院(岩手)

日大山形 7-2 学法石川

 

【春季宮城県大会の結果】

 

■決勝

東北 15-2 古川学園

■3位決定戦

利府 11-5 石巻

■準決勝

東北 6-1 利府

古川学園 11-3 石巻
(8回コールド)

■準々決勝

東北 5-3 柴田

利府 5-3 東陵

石巻 7-1 角田

古川学園 9-4 仙台二

 

【春季東北地区大会の結果】

■決勝

聖光学院 2-1 東北

■準決勝

聖光学院 11-4 弘前東
(8回コールド)

東北 9-6 八学光星

■準々決勝

聖光学院 4-1 羽黒

八学光星 16-1 福島商
(5回コールド)

弘前東 14-4 山形城北
(5回コールド)

東北 3-0 金足農

■2回戦

聖光学院(福島1位) 6-4 弘前工

羽黒(山形1位) 2-1 由利工(秋田2位)

八学光星(青森1位) 7-4 盛岡中央(岩手3位)

福島商(福島2位) 8-4 山形中央(山形2位)

金足農(秋田1位) 4-1 専大北上(岩手2位)

東北(宮城1位) 8-6 明桜

弘前東(青森2位) 8-1 古川学園(宮城2位)
(7回コールド)

山形城北(山形3位) 5-3 花巻東(岩手1位)

■1回戦

弘前工(青森3位) 6-5 利府(宮城3位)

明桜(秋田3位) 8-1 磐城(福島3位)
(7回コールド)

 



スポンサーリンク

ここからは、夏の宮城県大会の優勝候補を予想していきます。

宮城は、春の県大会を制した東北が優勝候補の本命で、対抗は昨夏の覇者 仙台育英

 

東北は、旧チームからエースを務める長身サウスポー 葛岡仁投手(3年)、技巧派の古川原将真投手(3年)、
球速140キロ超えにまで成長した右腕 中山翔太投手(3年)と、投手陣は厚みがあります。

野手の中心は、県大会決勝で2年連続本塁打を放った杉沢龍選手(3年)と、県大会5試合で20打数9安打7打点とチームを引っ張った四番 奥田惇人選手(3年)。
杉沢選手は入学直後からトップバッターとして起用され脚力も備えた東北地区屈指の野手。

奥田選手は、昨秋の県大会で1回戦で敗れた悔しさから毎日1時間以上バットを振り込み、春から四番を任されました。
しかし、3月末の遠征でフェンスに激突した際に左手を負傷。
それ以降結果が出ずに苦しんでいましたが、春の県大会からは徐々に調子が戻り勝負強さを発揮しました。

東北は個々の能力が高いだけに優勝候補の一角となりそうです。

 

昨夏の覇者 仙台育英も優勝候補の一角といいたいところですが、昨秋の東北大会終了後に部内の不祥事が発覚したことで佐々木順一朗監督が辞任。
今年6月まで対外試合禁止となったことで実戦経験が少ないまま本番を迎えなければならないのが気になるところです。

新監督には仙台育英秀光中を強豪に引き上げた須江航監督を迎えた仙台育英。
秋の県大会で優勝している実力は侮れません。

宮城は東北と仙台育英が優勝候補ですが、複数の投手の継投と打線に爆発力がある利府も注目のチームです。

 

 

 



スポンサーリンク

 - Sports